荻窪鮫

元ハングマン。今はひっそり銀座で暮らすおじさん。
求めるものはトランクひとつの暮らし、望むものはミニマリストになる事。

神様はバリにいるの巻。

2016-10-11 14:32:01 | 偽りの人生に優れたエンターテイメントを




ニッポン映画【神様はバリにいる】を観ました。



先日【王妃の館】を酷評し自己嫌悪に陥ったばかりなので、ちょっとは褒めてあげたかったんです。

でも・・・ダメ・・・。

実話だそうですが、今って実話流行りだなぁ。

実話って言や、客が喜ぶとでも思ってんですかね。

ストーリーは、バリ島で暮らすニッポン人大富豪“アニキ”が、独自の人生哲学で主人公他、周囲の人々の人生や考え方を変えていく、というもの。

いちおうはコメディです。

が、クスリともしませんでした。

クロイワ・ショウとかいうヤツが書いた【出稼げば大富豪】とかいうエッセイが原作だそう。

何やら香ばしいマルチ臭が漂います。



まず、堤真一=“アニキ”が徹底的にダメ。

ゲスで品が無く、オラオラ大声を出す大阪人を演じておりましたが、コントレベルのお芝居。

このヒトって関西出身者なのに、大阪弁下手っぴですね。

藤原紀香みたい。

んで、この“アニキ”が語る哲学もかなり薄っぺらい。

ある程度の経験と知識があれば、誰にでも言えるセリフばかり。

全く心に響きません。

この哲学を高評価するレビューがありましたが、きっと小学生だったんでしょう。

怪しさの中に純真な少年の様な心・・・、みたいな安っぽいキャラクター造形も鼻につく。

てか、キャラクターがステレオタイプの域にすら達しておらず、崩壊しているだけでした。



尾野真千子もダメ。

基本的に僕はこの女優さんが好きなのですが、どうも演じるキャラクターが一緒なんですよね。

お芝居は上手だと思うけど、おんなじキャラクターから脱しきれていません。

変顔したり、ヨダレ垂らしたり頑張ってはいましたが。





インポライミは嫌いなタレントでしたが、今作ではそれ程拒否反応が出ませんでした。

きっと、あの髪型が嫌いなだけかも。



菜々緒はホント良いオンナ。

今すぐ脱いで頂きたい。

ただそれだけ。





それにしても、レビューは高評価ばかり。

ネット民によれば『ステマじゃねぇの?』との事。

確かに、こんな作品を高評価するなど、頭ん中にウジが湧いているとしか思えません。



シネコンの台頭により、ニッポンには映画がとにかく足りません。

数の増加は、良作を生む可能性もありますが、愚作を生む可能性はもっと高い。

製作者サイドになんの理念もなければ、まともな作品が生まれる訳などないのです。

このままでは米国映画は勿論、韓国映画にも足元にも及びません。

この世のニッポン映画関係者に猛省を促します。



『人間の真価は分数のようなものだ。分母は自己の評価、分子は他人による評価である。分母が大きくなるほど、結局、真価は小さくなる』レフ・トルストイ(ロシアの小説家/思想家・1828~1910)

過去の関連記事。
王妃の館の巻。
映画の巻。
映画の巻、ふたたび。
映画の巻、みたび。
映画の巻、よたび。
映画の巻、いつたび。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スナフキンの巻。 | トップ | 詐欺の巻、みたび。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む