労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

1911 この映画を見てあらためてなぜ中国はあーなの?と素朴な疑問が・・・

2011-11-13 | いい映画観てますか?

=60 -10-】 前売り券を買っていたのに、先週は唯一の鑑賞のチャンスを強引に飲みに連れて行かれて潰してしまい、今週も観に行ける日がない、と困っていたが、昨日、波乗りから帰ってきた時間が、ちょうどTOHOシネマズ伊丹の上映時間とぴったんこかんかんっ!
初めてイオンモール伊丹、そしてTOHOシネマズ伊丹に行ったけど、オープンした頃は周辺に大渋滞を勃発させていたことが思い出せない程に落ち込んでいる(映画館も土曜の夜やのにがらがら)・・・もっとがんばってくれ!

 清朝末期の中国。ホノルル留学中に近代思想を学んだ孫文は、衰退する祖国の現状を憂い、革命を志すが、武装蜂起に失敗して日本に亡命。そこで義に厚く実直な黄興や張振武と出会い、同志の絆を結ぶ。1908年に溥儀が宣統帝として即位すると、1911年に張振武らの指導によって武昌で武装蜂起が発生。やがて各地に飛び火し、全土規模の辛亥革命へと発展してゆく。黄興は、米国から帰国した孫文に合流。援軍として奮闘、軍司令官として孫文を支える。しかし、総督府の占拠に失敗すると、大勢の部下を失った上に黄興自身も負傷。悲しみに打ちのめされるが、献身的に彼を看病する女性、徐宗漢や同志たちの勇気ある行動に励まされ、再び立ち上がるのだった……。一方、滅び行く清朝内部でも虎視眈々と権力の座を狙う軍人の袁世凱や、隆裕皇太后がそれぞれの思惑を持って動いていた……。

 原題は「辛亥革命」、清朝が打倒され、古代より続いて来た君主政治を終わらせ、アジアでも初の共和制国家である中華民国が樹立した、あの中国の歴史には画期的な1911年の革命を描いている。
その革命から今年はちょうど100年、中東やアフリカで民主化を求めて独裁政権を倒すということが頻発していて、また「たった1パーセントの富裕層が残りの99パーセントを搾取している」と叫ぶ人々による抗議行動「ウォール街を占拠せよ」が展開され、その運動が世界的に拡大しているような今に、この映画だ。


 歴史の時間に学習した程度の知識しかない「辛亥革命」だが、本編上映前に日本語で背景を説明してくれるというご親切があったので、映画導入部への気合いを削がれてしまったが、しかし学生時代の歴史での学習をすっかり忘れている身としては助かった。
なんせこの革命で覚えている名前は「孫文」「袁世凱」「隆裕皇太后」「愛新覺羅溥儀」、といいながらラストエンペラーのイメージによる「満洲国皇帝時代の溥儀」とごっちゃになっていて自分の中では時代が錯綜していたことを確認、1911年のお話なのだとあらためて納得。
孫文役のウィンストン・チャオ、袁世凱のスン・チュンが歴史の教科書に出てくる写真そのもの、最近、こういうリアリティって皆さん追求しはるのね。
戦闘のシーンは、凄まじくてものすごく痛そう、こっちもリアルすぎて(いや、誇張しすぎかな)・・・。
2時間の尺で、革命の端緒となる1911年10月10日夜に発生した武昌起義から、1912年2月12日の宣統帝(溥儀)の退位までの期間をすっぽりと納めてしまうのは無理があるようで、人物の掘り下げが浅く、感情移入がし辛いし、おそらくジャッキー演じる張振武をもっともクローズアップしたいというのがねらいのはずだったのにそれがボケボケになっていた。
しかし、テンポの早い展開で、時々、チェンジアップも織り交ぜながらというのは逆に見やすかったとは言える。


 ジャッキー・チェンはこの映画が出演100本目だという(でも本人は正確かどうかわからないと言っていたそうだが)、ジャッキー・チェンって最近、自分の今までのキャラを封印するような役に積極的に取り組んでいるのかな?
でもどうもぎこちない、嫌いではないけど、もう少し自然にすればいいのに、1回だけくすっと笑えるジャッキーがいたし、1回だけジャッキーらしいアクションがあった、でもあとは至ってまじめで見ている方としてなんかジャッキーがかわいそう(笑)
ジャッキーらしいジャッキーはもうすぐ公開の少林寺の方で楽しむか。

 辛亥革命のスローガンは「駆除韃虜、恢復中華、建立民国、平均地権(打倒清朝、回復中華、樹立民国、地権平等)」。
100年たった今、孫文が、あの革命の同志たちが目指したのは、まさか今の中国ではないだろうなと思う。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケツ穴スプリングでもへっち... | トップ | 1991年11月の波乗り日記 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今の中国 (KGR)
2011-11-30 11:21:53
>目指したのは、まさか今の中国ではないだろう
同感です。

わざとだと思いますが、この映画では孫文と日本の関係が描かれてませんでした。
  もう少し (  KGRさんへ)
2011-11-30 19:34:45
  お勉強してから観ればよかったと思ったのは後の祭りでした(;^_^A アセアセ…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
1911 (だめ男のだめブログ)
「1911」 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン(黄興) リー・ビンビン(徐宗漢) ウィンストン・チャオ(孫文) ジョアン・チェン(隆裕皇太后) ジェイシー・チェン(張振武) フー・ゴー(林覚民) ニン・チン...
「1911」 (みんなシネマいいのに!)
 最初に言っておくと、ジョン・ベルーシが出演しているとか、スピルバーグの初黒星と
『1911』 (こねたみっくす)
革命、未だ成らず。 辛亥革命100周年に世界を見てきたジャッキー・チェン総監督の愛国心が中国の若者に語る、100年前の若者たちの熱き魂。 世界中の映画ファンよりも現代に生きる中 ...
劇場鑑賞「1911」 (日々“是”精進! ver.A)
革命とは・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111050002/ 辛亥革命100年と日本 posted with amazlet at 11.11.02 早稲田出版 売り上げランキング: 343909 Amazon.co.jp で詳細を見る
1911 (花ごよみ)
ジャッキー・チェンの映画出演、 100本目の記念作品。 1911年の辛亥革命からも、 丁度今年で100年。 映画は1911年、辛亥革命を経て、 清王朝から中華民国へと 移行する時代を描いています。 孫文の参謀を務める黄興を、 ジャッキー・チェンが演じます。 ジャッキーの....
2011年10月28日 『1911』 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『1911』 を試写会で鑑賞です。 昼間の仕事がハードだったので行けないと思いましたが 何とか早く終わってくれたので、行けましたが・・・ やっぱり、疲れてましたね。 映画もつまらないし、眠かった しかし、朝日ホールは久しぶりな気がしたな・・・やっぱ...
「1911」 ジャッキー・チェンの想い (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
『1911』 (だらだら無気力ブログ!)
歴史物が好きな自分としては楽しめたけど・・・。
革命には尊敬されるリーダーが必要。『1911』 (水曜日のシネマ日記)
中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命を描いた作品です。
1911 (悠雅的生活)
広州総督府。武昌。中華民国成立。
「1911」名もなき多くの犠牲の果てに中華民国を建国した辛亥革命の真実 (オールマイティにコメンテート)
「1911」は中国清王朝末期の中国を舞台に民衆を指揮する孫文の参謀である革命軍の黄興が植民地状態の中国を変えるべく打倒清王朝を掲げて中国に変革をもたらしていくストーリーであ ...
1911 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
時代のうねりの中で生き、散っていった男たちの物語「1911」。ジャッキー・チェンの記念すべき映画出演100作品目の超大作だ。1911年、中国。欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は ...
映画『1911』| 心の旗はたなびいているか。 (23:30の雑記帳)
最初のシーンから引き込まれました。 秋瑾(しゅうきん)という女性革命家が 市中引き回しの刑(?)に処せられています。 なんでも、この当時の中国には革命という概念さえ ...
『1911』 ('11初鑑賞154・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
1911 (to Heart)
1911年10月10日、辛亥革命。 歴史に残らなかった「命」の物語。 原題 辛亥革命/1911 製作年度 2011年 製作国・地域 中国 上映時間 122分 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン/リー・ビンビン/ウィンストン・チャオ/ジョアン・チェン/フー・ゴー/ジェイシー・チェ...
1911/ジャッキー・チェン、リー・ビンビン (カノンな日々)
ジャッキー・チェンの映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を投じられたという超大作映画です。中華民国建国のきっかけとなった1911年の辛亥革命前後を舞台に衰退する祖 ...
1911 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
私利私欲のない孫文の言葉に嘘はなく、若者たちがついていく理由がはっきりと描かれている。革命から100年経過しても大陸中国では理想が現実になっていないと考えるのは、深読みしすぎだろうか。日本との関係を描かないで欧米だけとの関係しか登場しないのは、中国国内へ...
1911 (そーれりぽーと)
ジャッキー・チェン出演作100作目の記念碑的な作品は、100年を記念して辛亥革命を真面目に描く渾身の一作。 ジャッキーの心が最大にこもった『1911』を観てきました。 ★★★★ 見所は皇太后の居る紫禁城から孫文が駆け回った諸外国まで激動の時代の中国を余すところ無く...
1911(字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【辛亥革命/1911】2011/11/05公開 中国 122分総監督:ジャッキー・チェン監督:チャン・リー出演:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン、ジェイシー・チェン、フー・ゴー、ニン・チン、スン・チュン、ジャン・ウー、ユィ・シャ...
1911 (LOVE Cinemas 調布)
辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文の右腕・黄興を演じる。共演にウィンストン・チャオ、ジ...
『1911』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「1911」□総監督 ジャッキー・チェン □監督 チャン・リー □キャスト ジャッキー・チェン、ジャン・ウー、ウィンストン・チャオ、リン・ポン、フー・ゴー      ジェイシー・チェン、リー・ビンビン、ユィ・シャオチュン、ジ...
1911☆1911年10月10日、辛亥革命。 (☆お気楽♪電影生活☆)
   歴史に残らなかった「命」の物語。
「1911」みた。 (たいむのひとりごと)
1911年の「辛亥革命」前後の激動の中国を描いた映画であり、ジャッキー・チェン映画出演100本目となる映画。中国史として辛亥革命や孫文・袁世凱のところは学校の授業で一度は習っており、少しは知っているつ
1911 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1911年の辛亥革命前後の中国を舞台に、孫文や黄興など革命を巡る人々の生き様を描く。ジャッキー・チェン(「新少林寺/SHAOLIN」)映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を ...
1911 (映画的・絵画的・音楽的)
 『1911』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画は、『桜田門外ノ変』と類似の歴史物だから、きっと同じ感じになるのではないか、と見る前から危惧していたものです。ただ、大層面白かった『孫文の義士団』の流れがあることや(その映画のラストに、孫文が登場します)、....
1911 (とりあえず、コメントです)
100年前に起きた辛亥革命を描いたジャッキー・チェン100作目の作品です。 最近、この時代の中国を描いた作品が多いなと思って気になっていました。 スクリーンに映し出された戦場の惨さと共に、 私利私欲に走る諸外国や有力者の横顔に何とも言えない気持ちになりました。 ...
1911 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年11月22日(火) 20:50~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ5 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『1911』公式サイト 中華民国建国の辛亥革命の話。 ジャッキー・チェンが総監督という渾身の力作なのだが、字幕での解説が多く、話の脚色がよ...
『1911』 世界同時公開にした裏事情? (映画のブログ)
 ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?  2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。  この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念となる出演映...
映画「1911」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/11/25、109シネマズ木場。 歴史物であり、史実に基づく展開のため、周知の物と考えます。 従いまして、細かいやり取りはともかく、時系列の展開は 最後まで書いていますので、いくら歴史ものとはいえ、 流れを知りたくないかたはご注意ください。 ....
[映画『1911』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆辛亥革命を『レッドクリフ』のノリで描いた作品である。  ・・・と、言いたいが、『レッドクリフ』には遠く及ばず、けれど、妥協なく作られていたので、部分的に光る箇所もあったかな。  ただ、刀剣から銃火器へ、覇道から政治思想へと映画的な装いが変わり、趣きが...
1911 (いやいやえん)
ジャッキー・チェンが100作品目に選んだという事で、かなり気合が入っているように思えます。現在の中国は、少なくとも孫文の目指した中国とはちょっと違うものに思える。そう考えると彼の革命の意義や結果には感慨
1911 (銀幕大帝α)
辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05) -総監督- ジャッキー・チェン -監督- チャン・リー -出演- *ジャッキー・チェン…黄興 過去出演作:『ラスト・ソルジャー』 *リー・ビンビン…徐宗漢 過去出演作:『ドラゴン・キ...