神子屋教育🇯🇵(かみこやきょういく)

我が家流/みみかとママの「おうち」教育

ロケットオーブンでご飯を作る④

2011-07-18 | 不殺生菜食・ロケットオーブンでご飯を作る
不殺生菜食(ベジタリアン)の我が家の食卓。
ある日の食卓風景。

あくなき挑戦は続く・・・。
ロケットオーブンの中に入れたダッチオーブンや飯盒で作る、パンやスープやご飯などにも研究実験の熱が入る。
特に、タイマーズ土木作業員は「ロケットオーブン」(オーブン付きロケットストーブ)の性能向上に加え、パン作りにもはまっている。

今回は水分かなり多目、27度ぐらいで発酵させる実験だ~!


3時間半後にはブクブク発酵、


粘りがスゴーイ!


4時間後、さあ焼く準備ok!


ハイ、焼き上がり!


なんだかいつもの焼き上がりの香りと違うぞ~!


それに、このもっちもっちの弾力!

塩味が効いて舌触りがねっとりと柔らかで、上部表面はカリッとしているのにモチモチの美味しさ!

続いてスープ作り、行ってみようー!

中身は、にんじん+玉ねぎ+ナス+エリンギ+トマト+ピーマン+じゃが芋(インカの瞳ときたあかり)
直前に友人Mさんから頂いたトマトとピーマンを入れ込む!(アリガトウー!)


ダッチオーブンにオリーブ油を流し入れ野菜を投入、水と塩を加えローリエの葉を入れて煮込む。


うーん!素晴らしい出来!
ピーマンの苦味がすごく美味しくって皆感動!これからは外せないぞ~!

今回の食卓の様子。

パン、トマトベースの野菜煮込みスープ、そして・・・ところてん!?

スープをたくさん仕込んでおけば、

さらに美味しくなったスープが翌朝の食卓に出る!わーい!


さてさて、あくなき挑戦は続く・・・。

みみか作業員、早朝より裏の庭畑のじゃが芋を掘る!

この時期の最後のじゃが芋収穫、大小さまざま。

大き目のを選び、

アルミでくるんで、

ダッチオーブンの上に放り込まれて、

改良され調子もグッドなロケットオーブン、燃焼ぉおおお!


ハイ、焼けた!

開けると、おお~ウマそうです!(上:男爵、下:メークイン)

さらに割ると、おお~さらにウマそうです!

(実際、非常にウマイ!さすが掘りたて!みみか作業員ご苦労であった!)

さてさて、タイマーズ土木作業員の研究素材、

今回のパン作りは27度発酵、しかもざっくり混ぜ合わせるだけ。
さらに長時間発酵(前日夜から仕込んで10時間以上寝かせた!)。

ハイ、焼けた!

(実は・・・裏は真っ黒クロスケ)

焦げた部分はこそげとり、

何も無かったようにカッティング!
今回もっちりで美味しいパンができました!

みみかは、パンの上下半分にカットして、

焼き立てじゃが芋を潰してのせて、

サンドしてパクリ!
何も付けなくてそのままで十分美味しい~らしいです!

◆ロケットオーブンを知りたい!作りたい!詳しくはこちらへ!
虹色アーチ/ロケットオーブンを作る(byタイマーズ土木作業員)


◎今回のレシピ、我が家の自然農畑で採れたもの:じゃが芋

我が家の自然農、詳しくはこちらで多角的に掲載中!
虹色アーチ/アースパワー全開!自然農
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃが蒸し野菜 | トップ | 干し野菜炒め »

あわせて読む