笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

これぞ、ドキュメンタリー

2011年08月02日 | 2011年 映画 レビュー
27日のこと、映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」を鑑賞しました。

ドキュメンタリー作品

いわいる、ストリートアート グラフィックアートを
テーマにした作品なのですが

これらの現状、紹介にとどまらずに
話は意外な方向に行って・・・

まさに、ドキュメント
これは 面白かったですね

予備知識なく見ても問題なく
むしろ良いかも

前半のストリートアートの実態も興味深く見れました
アートとしても素晴らしくて

後半のまさかの展開は
驚き、呆れ、笑えて・・・

アートとは、アーティストとは・・・
考えさせられるところもありましたね

なかなか、ブラックなメッセージが
込められています

パンフレット:なし
      ポストカードを2枚購入
      1枚 150円

私的評価:4
    これは 誰でも楽しめる作品かと思います
    オススメです

これは パンフが欲しかったですね
バンクシーの作品集はあったのですが・・・

OPの曲もイイです

Richard Hawley - Tonight The Streets Are Ours




それでは、また







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2作目ゆえに | トップ | 「夏休み」という名の »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラック(笑) (rose_chocolat)
2011-09-10 08:32:22
でしたねえ。 ほんとに。
糾弾してるのに実は笑えないというのがうまかったです。
正義なんてないんでしょうね。。
rose_chocolatさんへ (リバー)
2011-09-10 09:49:17
コメント ありがとうございます。

考えると奥深いですね
うまい作りです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」:ニセモノと思い込み (大江戸時夫の東京温度)
映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』は、類例のないドキュメンタリー。ど
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ #53 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ、イギリス 原題:Exit Through the Giftshop 監督:バンクシー ナレーション:リス・エヴァンス 音楽:ジェフ・バーロウ、ロニ・サイズ キャスト:ティエリー・グエッタ aka Mister Brainwash、スペース・インベーダー、シェパード・フェアリー、バンク...
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」:アートの沙汰も金次第 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:バンクシー 米国・イギリス2010年 いや~、こりゃ面白かった\(◎o◎)/! 町に出没しては壁などに描きまくるグラフィティ・アート。文字通り小学生の落書きに毛が生えた程度から芸術の域に達しているものまで様々である。 このドキュメンタリーはその方面では...
『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: EXIT THROUGH THE GIFT SHOP 監督: バンクシー 出演: ティエリー・グエッタ 、スペース・インベーダー 、シェパード・フェイリー 、バンクシー 鑑賞劇場: シネマライズ 第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネート。 公式サイトはこち...