河童亀万年の断捨離世界図鑑

河童亀万年(かわどうかめまんねん)の格安魂救済ブログ。

夏の夜逃げ計画

2017年06月30日 | シャーリー★ダンの悲劇
ここ1~2週間、室温が下がると咳の発作が出るので夜中はエアコン暖房を入れていて気温の感覚がおかしくなっているが、
どうやら、世間はすっかり夏になっているらしい。
アイスモナカが美味しい季節である。

年々、歯は抜けるし毛も抜けるし痔も痛いし体力も無くなるし体調を崩すと回復するのに2週間かかるし、もはや寿命もアディショナルタイムに突入したようだ。
そこで65歳くらいから最終撤退体制に入ろうと考えていたが、前倒しで早めに夜逃げすることにした。

最終撤退体制とは、日本の最安家賃の部屋に住んで、そこに住民票と荷物を置いておいて、可能な限り東南アジア放浪生活をするという生活スタイルである。
しかし、あまりにも安い賃貸は風呂なし共同トイレで住みにくいし色々とトラブルが発生するので、最低ラインは2万円あたりになるようだ。
北のほうは寒いし田舎に行くと車が必要になってきて生活コストが高くなるし。

そこで到達した結論は、国際空港も地下鉄もあって気候も温暖で家賃相場も安い、という点で福岡が最適であるという事とした。
基本的に引きこもり生活なので、ネットさえあればどこに住んでも同じという強み?がある。
海外放浪する経済的余裕が無ければ虫のような日常生活をしておけば良い。

よく考えると、これは今後の日本の独居貧困老人がたどり着く典型的末路の一例のような気もする。
元気なうちはまだ良いが、動けなくなったら生活保護適用で措置入院させられてしまうのだろうか。

延命治療が発達して平均寿命が100歳くらいになって、バリアフリーのために莫大な費用が使われて、介護はロボットとAIが担当するようになって、
生きてるだけで動けないたくさんの超高齢者がチューブにつながれてベッドに寝ている数十年後の日本の社会を想像するとおそろしい。
SFと現実の境界がどんどん無くなっているような気がする。

そして、数十年後になっても福島の廃炉をどうするかまだ方法が見つかっていないに違いない。
というか、ずるずると、遺跡になってしまうまで数万年放置されるに違いない。

ああしんど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニトマト結実 | トップ | 再び便秘で死にかける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む