言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シビリアンコントロール

2009-08-07 | 日記
田母神俊雄 『自らの身は顧みず』 ( p.18 )

 私の論文投稿が、シビリアンコントロール違反だと言うのも違和感がある。シビリアンコントロールの根幹は、問題の解決に軍を使うのか否かの決定権を政治がコントロールするということであり、軍の細部にわたり政治が介入することではない。民主主義国家においては、すでに予算、部隊編制、交戦規定などにより政治が軍をコントロールする体制は整えられている。そして自衛隊ほどシビリアンコントロールが徹底している軍は世界に存在しない。


 田母神さんは、論文投稿はシビリアンコントロールにも違反していない、と主張されています。



 シビリアンコントロールについては、「問題の解決に軍を使うのか否かの決定権を政治がコントロールするということ」 にとどまらず、「予算、部隊編制、交戦規定などにより政治が軍をコントロールする体制」 をも含む、と解すべきだと思います。たしかに、「軍の細部にわたり政治が介入することではない」 とは思いますが、シビリアンコントロールの趣旨に鑑みれば、軍の大枠を政治が決定することには、なんら問題はないと思います ( というか、それがシビリアンコントロールではないかと思います ) 。

 そして、( 歴史問題に関する ) 政府見解の決定は、その大枠にあたると思います。すなわち、田母神さんはシビリアンコントロールにも違反したのではないかと思います。



 なお、田母神さんが自衛官でなければ、シビリアンコントロールは問題になりませんが、その場合も、「政府見解に反する見解を外部に発表してはならない」 と解すべきだと思います。すなわち、たとえば 「外交官が同様の論文を発表することも、許されない」 と思います。その根拠は、「田母神航空幕僚長解任の是非」 に書いています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田母神航空幕僚長解任の是非 | トップ | 南京大虐殺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。