紀州マルイチ農園 里山のほんまの味を「食べてみてよぅ!」

今年も里山の宝もの「栗」の新製品をつくろうと手さぐり中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅一輪一輪ほどの暖かさ

2015年02月09日 | 農場だより

梅の本場、みなべより北に位置する当園ではやっと開花し始めました

実は、選定作業はこれからが本番(本来はもっと早くするのがベスト)で、

殆ど園主一人で頑張ります

 

遅れていた水仙も、ようやく園内あちらこちらで咲き初めました

勿論、落葉果樹の「栗」はすっかり冬の様相ですが、芽吹きの季節も間もなくです

でも、枯葉を取り除くと・・・

蕗の薹が、ひょつこり・・・園内各所で顔を出しています

これからが本番の山菜の走りと言われるフキノトウですが、

独特の香りと、爽やかな苦みが初春の味覚と言われています。

週末の「くらとくり」でも、ランチの一品として使っていますよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加