【少年と罪】 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 議論尽くし全員極刑 控訴審裁判長を務めた川原誠さん

2017-04-05 | 死刑/重刑/生命犯

中日新聞2017.4.5 Wed
少年と罪
木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 6 議論尽くし全員極刑 
  画像;連続リンチ殺人事件の控訴審で、裁判長を務めた川原誠さん。「一点の曇りもないように」と審理に臨んだという=岐阜県内で

 うつむいたり、天井を見上げたり。落ち着きなく法廷に入ってきた3人の様子を、名古屋高裁の裁判長だった川原誠さん(76)は覚えている。
 2005年10月14日、木曽川・長良川リンチ殺人事件(1994年)の控訴審判決。約4時間がかりで判決理由を先に読んだ後、発生時18~19歳の3人=現在41~42歳=に、前に出るよう促した。
 「原判決を破棄する。3人を、死刑に処する」
 その4年余前。川原さんは1審・名古屋地裁の判決を新聞で読み、引っ掛かりを覚えた、と話す。Aに死刑を言い渡す一方、BとCを無期懲役としていた。
 「それぞれの役割と量刑の差。その説明が十分なされているのだろうか」
 ただ、川原さんによると、後に控訴審を担当することになった当初、そんな疑問は口にしなかった。2人の陪審裁判官に予断を与えず、自分も含めて白紙で望むと決めた。自宅に運んだ資料は、軽トラック1台分。12畳の書斎は足の踏み場がなくなった。
 ベテランばかり3人の裁判官が、まず1年かけ記録を読み込む。続いて合議が始まった。名古屋城天守閣が目の前にそびえる高裁9階。机が3つ並ぶ裁判官室。わずかな疑問も残さぬよう議論は連日、深夜まで続いた。川原さんがソファで朝を迎えた日もあった。
 03年5月に始まった控訴審は、2年半に及んだ。元少年らの言い分は、犯行時の言動をめぐって互いに食い違っていた。被告人質問を重ね、できるだけ多く、発言機会を与えることにしたという。
 「それぞれが弁解したいことをぶつけ合えば、真実が浮かび上がる」。長い経験で得た信念があった。やがて、3人の役割に刑を分けるほどの差はない、と心証を固めていった。
 1審判決は、少年事件としての特性に言及し、「未成熟な少年たちが、必ずしも統率されていない集団を形成したことによる、場当たり的な犯行」などと指摘。無期懲役とした2人については、更生する可能性に触れていた。
 法廷の元少年らが反省を深めているのは、川原さんも感じていたという。一方で思う。「人間は腐ったリンゴじゃない。少年だろうと成人だろうと、立ち直る可能性なら誰にでもある」
 わずか11日間で、落ち度のない若者4人の命を奪った。その行為や結果と比べたとき、反省や更生の可能性があるからといって、極刑を避けるのは考えられなかった、と語る。
 素案をまとめてから約1ヶ月で20回以上、手直しした判決文。「犯行当時、少年だったことや、生い立ちなどをいかに考慮しても、死刑の選択はやむを得ない」と締めくくった。
 38年間の裁判官人生に定年で幕を閉じたのは、言い渡しの翌月だった。それから5年余り後の11年3月、最高裁は元少年らの上告を棄却し、川原さんが3人に下した死刑判決が確定した。
 川原さんは、法廷を離れた今も消えないもどかしさがある。「こんな悲惨な事件は、避けられたはず・・・」。少年犯罪を食い止める社会の力が、弱まった気がしてならないという。
 =終わり

 ◎上記事は[中日新聞]からの書き写し。なお、本シリーズ【少年と罪】の「1」~「5」は、省略(来栖)
――――――――――――――――――――――――
木曽川長良川リンチ殺人事件
凶悪犯罪とは何か1~4 【1】3元少年に死刑判決が出た木曽川・長良川事件高裁判決『2006 年報・死刑廃止』
...........

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢一郎氏への警戒感 「ポ... | トップ | 「殺人・タリウム事件」元名... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。