ミーハーのクラシック音楽鑑賞

ライブ感を交えながら独断と偏見で綴るブログ

今回は熱くなかったルイージ&N響

2017-04-23 00:26:32 | N響
一昨日(21日)NHKホールで開かれたNHK交響楽団第1859回定期公演Cプログラムを聴いてきた。指揮はファビオ・ルイージ。ピアノはベアトリーチェ・ラナ。

【演目】(※はアンコール曲)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
※バッハ/パルティータ第1番〜ジーグ
  〜 休 憩 〜
ブラームス/交響曲第4番ホ短調
《19時00分開演、20時50分終演》

1曲目。ベートーヴェンのピアノ協奏曲というとよく演奏されるのは第3〜5番。第1〜2番を聴く機会は少ない。冒頭のイントロ部分はまるでハイドンの交響曲のようで、まだベートーヴェン色はない。続くピアノ・ソロもかなり単調でモーツァルトの延長線上でしかない。しかし、それが第2楽章以降になると、徐々にハツラツにして華麗な音色に変わっていく。このあたりにその後のベートーヴェンの片鱗を垣間見るならぬ垣間聴くことができる。ただ、それでも情熱というか熱情を感じることはできない。そういう意味において、奏者のベアトリーチェ・ラナは楽譜に忠実に弾いていたのだろう。ということで、若いラナの実力がどのようなものを推し量れることはできない。せめて第3番か第4番を弾いてほしかった・・・。

2曲目。ファビオ・ルイージはドラマチックな曲を得意としているので、ブラ4のような内包的というか精神的芸術性のある曲が得意なのか少々不安があった。そして、その不安は第1楽章にもろに表れた。穏やかにしてかなりスローなテンポで始めたが、木管と金管のアンサンブルは多元的というか全く立体感がなくバラバラ。それでいて弦の音をかなり抑えて、その粗さをまるで際立てるのような作り。これはN響の奏者たちの問題ではなく、おそらくルイージの指示によるものであろう。でなければ、あんなアンバランスな構成は学生オケでもしないと思う。ということで、第1楽章が終わったところで、周囲の人たちから咳払いでなくため息が数多く聞こえた。私も帰ろうかなあ、と思ったぐらいである。しかし、第2楽章に入るとルイージはオケの主体を弦に移行させて、調和のとれた音楽を形成していった。そして、第3楽章に入るといつものN響サウンドと変わることのない団結力のある音色が築き上げていき、アタッカで入った第4楽章も木管のアンサブルがよく、最後は聴衆からもブラボーの声が飛ぶほどの演奏で完結した。しかし、私としてはどういう意図を持って演奏されたか解らなかった第1楽章の不満が最後まで残ってしまった。




この記事をはてなブックマークに追加

ルイージ&N響はやっぱり熱い

2017-04-16 23:53:54 | N響
昨日(15日)NHKホールで開かれたNHK交響楽団第1858回定期公演Aプログラムを聴いてきた。指揮はファビオ・ルイージ。ヴァイオリンはニコライ・ズナイダー。

【演目】(※はアンコール曲)
アイネム/カプリッチョ 作品2(1943)
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調
※バッハ/サラバンド
  〜 休 憩 〜
マーラー/交響曲第1番ニ長調「巨人」
《18時00分開演、20時05分終演》

1曲目。初めて聴く。ナチスドイツ時代に作られた作品だが、非常に自由かつ快活な作品でちょっと驚き。ただ、途中から睡魔が襲ってくるような単調な部分もある。

2曲目。正直とても聞き飽きている曲である。しかし、身長は2メートルはあろうかという巨漢のニコライ・ズナイダーが奏でるメンコンはアメンボかミズスマシの如く水面をスラスラとなめらかに奏でられ、時には3回転ジャンプをするような躍動感も加わり、これまで聴いてきたメンコンとは一味も二味も違った。次回は是非とも骨太のブラームスかブルッフの協奏曲を聴いてみたい。

3曲目。ファビオ・ルイージといえば、オルフの「カルミナ・ブラーナ」(2014年1月)を思い出す。あの時の情熱的というか狂乱的な指揮ぶりとそれに応えた合唱と演奏はは今でも脳裏に焼きついている。あの時は終演後も拍手が鳴りやまず定期公演では珍しく“一般参賀”まであった。あれから3年余。ルイージの指揮は当時より数倍も切れ味が鋭くなり、オケを煽動かつ先導していく。それに応えるべく木管は旋律を緩急自在に奏であげ、金管は一糸乱れない咆哮を何度も繰り広げ、そして、弦は縁の下の力持ちとなっていた。特にコントラバスは素晴らしかった。

終演後の客席からの怒涛の拍手とブラボーの嵐。加えて楽団員たちもルイージに盛大かつ熱狂的な拍手を送っていた。今回は“一般参賀”はなかったものの、観客および楽団員たちが彼をとてもリスペクトしていることが証明された公演だった。今週のC定期のブラームスの4番が楽しみである。

この記事をはてなブックマークに追加

パリ管弦楽団@NHK音楽祭

2016-11-24 11:43:53 | 海外オーケストラ
先日(4日)NHKホールで開かれたNHK音楽祭のパリ管弦楽団の演奏会へ行ってきた。指揮はダニエル・ハーディング。ヴァイオリンはジョシュア・ベル。

【演目】
ブリテン/歌劇「ピーター・グライムズ」から「海の間奏曲」
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調
  〜 休 憩 〜
ブリテン/セレナード
  テノール:マーク・パドモア
  ホルン:ベノワ・ド・バールソニ(パリ管首席奏者)
ドビュッシー(ラインスドルフ編曲)/組曲「ペレアスとメリザンド」

行く前に今日のプログラムは何だっけ?とチェックした時に、ああ、これだとアンコールを入れたら2時間半はかかるなと思った。しかし、ラジオの放送時間は9時10分となっていたので、じゃ、9時10分に終わるんだと思い直して家を出た。ところがどっこい、そうは問屋は卸してくれなかった。

開演を告げるブザーはいつもより早く2分前に鳴り、7時になるとパリ管の楽団員はゾロゾロと入場してきた。普段ならば5分押しが当たり前のクラシック・コンサートなのに定刻に楽団員が全員が舞台に並ぶのは珍しい。で、曲に関する詳細は下記に書くが、結局実際にラストの曲が鳴りやんだのは9時15分過ぎであった。ラジオ視聴者の皆さんは可哀想に5分余を聞くことができなかったのである。これって、些細なことかもしれないが、問題といえば問題である。一応、受信料でなりたっているNHK音楽祭なのだから。

1曲目。なんか生ぬるい演奏だった。パリ管といえば華やかな金管と鮮やかな木管の音色が売りのオケのはずなのだが、それが全く感じられない。なんか畏まった演奏でまるでリハーサルかゲネプロのようであった。

2曲目。ヴァイオリンはジョシュア・ベルはアメリカ人ということもあるせいか、その音色は煌びやか。メンコンは何度も聴いている上にさほど面白くない協奏曲なのだが、それを全く感じさせないメランコリックかつドラマティックな演奏に惚れ惚れ。なお、彼には面白いエピソードがある。ワシントンの地下鉄駅で演奏をしたところ、ほとんどの人は見向きをしなかったが、ただ最後に何人かは立ち止まり、一人の女性が昨日のあなたの演奏は素晴らしかったと言って握手をした。

https://www.youtube.com/watch?v=hnOPu0_YWhw

3曲目。全く知識もなく初めて聴いた曲だったが、しっとり落ち着いていい曲である。テノールの爽やかな歌声とそれを支える骨太のホルンが伸びやかにして美しいセレナーデ(小夜曲)を歌いあげていく。数多いブリテンの曲のなかでも名曲なのではないだろうか。日本のオケも取り上げてもらいたい。

4曲目。私が初めてダニエル・ハーディングを聞いたのは東京フィルのコンサートだった。その時にこの人はいずれ超一流の指揮者になるだろう、と楽しみにしていたが、その後聞いた新日本フィルでは相性がよくなかったのか魅力を感じることはなかった。そんな中でも、彼はしっかりと経歴を積み上げていき、この9月からはパーヴォ・ヤルヴィの後任としてパリ管の首席指揮者になった。ただ、就任直後というせいか、まだオケとの波長はあっているとは思えなかった。このドビュッシーにしても、ドビュッシー特有の起伏のある波のような畝りがさほど感じられず消化不良に終わってしまい、独断と偏見ではあるがハーディングとパリ管の先行きに不安を感じざるをえなかった。

なお、この日の演奏会は12月4日のEテレ『クラシック音楽館』で放送される。ラジオ中継でフラストレーションをした方も今度は最後まで聴くことができるに違いない。

この記事をはてなブックマークに追加

ソヒエフ&N響の『新世界から』

2016-10-27 14:32:51 | N響
昨日(26日)サントリーホールで開かれたNHK交響楽団第1846回定期公演Bプログラムを聴いてきた。指揮はトゥガン・ソヒエフ。ピアノはエリーザベト・レオンスカヤ。

【演目】(※はアンコール曲)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番ハ短調
※ショパ/ノクターン第8番変ニ長調
  〜 休 憩 〜
ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調『新世界から』
《19時00分開演、20時55分終演》

先日、ヨーロッパで活躍する音楽家と話す機会があったのだが、その時にちょっと話題に上がったのがソヒエフに対するヨーロッパのオケでの評判。ソヒエフはすでにベルリンフィル、ウィーンフィル、コンセルトヘボウ管などヨーロッパの主要オケを指揮をしているが、その評価は非常に高いとのこと。彼は現在トゥールーズ・キャピトル管、ベルリン・ドイツ響の首席指揮者とボリショイ劇場の音楽監督を務めているが、その人がいうにはいずれ間違いなくもうワンランク上のオケの首席指揮者になるだろうということだった。

1曲目。序奏部で木管がいきなりハーモニーを乱すには少し驚いた。そのせいもあってか第1楽章のレオンスカヤの演奏も少々乱丁気味。しかし、第2楽章に入ると彼女が持つ繊細な響きがホール内を漂うになっていき、とても心地良い気分になっていく。第3楽章も気負うところなく第2楽章同様に繊細にして透明感のある音色を吟遊詩人のように彷徨させてくれた。そして、なんといっても素晴らしかったのがアンコールのノクターン。この演奏には場内の観客がみんな息を潜め、いや息を殺して聴き入ってしまった。ラブリー!

2曲目。一言で言えば、これまで聴いたことがない洗練されたスタイリッシュな『新世界から』だった。ソヒエフの指揮は師匠であるテミルカーノフのような威厳ある力でグイグイと引っ張っていくのではなく、細部にわたるまでの緻密さと表現力豊かさで音を紡ぎだしていくといった感じである。それゆえに、今年聴いた彼の『白鳥の湖』や『幻想交響曲』はアンビリーバブルな素晴らしさだった。この『新世界から』にしてもその手法を遺憾なく発揮して、緊張感溢れるなかドラマチックかつロマンチックな曲に仕立てあげた。ソヒエフ、恐るべしである。ブラボー!

この日のプログラムは有名曲の組み合わせだったこともあり、最近のB定期としては空席が目立った。それなのに『新世界から』の終曲で指揮者がまだタクトを下さないのにフライング拍手をしたり、家路を急ぐのか席をすぐに立つなど相変わらずの観客が多かった。しかしながら、最後までしっかりと聞き入ったお客は何度も何度も惜しみない拍手をソヒエフに送っていた。そのなかには「パーヴォ・ヤルヴィの次はお前だぞ」と思っている観客が何人もいることを私なりに確信した。なお、ソヒエフはこのあとNHK音楽祭(31日)でN響を振る。そして、来年は11月B定期C定期に登場予定。

この記事をはてなブックマークに追加

東京フィルの『イリス(あやめ)』(演奏会形式)

2016-10-26 00:02:27 | 東京フィル
先日(20日)サントリーホールで開かれた東京フィルハーモニー交響楽団第887回定期演奏会を聴いてきた。指揮・演出はアンドレア・バッティストーニ。チケットは完売。

【演目】
マスカーニ/歌劇『イリス(あやめ)』(演奏会形式・字幕付)
  チェーコ(バス):妻屋秀和
  イリス(ソプラノ):ラケーレ・スターニシ
  大阪(テノール):フランチェスコ・アニーレ
  京都(バリトン):町 英和
  ディーア/芸者(ソプラノ):鷲尾麻衣
  くず拾い/行商人(テノール):伊達英二
  合唱:新国立劇場合唱団
《19時00分開演 21時30分終演》(休憩1回)

プッチーニの『蝶々夫人』は日本でも頻繁に上演されるが、『イリス(あやめ)』は日本を舞台にしたオペラにもかかわらずほとんど上演されない。一方で、ヨーロッパではそれなりに上演されているようで、指揮のアンドレア・バッティストーニも、タイトルロールのラケーレ・スターニシもすでに経験済みのようである。

舞台は江戸。盲目の父と住む娘・イリスが、大阪と京都の策略にのせられて吉原に売られてしまう。それなのに、吉原を訪れた盲目の父に罵られて、イリスは窓から身を投げる。そして、イリスが堕ちた場所は富士山の麓で、そこでイリスは「太陽讃歌」が響くなか様々な思いを抱きながら、亡くなるという、なんとも荒唐無稽な話である。

観劇後の率直な感想は「ああ、日本を誤解というか曲解した人たちが、短絡的に書いた作品なんだなあ」だった。まあお芝居なのだから、どのような世界を描こうが、それは作者の勝手ではあるが、江戸時代の遊郭がどのようなものであるかを知っている日本人からすると、とても納得のいくお話ではない。加えて、最初と最後に場違いのような仰々しい太陽讃歌が歌われては、日本の宗教への理解が皆無と言わざるをえない。このような太陽讃歌を歌わせたかったら、せめて舞台をギリシャかエジプトあたりにしたら良かったのにと思ってしまう。結論から言えば、ヨーロッパの人はどう思うか知らないが、『蝶々夫人』の足元にも及ばない低レベルな作品である。

さて、歌手で素晴らしかったのは女性2人。イリスを演じたラケーレ・スターニシのソプラノは伸びがあり、タイトルロールにふさわしかった。ディーアと芸者を演じた鷲尾麻衣は透き通る美声。一方で男性陣は少し精彩を感じられなかった。妻屋秀和は役も役ということでどことなくひ弱感が否めなかった。テノールのフランチェスコ・アニーレは前半は声の通りが良くなかったが後半は盛り返していた。バリトンの町英和は演技は上手いのだが歌声が今ひとつ。

演奏会形式といえ、出演者はみんな暗譜でお芝居をする。加えて、照明もそれなりに凝っていて、スライドを投射したりもする。ただ、残念なことにサントリーホールでは照明機材やスクリーンなどが不完全燃焼で、効果をほとんど出すことはできなかった。ホールを熟知していない演出も手がけたバッティストーニの空回りと言わざるをえない。オーソドックスな演奏会形式にした方が良かったのではないだろうか。

この記事をはてなブックマークに追加