笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

箱舟のその先は・・・

2014年06月21日 | 2014年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。

ノアはある夢を見て それが神のお告げであり世界が大洪水に飲まれ滅びる悟り、家族と共に巨大箱舟を作りを始める
しかし、ノアの父を殺した宿敵カインらは力づくで箱舟を奪おうとする争いの最中に大洪水が始まってしまい・・・

あの有名なノアの箱船物語
さまざまな動物等を乗せて、とてつもない大きな箱舟により洪水を逃れた

その程度の知識しかなかったのですが・・・
ある種宗教と深くないからこそ純粋に映画として楽しめたかな

この辺は日本人と良いところかも知れないけど
深くは知れないところもあったりと

その宗教的な解釈は考えないとして・・・

映画として洪水のシーンやカインとの対決など
迫力あるシーン、アクションもあり楽しめますが

肝はドラマであり、家族ドラマといえるかと
ノアの信念について行けるかという、葛藤の・・・

献身的な妻、反抗的な次男、キーとなる長男と養女
ある出来事によって起こるノアの決断は!

これは驚きだし、しかし論理的には間違ってないというか
だからこその大洪水という啓示なわけで

とはいえ ノアの狂気ぷりはある意味、アロノフスキー監督らしいなぁと
レスラーブラック・スワンなんてまさに

とはいえ、やはり前2作と比べると落ちるけど・・・
監督作でいえば、ファウンテン的な感じといえば良いのかな

話としてファンタジックな要素もあり、トンデモ系という人もいるかもですが
それを弱めるドラマ性とラッセル・クロウの迫力が良かったですね

パンフレット:720円
      作りとしてはわるくないけど レビューがないのが残念
      内容だけに さまざまな解説やコラムがあればなぁと

私的評価:3
    エンタメ サスペンス感など映画としては弱いところがあるなぁと
    とはいえ 箱船物語を知れたのは良かったかな

一筋縄ではいかない作品を撮る、アロノフスキー監督らしいといえば、そうかな
次作は何を撮るのか


それでは、また



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京でのゴースト・ストーリーズ! | トップ | 復讐を重ね、真相をつかむ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノア 約束の舟〜人類は滅亡せねばならぬ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ...
『ノア -約束の舟-』 2014年6月13日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ノア -約束の舟-』 を鑑賞しました。 4度目の正直でやっと日本橋のスクリーン6以外になりました。 今日はスクリーン8でTCX、DOLBYATMOSです。 でも、TCXのスクリーン目一杯じゃないので、ガッカリです。 せめて追加料金取るなら、スクリーンサイズ...
ノア 約束の舟 (だらだら無気力ブログ!)
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。
ノア 約束の舟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 一見、家族思いだが実はちゃぶ台返しの頑固親父。
大洪水〜『ノア 約束の舟』 (真紅のthinkingdays)
 NOAH  旧約聖書 『創世記』 より。堕落した人間たちに怒った神は、大洪水を起こし て人類を滅ぼそうとする。啓示を受けたノア(ラッセル・クロウ)は、自らの家族 と全ての動物たちのつがいを乗せるため、方舟を作り始める。  才人ダーレン・アロ...
ノア 約束の舟 (風に吹かれて)
それぞれの葛藤 公式サイト http://www.noah-movie.jp 監督: ダーレン・アロノフスキー  「ザ・ファイター」 「ブラック・スワン」 ある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で
ノア 約束の舟 (IMAX)/ラッセル・クロウ (カノンな日々)
私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ...
ノア 約束の舟 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー...
ノア 約束の舟 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース その舟に、すべての希望は託された。 旧...
「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な (はらやんの映画徒然草)
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に
『ノア 約束の舟』('14初鑑賞47・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 6月14日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。
ノア 約束の舟 / Noah (勝手に映画評)
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...
「ノア 約束の舟」☆スペクタクルなコスプレ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
日曜礼拝で聖書も正しく勉強している方のレクチャーつきで、いつもの月1川崎IMAXへ。 キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載で・・・・・
『ノア 約束の舟』 (時間の無駄と言わないで)
なんかイマイチだったなぁ。 エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。 ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ...
【 ノア 約束の舟 】逆らわないから選ばれただけ (映画@見取り八段)
ノア 約束の舟〜 NOAH 〜     監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース 公開: 2014年6月13日 2014年6月13...
ノア 約束の舟 (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:138分 監督:ダーレン・アロノフスキー  旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した超大作で、主役のノアにはラッセル・クロウが扮し熱演している。夢の中で神のお告げを聞き、やがて世界を飲み込むほどの大洪水が
ノア 約束の舟・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
選ぶべきは信仰か、それとも愛か。 鬼才ダーレン・アロノフスキーによる、旧約聖書の創世記、“ノアの方舟”の映画化である。 予告編からは、聖書をモチーフにしたハリウッド風味のありがちなスペクタクル大作の様に見えるが、そうではない。 確かに方舟を巡る戦いは...
ノア 約束の舟 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月14日(土) 14:45〜 品川プリンスシネマ8 料金:1100円(夫婦50割引き) パンフレット:未確認 狂信者。 『ノア 約束の舟』公式サイト 流石は変態ダーレン・アロノフスキー。普通の宗教叙事詩ではない。一筋縄ではいかない。 舟に乗ってからの狂信者っ...
ノア 約束の舟 (心のままに映画の風景)
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、か...
「ノア 約束の舟」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/パラマウント=リージェンシー 配給:パラマウント 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル製作:スコット・フランクリン、ダーレ
ノア 約束の舟 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第349回「壮大な物語のはずなのに、なんだろう・・・」 批判を恐れずに言ってしまえば私は無神論者である。信仰している宗教も無い。そんな私が小学生の頃、近所にキリスト教を信仰しているおばさんがいた。その人の勧めで短い期間だったが「聖書」について学んだこと....
「ノア 約束の舟」 (ここなつ映画レビュー)
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠〜い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だ...