C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

思い出のマーニー

2014-09-16 19:44:53 | CINEMA(日本)
思い出のマーニー
'14:日本


思い出のマーニー [DVD]


◆監督:米林宏昌「借りぐらしのアリエッティ」
◆主演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳


◆STORY◆北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを抱えながら生きていた。そんなある日、海辺の村にひと夏を過ごしにやって来た杏奈は、美しい湿地の対岸に古ぼけた洋館を見つける。その屋敷に既視感を覚えた杏奈が村人に尋ねると、そこはもう何10年も人が住んでいない“湿っ地屋敷”だという。好奇心からひとりでボートに乗って屋敷を目指す杏奈だったが、誰もいないはずの屋敷の窓に明かりが灯り、同時に屋敷の方から「ロープをこっちへ投げて」と声が聴こえてくる。声の方に向かって杏奈がロープを投げると、そこには金色の髪、青い瞳、白いネグリジェを纏った裸足の少女が立っていた。彼女の名はマーニー(声:有村架純)。杏奈とマーニーはすぐに仲良くなり、ふたりは“湿っ地屋敷”で過ごすことになるが、その後、杏奈の身には次々と不思議な出来事が起こり始める。時を超えた舞踏会、告白の森、崖の上のサイロの夜……。やがてふたりの少女のひと夏の思い出が結ばれるとき、杏奈は思いがけない“まるごとの愛”に包まれていく……

イギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を、スタジオジブリが舞台を北海道に移してアニメ映画化したファンタジーです。
っていうか、あれって北海道が舞台だったんだ・・・

海辺の村に住む夫婦に預けられた少女・杏奈と、不思議な雰囲気を持つ同い年の少女マーニーとの交流が描かれています。

最近のアニメはWヒロインが支流なのかしら・・・(笑)
ジブリにある、明るく元気なヒロインではない女の子だったね~
いきなり冒頭で、「この世には目に見えない魔法の輪がある。輪には内側と外側があって、
私は外側の人間。でもそんなのはどうでもいいの。私は、私が嫌い。」って言い出した時は、
驚いちゃいました。いつものジブリ作品とちょっと違うの?って思いました。

主人公の杏奈ってさあ、生い立ちや病気をのぞくと、こんな子供っていそうなんだよね~
実際にNakajiもこんな子だったようなきがする。。(笑)
世間とまじわるのがうざいっていうか、めんどくさいんだよね。
どうしたの?なにしているの?って聞かれて答えるのが本当にいやなんだよね。
私が何かしたり何を思っていてもあなたには関係ないでしょって思ってしまう。
でも一人になるのはいやって感じなのかね。

マーニーってこの子の心のよりどころだったんだろうな~
自分のことはあんまり何も聞かないマーニーは自分だけが友達だって言ってくれる。

この子の過去、マーニーの過去を紐解いていくと、いろんな納得する部分がでてくるから、
この子の性格やこのこの行動ってなるほどな~って思う部分もあるんだよね~

でも、まあ、で、何を言いたかったのか?って言われると・・、
んーーーって感じなるんだよね~(笑)

しかし映像はさっすがジブリ!風、水の感じが本当にきれいだったわ~
本当に背景が素敵すぎてうっとりしておりました。
二人もすっごくかわいかった~♪マーニーなんてふわっふわの女の子って感じだったな~

これでジブリは長編やらなくなるのかしら?残念だわ~

Nakajiの満足度 ★★★(3.5)  8/12  劇場鑑賞 66 作
思い出のマーニー サントラ音楽集【特典:A5サイズクリアファイル付】
徳間ジャパンコミュニケーションズ
徳間ジャパンコミュニケーションズ

特装版 思い出のマーニー
松野 正子
岩波書店
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドリームハイ | トップ | 世界の果ての通学路 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2014-09-19 12:14:21
アニメーターを解雇していってるとも聞くし
ドワンゴと合併したし(結局角川に吸収されちゃうのか~というなんともいえない気持ち・・・)
宮崎吾朗はイマイチだし(わわわわわ)
千と千尋がピークだったのかな~・・・。

う~ん、ジブリの看板を守ってくってのが
ここにきて随分くるしくなってるんだなって思います。
三鷹の森の美術館とか各地でやってるイベントや
グッズなんかはものすご人気でも
それは過去の作品の遺産でしかないわけで・・・。

それでも一番さいしょにトトロの横顔がでて
「スタジオジブリ作品」ってでる映画を
やっぱりこれからも見たいと思うのは
無理なんですかね~・・・。
ジブリ (NAO)
2014-09-21 14:34:53
新生ジブリとしてはまずまずだったと思いますが
小粒な作品でしたね。

でも、作画のクオリティの高さは流石!
先日、「思い出のマーニー展×種田陽平」を見てきましたが
細部のこまやかさに、感動してしまいました。

だが経営状況とかニュースで見てると、暗雲・・・って感じですね。
なんか知らないが、鈴木Pが、ジブリの後継者は庵野氏を指名されていましたが
ぜんぜん方向性が違うような気がしますーーlll
>Agehaさん (Nakaji)
2014-09-22 10:39:30
そうそう、ジブリはやっぱり宮崎監督の作品じゃないとなんかしっくりこないんですよね~
ってあっいっちゃった(笑)

>それでも一番さいしょにトトロの横顔がでて「スタジオジブリ作品」ってでる映画を

本当に!あれがあるとホッとします。
これはこれでいいと思うんですが、なんか違うんですよね~
>NAOさん (Nakaji)
2014-09-22 10:41:13
こんにちは。

そうそう!なんか絵とかもすごいな~って思うんだけど、
なんかストーリーかな?ぱっとしてないですね。

ジブリって感じは庵野氏はちがうだろ~って思うけどな~(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
思い出のマーニー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:米林宏昌 声の出演:高月彩良(杏奈)、有村架純(マーニー)、松嶋菜々子(頼子)、寺島進(大岩清正)、根岸季衣(大岩セツ)、森山良子(老婦人)、吉行和子(ばあや)、黒木瞳(久子) 【解説】 『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジ....
思い出のマーニー  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  高月 彩良 (杏奈)  有村 架純 (マーニー)  松嶋 菜々子(頼子) 【ストーリー】 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、....
思い出のマーニー/高月彩良、有村架純 (カノンな日々)
『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督がイギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を原案に北海道を舞台に移して苦悩を抱えて生きる主人公の12歳の少女・杏奈 ...
思い出のマーニー (単館系)
思い出のマーニー MOVIX川口 7/19公開 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。 そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが 姿を見せる。 その出会い...
思い出のマーニー (あーうぃ だにぇっと)
思い出のマーニー@よみうりホール
思い出のマーニー~アンナとスケッチの女王 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作英題:When Marnie Was There。ジョーン・G・ロビンソン原作、スタジオジブリ作品、米林宏昌監督。(声)高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉 ...
『思い出のマーニー』 (beatitude)
北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを抱えながら生きていた。そんなある日、海辺の村にひと夏を過ごしにやって来た杏奈は、美しい湿地の対岸に古ぼけた洋館を見つける。その屋敷に既視感を覚えた杏奈が村人に尋ねると、そこは...
映画 思い出のマーニー (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    マーニーの正体は、想像通りのものでした。   しかしながら、原作では欧州の舞台なのに   映画は、北海道にして、主人公である佐々木杏奈の   眼の色を青くした...
思い出のマーニー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。あんまり興味が無かったんですが、誘って頂いたので行きました。まるで自分のことを言われてるように思っちゃいましたよ。でも誰でも自分はダメだとか、愛されてないとか、自分だけ不幸だとか思ったことないですか?杏奈ちゃんは悲しい生い立ちからそれ...
『思い出のマーニー』 2014年7月6日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『思い出のマーニー』 を試写会で観賞しました。 今日は、よみうりホールで4回試写を回すので延べ4,000人以上が鑑賞することになる。 朝一から盛況で満席であった。 今年の東宝は興収がよくない(と思われる)ので、本腰を入れてヒットを狙いに行くには この作品をはじ...
「思い出のマーニー」:小さな子はわかるのかなあ? (大江戸時夫の東京温度)
はい、ようやく今頃『思い出のマーニー』です。これは好き嫌いが分かれる作品かも知れ
『思い出のマーニー』 (こねたみっくす)
宮崎駿を意識していないがゆえに、中途半端で個性に欠ける。 宮崎駿・鈴木敏夫というスタジオジブリを支えた2本柱が引退して初めての作品となるこの映画。米林昌宏監督と西村義 ...
【 思い出のマーニー 】大切な秘密 (映画@見取り八段)
思い出のマーニー      監督: 米林宏昌    キャスト: 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳、杉咲花、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真 公開: 2014年7月19日 2014年7月8日。劇場観賞(試写会) この...
『思い出のマーニー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.07.12 『思い出のマーニー』(試写会)@よみうりホール 試写状にCOCOと印が押されていたので、多分cocoで当選したのだと思う! いつもありがとうございます ジブリ作品の試写会は初めてかも? よろこんで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「...
『思い出のマーニー』 (2014) (相木悟の映画評)
ジブリが送る、ひと夏の自己形成ファンタジー! 自分さがしの感動的なおとぎ話ではあるのだが、いまいちとらえどころが難しい一作であった。 本作は、『借りぐらしのアリエッティ』(10)で高評価をうけた米林宏昌監督による、皆大好きスタジオジブリ作。原作は、ジ....
『思い出のマーニー』 宮崎駿抜きでジブリは変わる? (映画のブログ)
 正直、『思い出のマーニー』には驚いた。  こんなやり方で来るとは思わなかった。  私は宮崎駿ファンである。高畑勲ファンでもある。宮崎駿、高畑勲両氏のかかわった作品なら観たいと思う。制作会社が東映動画だろうがAプロダクションだろうが日本アニメーション...
思い出のマーニー (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 療養に来ていた主人公がマーニーに出会っ
思い出のマーニー (そーれりぽーと)
ジブリ最新作は予告編を観る限り、LBGT系の香りがする以外全く得体の知れない『思い出のマーニー』を観てきました。 ★★★★ 心に深い闇を抱えて引っ込み思案な少女が、喘息の療養に出かけた田舎町で一人の少女と出会う不思議な話。 ジブリ流とかジブリ風とか言う概念...
『思い出のマーニー』米林宏昌監督、高月彩良、有村架純 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『思い出のマーニー』監督 : 米林宏昌 原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子/安藤雅司/米林宏昌物語・心を閉ざした少女杏奈(高月彩良)は、ぜんそくの療養を目的に親
思い出のマーニー (映画的・絵画的・音楽的)
 『思い出のマ―ニー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『借りぐらしのアリエッティ』を制作した米林宏昌監督によるスタジオジブリ作品(注1)ということで、映画館に行ってきました。  米林監督の前作は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を日本の東京郊外...
『思い出のマーニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOH...
心の支え。『思い出のマーニー』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新作。ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ映画です。
思い出のマーニー (試写会) (風に吹かれて)
幸せに気づいて 公式サイト http://marnie.jp7月19日公開 原作: 思い出のマーニー (ジョーン・G.ロビンソン/岩波少年文庫)監督: 米林宏昌  「借りぐらしのアリエッティ」 心を閉
めっさおもたいトトロやとおもったらええかな(え)~「思い出のマーニー」~ (ペパーミントの魔術師)
試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 ネタバレしないように書くと ”夢だけど夢じゃない”し ♪こ~ど~ものときにぃ~だけ~あなたにおとずれるぅ~~~ 不思議な出会いぃ~~♪・・・なんだもん。(おいおい) んでね、マーニーと出会って目の前がぱぁっと明...
思い出のマーニー (Akira's VOICE)
彼岸からのプレゼント。  
思い出のマーニー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジ....
映画「思い出のマーニー」 (FREE TIME)
注目の映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。
「思い出のマーニー」(1回目) (或る日の出来事)
こういうのに弱いんよ! もーダメ。(泣)
記憶の中のあなた~『思い出のマーニー』 (真紅のthinkingdays)
 札幌に住む孤独な12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、遠縁が暮らす 道東の田舎町でひと夏を過ごすことになる。入り江に面した旧い屋敷に惹かれ た杏奈は、マーニーと名乗る金髪の少女と出逢う。  宮崎駿引退後、初のスタジオジブリ作品。『借り暮らしのアリ...
思い出のマーニー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
永遠の愛が、宿るところ。 「借りぐらしのアリエッティ」の、米林宏昌監督による長編第二作。 原作は英国の作家、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道の架空の街に変更し、心と体に傷を抱えた12歳の少女杏奈と、謎めいた少女マーニーとのひと夏の交流...
「思い出のマーニー」自分のルーツを知った先にみた想いを託した祖母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり ...
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った (はらやんの映画徒然草)
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ
[映画『思い出のマーニー』を観た(傑作!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆物語の冒頭で、主人公の杏奈が自分の境遇を、「輪の外の人間だ」と呟く。  社会との疎外感を、やや外界への敵愾心さえ持って生きている女の子。  だが、結論から言うと、彼女が、輪の内外ではなく、もっとぶっとい「輪」、杏奈がそのものを構成するマスターピースの...
『思い出のマーニー』('14初鑑賞55・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月19日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 16:30の回を鑑賞。
思い出のマーニー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月19日(土) 19:15~ 109シネマズ川崎6 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 ジャイ子に謝罪したので安心 『思い出のマーニー』公式サイト 予告編がつまらなそうで、観るかどうか躊躇したのだが、思いのほか良かったよ。 著名...
「思い出のマーニー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 英題:When Marnie Was There監督:米林宏昌原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌作画監督:安藤雅司美術監督:種
映画:思い出のマーニー 少女が一生忘れられない ひと夏のメモリー、そして成長。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観賞直後の一言感想=「借りぐらしのアリエッティ」に似たトーンだな... で、さっそく調べてみると... 監督の米林氏が「アリエッティでやり残したことがある。もう1本、映画を作りたい」と話したことがきっかけだという。 その時点で米林監督は原作を決めていなかった...
マーニーは永遠に (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。 札幌に暮らす12歳の心を閉ざした少女 杏奈はぜんそくの療養を目的に親戚がいる海沿いの村にやって来た そんなある日、誰もいない屋敷の窓にきれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せ、友達となるのだが・・...
思い出のマーニー (銀幕大帝α)
2014年 日本 103分 ファンタジー/青春/ファミリー 劇場公開(2014/07/19) 監督: 米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』 製作: 鈴木敏夫 制作: スタジオジブリ 原作: ジョーン・G・ロビンソン『思い出のマーニー』 脚本: 米林宏昌 主題歌: プリシラ・...
思い出のマーニー (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。 私は「外側の人間」と...
思い出のマーニー (のほほん便り)
イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」(岩波少年文庫刊)を、スタジオジブリがアニメーション映画化 かなり、賛否両論だったみたいですが、ヒロインが、諸事情から心を閉ざした少女で、 ジブリのヒロインが、シンジ君化して、エヴ...