HAYASHI-NO-KO

前穂・奥穂 北穂から

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ)

2017-04-18 | 青色 春

イヌノフグリ、オオイヌノフグリの果実とは違った姿。
フラサバソウは花冠を除いて全草毛に覆われている。
ところが果実は全く無毛。
















雑草畑の中で一緒に育っている、上がイヌノフグリ、下がコゴメイヌノフグリの果実。
こちらはしっかりと毛がある。
(2017.04.13 林)


桜堀への石段を下った辺りはフラサバソウがビッシリと育つ。






オオイヌノフグリが点々と咲き、ヤブジラミの葉が広がっている。

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ) 
オオバコ(←ゴマノハグサ)科クワガタソウ属 Veronica hederifolia
種小名hederifoliaは「蔦の葉」の意味
(2017.04.04 明石公園)
--------------------------------------------------------------
フラサバソウ イヌノフグリ オオイヌノフグリ コゴメイヌノフグリ タチイヌノフグリ ムシクサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌノフグリ(犬の陰嚢) | トップ | アツミゲシ(渥美罌粟) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。