mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

ヤマト運輸荷扱い量を減らすよう労組からの要求

2017年02月23日 | ニュースな話題
 国内宅配便の大手、ヤマト運輸が、荷扱い量の増大で労働環境が悪化していることから、労働組合から宅配便の抑制を求めたことが分かったそうです。
 東京新聞記事から。
記事:ヤマト労組、宅配減らして 荷受け抑制を経営側に要求

 これ、テレビのニュースで知りましたが、荷扱い量が兎に角増えているそうです。
 この増えた理由は、インターネット通販で手軽に注文できるもので、そもそもが輸送荷物の扱い量が増えた上に、不在による再配達、更に再々配達、更には再々々配達で運転者の業務量が増えている、とのこと。

 荷扱い量を減らす、ということは単純に会社収入が減ることとなり、これを補うために運送料金の改定(値上げ)にも繋がることになるかもしれない、ということです。


 このニュースで思うのは、世間様ではそんなに手軽に通販を利用しているのでしょう。
 正直知らないです。
 我が家にも、たまに宅配便がやってきますが、通販ではなく純粋に、荷物を送って来るものです。

 先日、S社の配達人が、イライラの絶頂で、荷物を投げている様子だったニュースがありましたが、その時にも書きましたけど、世間様はそんなに手軽に(気軽に)通販お取り寄せをやっていらっしゃるものなんですね。
 信じられない。いえ、信じられますが、少なくとも私とは精神構造は若干違うと思います。
 世の中、何が何でも便利・便利、というものは私はどうかと思います。

 通販お取り寄せは、消費者(注文者)にとっては家に居ながら発注をかけて、やがてその品物が届く、という実に便利なものですが、その裏で多くの方が汗をかいたり、頑張っているわけです。
 不在で再配達は仕方がないものですが、配達人をアゴで使うように「また来い」などいう簡単・無責任な再配達依頼は止めたいものです。
 少なくとも、配達されたしなものを受け取る時は「お疲れ様」、不在配達で更に再度不在配達を指せてしまった際は一言、手間をかけた詫びの言葉もあっていいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三位なのに銅メダルが貰えな... | トップ | プレミアムフライデーと交通... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネット通販 (ponta)
2017-02-24 12:03:49
 今の若い人はネット通販で買い物することが多いと耳にしますね。 私はモノを見なくて買うのはどうも、と思っていましたが買ってみると結構いいです。  時々利用してます。 私の様な者だけでも増えたのでしょう。
 此のヤマト運輸の件はネット通販が増えたのと、運転手の成り手が少ないらしい。 矢張りホワイトカラーが見栄えが良いからね。 荷物が増えて労働がきつくなる、もっと給料を増やさないとこの問題解決しないかも知れない。
 そう言えば長距離貨物も増えJR貨物が黒字に成ったらしいですね。 鉄道の場合は荷物が多くなっても貨車を連結すればいいから運転手不足には成りません。
 カナダで100両以上連結して走って居ました。 日本では踏切が多くて開かずの踏切に成りますか。
手軽さの陰に (kisomitake)
2017-02-26 02:01:04
コメント、ありがとうございます。

通信販売、略して通販は、以前は限定の品物だけの世界でした。
それが今や普通に書店で売っている書籍や、電気屋さんで売っている家電製品。
手軽にポンポンと操作で、お取り寄せ。
そんなマスコミの話題の陰に、裏で頑張っている方々がおられます。
そこを忘れているような風潮は、どうかと思います。

自動車の運転に携わる人の待遇は、どんなものかと思います。
ヤマト運輸に限らず、路線バス運転士もなり手が少なく、場合によっては運行ダイヤを減らす恐れも出ているほど。
給与待遇もそうですが、労働環境もあるでしょうね。

そんな事情でJR貨物は黒字になりました。
貨物輸送というと、大型トラックをそのまま鉄道貨車に載せて輸送する、「ピギーバッグ」というものがあります。

米大陸では極端に長い貨物列車がありますね。マイルトレインとも呼ばれていて、そんなに長いとブレーキの応答性も良くないので、、編成中に遠隔操作を受ける機関車を連結し、力行、制動を確実に行います。

コメントを投稿

ニュースな話題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。