かめのにわ

クサガメぴぃたんの日常をゆるい感じで綴るブログ
☆Twitterはこちら→@PtanFree

■2017年かめのにわお散歩会■(固定記事ですので新しい記事はこの下になります)

2017-05-05 00:00:00 | お散歩会
今年も亀さんのお散歩会を開催いたします!たくさんの亀さんのご参加をお待ちしています。
事前にある程度の参加人数を把握したいので、参加ご希望の方は free-happy-stories@i.softbank.jp までお名前(HNで結構です)・亀さんおよび人間の数をご連絡いただけると助かります。

日時:2017年5月5日(金)10時集合(12時頃自由解散)
  雨天延期(延期の場合は前日21時までにサイトおよび各メールでお知らせします)
場所:六甲アイランド公園 西の端・水道付近



★車の方(一般道から)
島に入って二個目の信号(T字路)を右折→突き当りを右折すると、すぐ右手に駐車場の入り口があります→そこに駐車→B区画もしくはC区画に駐車し、西2出口を出ると公園に出ます。

★車の方(阪神高速から)
島に入ってはじめの信号を右折→2個目の信号を左折→次の信号を右折→突き当りを右折すると、すぐ右手に駐車場の入り口があります→そこに駐車→B区画もしくはC区画に駐車し、西2出口を出ると公園に出ます。

★電車の方
住吉(JR)もしくは魚崎(阪神)から六甲ライナーに乗り、『アイランド北口』駅で下車、改札を出て右折→歩でウォーキングコースを3分ほど移動(下の道路には降りません)→公園に到着



【注意事項】
ゴミは各自お持ち帰りください。
近くにコンビニ等がありません。飲食物は各自ご持参ください。
現地に水道があります。水亀さん用の水休憩場所(1匹ずつ入る小さなプラケースになりますが)・リクガメさん用の飲み水入れはご用意いたします。
たくさんの亀さんにお集まりいただく関係上、亀以外の動物はご遠慮ください(爬虫類に関しては応相談)



※自分が6日が仕事なんで気にしてなかったけど、世間は5連休なんですね。連休ど真ん中に設定しちゃってすみません(笑)

.
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「夜廻り猫・夢袋」に当選しました。

2017-03-18 20:15:03 | 記念日
漫画家・深谷かおる先生がツイッターで連載している「夜廻り猫」という8コマ漫画があります。
大好きでずっと見ている作品なのですが、書籍化もされ、間もなく第2巻が出ます。





そんな夜廻り猫で、この正月に伊勢丹さんとのコラボで「夢袋」という福袋が発売されました。
抽選で夜廻り猫に登場する権利を貰えるというもの(当選した人だけ夢袋代を払うシステムです)


基本は猫たちの物語ですが(たまに犬も出ます)今回は動物であれば何でもOKとのことなので、参加大好きMAKIさんはいそいそと応募しました。
どうせ当選するとも思えませんでしたし「心温まるほっこり物語」には使いにくい応募文章をわざと書きました。


ところが2月某日、伊勢丹さんからまさかの当選連絡が!!
どなたかと間違えたのかと思いました。


そして本日、ぴぃたんの応募エピソードを題材にした夜廻り猫がツイッターに掲載されたのです。





漫画作品は著作権のこともありましょうからここには載せません。
検索してくださればツイッターをやってない方でも見れると思います。
(検索のときは「ぴいたん」と「い」を大文字にしてください。先生がそのように書かれていますので)


選考のときには応募者の名前も性別も見せず、エピソード文のみで選考されたそうなので、当選漫画では私は男性として描かれていますがご愛嬌で(笑)←先生にリプ送ったら「女性だったんですか!すみません!」と謝られてしまいました(笑)


送ったエピソードは、昔からブログを見てくださっている方ならもしかしたら覚えているかもしれない、3年ほど前のこのエピソードです。(下のリンクからどうぞ)

「ぴぃたんの秋休み2~ふしぎな出来事」

漫画では「最近毎日」布団に来るように描かれていますが、そうではなくて、環境が変わった状況で身の寄せ場所に困った状態で一度だけあったエピソードでした。
いまでもちょっと不思議だなと思っている思い出です。

このエピソードを元にして漫画を描いていただき、夜廻り猫・遠藤平蔵さんと共演させていただきました。
くもうまさんの「うちの子ポストカード」に続き、大好きな方に描いていただけて一生の思い出になりました。


くもさんのときも思ったのですが、今回も基本「亀がペットとして飼われている」ということが実感としてお持ちではないのだなという印象を受けました。
犬や猫とは明らかに描き方が違うというか、「ペットとしての亀」の描き方が難しいのだなと思いました。
だからこそぴぃたんが出ていくことに意味がある。
犬猫界にあえて飛び込んでいくことに意味がある。そう思いました。


ぴぃたんのエピソードが出たときに「うちにも亀がいました」「昔おばあちゃんが飼ってました」というリプがたくさんきてるのを見ました。
「亀さんも可愛いですね」そういうお声もありました。
そういう反応をみるたびに、かいぬしとぴぃたんはガッツポーズです。


夜廻り猫、2冊目は3月23日発売です(1冊目の新装版も同時発売です)
亀さんは登場しませんが、ここにきておられる生き物好きのみなさんにはぜひともおすすめしたい1冊です。
ちなみに私の推しは、猫の宙さん・犬のらぴさん・猫の「おねぇちゃま」です。
それぞれどんなキャラかは読んでのお楽しみ☆







今日のぴぃたんはたっぷり部屋んぽ。







少しだけお外にも出ました。








ザビエルの兆しも見えますね。春だね。






.

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

頭隠して尻隠さず

2017-03-12 19:34:20 | ぴぃたんの日常






お尻が見えますね。




頭隠して・・・・・












あ、頭も隠れてなかった(笑)






「隠れてんねん」





隠れてるつもりでしたか(笑)









大きくなっちゃって隠れられる場所がなくなってきたねぇ(笑)











陸場をめくると






「隠れてたんやけど・・・・・」





(笑)






.





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お外だー!!!

2017-03-05 14:10:02 | ぴぃたんの日常




日中の暖かさ(いやむしろ日によっては暑い)に誘われて、ぴぃたんをお外に連れ出してみました。







まぁベランダですけど。
ボロボロボコボコの甲羅に少しでも紫外線の恩恵を受けねば!!






見てこのボロボロっぷり。
アカミミちゃんみたく綺麗に剥がれたらいいのにね。





「甲羅はボロボロでもぴぃたんは可愛いで」



ハイ自分で言わない(笑)





「ニヤリ」






あったかくなると活動的になりまして、ごはんもいつの間にか5~6日に一度のお休みになり(あれぇ?)昨夜は深夜にごそごそ水から出て徘徊したりして、あぁ春の訪れだなぁと感じる次第です。









おもむろにお外の居場所をサークルから前に使っていたトロ舟に変えてみた。
サークルだと力任せに持ち上げて脱走するので、今年はトロ舟で外に出そう。
いやこれだって充分脱走可能な高さなので結局は目を離せないんですけど。





「・・・・お水ないで」





「おみずーーー」






「・・・・お?」







「これ出れんじゃね?」




やめなさいね(笑顔




本当に大きくなって力もついて、ますます目が離せません。





「ぴぃたん日光浴とかいいので。お水の中がいいので」





だーめーでーすーーー!!!!
今年もたっぷり日光浴して少しでも綺麗な甲羅を目指そう。





「ちぇー」






のんびり日光浴してくれるお友達亀さんをうらやましく見つめながら今年も強制日光浴の日々になりそうです。



(安心できる環境を整えてないからじゃないの?とかいうツッコミは分かってるのでやめてください。こう見えて打たれ弱いかいぬし凹みます)






.




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

飽食の時代

2017-02-26 18:25:31 | ぴぃたんの日常


「ウィンク☆」



・・・・・・・・・記事内容と全く無関係な出オチ。




最近同年代の亀さんたちが、「食事は3日に1回」とか「1日置き」とか言ってるのを見てかいぬし思いました。









キミ別に毎日食べなくてもよくね?





言うても今年6歳になります。
どうひっくり返してもコドモでも子亀でもありません。




というわけでためしに「朝、私が近づいたときにトロ舟のふちに来なければごはんをあげない」作戦を実行してみました。





「ご飯どうするー?」と声はかけますが、割と普通にお尻を向けたまま陸場下で微動だにしないときもあります。




まだ始めたばっかですが、「3日に1回お休み」ペースです。


・・・・・・・・・・・・・まぁ・・・・・・・まだまだ食べ過ぎかもしれませんけど・・・・・・・・・






「ぴぃたん食べるんが仕事やしな」





・・・・・・・・・・・・・いや・・・・・・・・・そういうわけでは・・・・・・・・・・





「な!!」





・・・・・・・・・あ、ハイ・・・・・・・・・・・
















.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加