Kazuko MISAWA World

三沢かずこの青の世界 ー 作品の周辺

久しぶりの京都

2016-10-19 07:37:58 | アトリエから

京都へ行ってきた。京都でお世話になっている画廊の移転オープン記念展に招待され、25号の新作を出品した。昨日がそのオープンの日だ。(オープン

記念展はPart3)。西脇の個展と全く重なっているのだが、やはり今現在の作品を出品したいと思い、頑張った。壁面で見るまでは、少し不安もあった

のだが、実力派の作家たちの中で、青が個性を放っていた。日本画的な油彩、という感想があるという話をお聞きした。確かに、書道、水墨画、日本

画と変遷を重ねたが、今は、自分の表現に油彩がしっくりいっているので、少しは、三沢かずこの油彩画に近づけているのかもしれない。続けていると

周囲の理解度も高くなっていくのだろうか。

こころは、もう全く次の個展にどっぷり浸かっている。空間の問題、自分にとっての空間とは、一体何なのか。空間意識と、融合意識はどう両立するの

だろうか。個展をして、見てくださる方々と会話をして、様々な見方の中から、自分の作品、制作の方向を探っている自分がいる。

西脇の個展では、そんな自分の方向性がまだ明確ではないにしても、見え始めている。

西脇市、西脇市近郊の方々、また遠方から、半日( 1日かも )以上もかけて見に行ってくださっている方々に感謝しています。お天気に恵まれ、とても

良い個展ができています。ありがとうございます。ブログ時折のぞいています、と声をかけていただくことも増えました。ありがとう !

 

 

                 フォト  2016

 

                                                   

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西脇市岡之山美術館個展オープン | トップ | JARFO京都画廊 GRAND OPEN展 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。