経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

計量ファイナンス関連

2017-06-13 00:24:58 | 雑感
計量ファイナンス関連の授業だけど,やはり拡充,そんなことって大切でしょうよ.具体的には,数学,統計学.計算のプログラミング,それと金融経済学,財務分析の積み重ねが大切で,かつ計量ファイナンスの種々の扱いを丹念に教えて,という具合で.

要は,CFAなどを想定して,こういった類の職に就かれる方々を養成する,そんなこと.だけど,経済学と経営学の種々に関する知識も必要で,かつ高度な数理関連の専門能力も.もちろん,実践に関する種々の技法も身に付ける必要があって・・・.

海外のビジネス・スクールだけど,ココイラの大学院教育って既に行われていて,金融関連の層の厚さを担っている,そんな捉え方もできるかと.で,我が国は・・・.

頑張りましょう.





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手にしないという術の大切さ | トップ | 基幹の体系を維持することの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。