荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガールズバーの巻、ふたたび。

2016-10-01 09:37:57 | 妥協なき生活に極上の飲食を




僕はシンプル生活と、若くて可愛くてスタイルの良いオンナのコが大大大好きです。

なのでガールズバーに行きます。

ちなみに、キャバクラにはあんまり行きません。

キャバ嬢のカッコや髪型やメイクが、ど~も気に食わないんです。



先日、ガールズバーのコの、バースデーパーティがありました。

なんと3人まとめてのバースデーなんです。

松屋銀座地下1階でブルガリのチョコをみっつ買い、『めんどいなぁ』と思いつつ参戦。

チョコみっつで10,000円超えですよ。10,000円

更に、モエの白を入れました。

いや~、楽しかった。

とはいえ、滞在時間は1時間位だったかな。

ちなみに勘定は20,000円。

チョコを含めると30,000円か・・・。

週末という事もあり、リーマン客がうるさいので早々に退散しました。

なんでリーマンって、あんなにうるさいんでしょうね。



僕はそのガールズバーに出入りし始めて、丸6年。

相当、古株の客であります。

今迄、いろんなオンナのコを見て来ました。

可愛いコ、キレイなコ、喋るコ、無口なコ、ぽっちゃりなコ、細いコ、オッパイ大きいコ、ちっちゃいコ・・・。

卒業したコたちは元気でやってるかな・・・。

今後もまだまだ通う事でしょう。



あっ、過去に遣った金額は、おそらく300万円は突破していると思います。




その際の一葉。


な~んにも書いてないチェキもあるでよ。

『まさにパリピだね』ってオンナのコたちに言われました。



『美しい若い女が、大金持の老人の恋人になっているとき、人は打算的な愛だと推測したがるが、それはまちがっている。打算をとおしてさえ、愛の専門家は愛を紡ぎ出すことができるのだ』三島由紀夫(ニッポンの小説家・1925~1970)

過去の関連記事。
ガールズバーの巻。
夜遊びの巻。
ジャンル:
夜遊び
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空想の巻、みたび。 | トップ | ラーメンの巻、ふたたび。 »
最近の画像もっと見る

妥協なき生活に極上の飲食を」カテゴリの最新記事