笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

まさに気分が良くなる短編集

2015年03月10日 | 小説
小説「気分上々」を読みました。

著者は 森 絵都

森さん お得意の短編集で
2000年から12年まで 様々な場所で書いてきた9つの作品という

そんなわけで 繋がりや括りもなく
様々なタイプの短編が!

とはいえ、どの作品も森さんらしいというか
優しさ、温かみがあり

正直 ハズレないなぁと
それは架空~でも異国の~でも思ったけど 本作もまさに

私的には「17レボリューション」の粋な感じ、「本物の恋」のまさかのオチ、「東の果つるところ」の設定の妙
この辺りが特に好みだったかな

私的評価:4
    必ず どれかお気に入りの話が見つかるのではと
    万人にオススメできる作品かも

最後の森さんの短編に対するあとがきも良いですね


それでは、また

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラクの英雄、その真実、 | トップ | もう1つの おとぎ話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『気分上々』 森絵都 (くりきんとんのこれ読んだ)
気分上々(2012/03/01)森 絵都商品詳細を見る 25日~27日。 森絵都さんの短編集。 やっぱり森絵都さんっていいなぁ。 今回の短編集は、あとがきによると、 過去に書いたものの寄せ集めだけど、 そのせいもあるのか、飽きもせずに 最後まであっという間に読むことがで...
気分上々 (読み人の言の葉)
2269「気分上々」 森絵都   角川文庫   ★★★★ 2000年から2012
気分上々(森絵都) (Bookworm)
作家生活20周年の著者の短編を集めた作品集。