ぽれぽれ百綴り

犬好きおばさんのんびり雑記。

雨の八幡平-前編-

2016-07-23 08:10:47 | 神戸/ラン&クライム
シロクマ相方の郷里、岩手県宮古市へ帰省する前に、
岩手県と秋田県の境にある八幡平(はちまんたい、標高1,614m)に登ってきました。

とは言っても、頂上近くまでバスで行けるところを、
茶臼口という登山道のスタート地点で降りたわけですが、
そこの標高が1,350mくらい。
標高差もたいしてなく、登山というよりはハイキングって感じですかね。

登山道はきれいに整備されていて、危険な箇所はまったくナシ。
運動オンチで運動不足、根性ナシと三拍子そろった私でも安心、安心

12時半過ぎにスタート、
その時はなんとかもっていたお天気が崩れてきました。

雨が降り出す前に…と急ぎめだったので前半写真はあまりないのん。

最初こそ登山っぽいのぼり坂だったけど、
八幡平というだけあって途中からはほとんど平坦、本日は楽勝ですね。



高山植物の紹介など…


(モミジカラマツ)
樹木みたいな名前ですね。



(クルマユリ)



(ハクサンチドリ)



(コウリンタンポポ?)
帰化植物ですかね。
ボランティアのパトロールの方々に見つかったら抜かれちゃう。
かわいそうだけど、ここにいちゃダメなのよ、あなた。



(シロバナノヘビイチゴ)



(ハクサンシャクナゲ)

このシャクナゲは見事だったー。

白や薄いピンクの花々が登山道両側にたくさん咲いていて、
とってもいい気分で歩けました。

雨はイヤだなーって思ってたけど、
草木や花がいっそう鮮やかでいいもんですね。

ま、今回は余裕があるから言えることなんですけど。


(オオタカネバラ)



(ギンリョウソウ)
平地でも咲いてますが…。



(アカモノ)
別名イワハゼですって。


そして…

(ニッコウキスゲ)


ニッコウキスゲの大群生!!

これが湿原のあちこちにあるんですよ。

圧巻です。

お天気が良かったら空の青とのコントラストで、
さらにすばらしい光景だったんでしょうね。

この山は登山道だけじゃなく、
途中ふたつあった無人の山小屋も新しく、きちんと管理が行き届いててキレイです。



山小屋で出会った青森からの登山者さんに
完熟メロンと自家菜園のきゅうりの一本漬けをごちそうになりました。



今回は楽チンだとわかっていたので、
手持ちの行動食はキャラメルちょっぴりだけという私たち。
ぜいたくなミネラル補給はありがたかったです。

次回に続きます。

ご覧いただきありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加