労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ブラインドネス プレオープンの西宮ガーデンズで観たよ

2008-11-23 | いい映画観てますか?
【42-20-】 当社にもいろんな影響がある西宮ガーデンズ、グランドオープンは11月26日(火)やけど、実は地域の人にだけこそっとお知らせして、11月21日(金)からプレオープンしているのです。というわけで、いったいぜんたいどうんな風になっているのか、見に行きがてら、同じく21日からプレオープンしているTOHOシネマズ西宮OSで映画を観てきた。とりあえずは労組書記長の職場点検の目線と、交通政策要求実現の目線で、現場である西宮ガーデンズをウロウロ。


 そんな厳しいおいらの目線がしっかり見つけたのは、「ホームベース」これ、どこにあるかは明かさないが、実は西宮ガーデンズが建つ前に存在した「阪急西宮スタジアム」のホームベースが在った場所を表しているのです。すごく見つけにくいところにあって、そして特にどこにあるかのアナウンスもないので、興味ある方は是非見つけてくださいTOHOシネマズ西宮OS、まだオープンしてないと思われているだろうからか、残念ながらスクリーン1で299+(2)の座席にもかかわらず、入場者は僅か10人。いくらプレオープンといいながらちょっと悲しい

 とある都会の街角。日本人の男が運転する車が交差点で立ち往生していた。突然目の前が真っ白になり、完全に視力を失っていたのだ。親切な男に助けられ家まで送り届けられるが、そのまま車を持ち去られてしまう。男は妻に付き添われ病院に。医者は、眼球に異常はなく原因はわからないと告げるが、各地では失明者が続出していた。車泥棒も、そして、診察した医者までも。驚異的なスピードで“ブラインドネス”は感染していった…。


 人間ってこんなに辛い思いしてまで生きなければいけないのか?いや、とにかく生きていれればこそ、いいこともあるんや、なのか?と悩まされた。淡々と、追い込まれてしまったパニック時の人間心理を描かれ過ぎた映画なので、恐くはないけど、怖い。この感染する病気って何なんだ?で、この病気に感染する人と感染しない人の差は何なんだ?感染しなかった人はどうなったんだ?感染は地球上のどこまで広がって、そしてどうなったんだ?そしてラストの・・・そんなことは気にする必要はない映画ってことは、あの施設に送り込まれたときにわかる。そんなストーリー性とか科学的な根拠とかの辻褄が必要な映画ではない。エンドロールで、撮影クルーが複雑な編成になっていることを知って、そういえばって思ったこともある。この映画は、人間模様を描いたパニック映画なんだ。映画予告編を見ている限りではこんな映画だとはちっとも想像しなかった。で、普通ならあんな予告編なら絶対に観に行かないタイプの映画やけど、たまたまTOHO西宮OSオープンのおかげで観てしまった。でも、観といて良かった。




ジュリアン・ムーアやマーク・ラファロ、ガエル・ガルシア・ベルナルという世界的なすごい俳優の中で素晴らしい演技をしている。一番最初に感染する男と、その妻。二人のキャラ設定と背景が、おそらくかなり成功している日本人夫婦なんだろうけどちっとも解らないようにしてあって、英語のセリフと夫婦間の日本語のセリフの振り分け方が、ものすごく繊細で、たいへん引き込まれた。そして今では絶滅危惧種的な日本人的倫理観が垣間見させるあの演技、胸が打たれた。純真なアメリカ人と精神的や人種的にはアメリカ人ではないのであろうアメリカ人の問題と、同じ有色人種でありながら同じではないアフリカンアメリカンとヒスパニック、もっと言えば黄色も絡んで、さらに人種に絡んだ富める者と富めない者の経済格差に・・・


 一方ではダニー・グローヴァー 、一方ではガエル・ガルシア・ベルナル、もう一方では伊勢谷友介と木村佳乃が、その重い役どころを演じてくれていた。そしてそのすべてを、ジュリアン・ムーアとマーク・ラファロの心のやり取りで受け止めてくれていた。伊勢谷友介と木村佳乃の英語がものすごく上手くて、「」やったけど、後で知ったが、伊勢谷友介はニューヨーク大学に行っていたことがあって、木村佳乃は中学時代をニューヨークで過ごした帰国子女らしい。どおりで

 およそ出来れば目を塞ぎたくなるような、汚・醜・酷・臭・澱・腐というシーンはあからさまに強調しては描かれていません。しかしブラインドネス的な表現で描かれてはいるので、目ではそれほど見せてはいないのに、五感では感じさせられる。それが最後の最後まで辛かったのやけど・・・でも・・・充分に心から受け入れられるラストだった、映画はこうでなくっちゃ


 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の海やのに裏目裏目の鳥取 | トップ | この歳でこの写真を残せた幸せ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たいぞ~~ (ami)
2008-11-24 14:20:59
ちょっと~~コメンテーターが凄くて、引き込まれましたよ!!
今日は波乗り諦めて、映画でも行くかなぁ
  恥ずかしい! (  amiさんへ)
2008-11-24 19:19:41
  いつも酔っぱらってブログの記事をアップしたとき
  次の日に読んだら「恥ずかしい!」ってことが多くて・・・
  で、今日もそう思って、昨日の記事を書き直したら
  ちょうどその時に、amiさんのコメントが入ったやんか!(T.T)

  少し書き直したので良かったら、もう一度読んで・・・\(__ ) ハンセィ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブラインドネス (悠雅的生活)
見えない時、見えてくるもの。
ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...
ブラインドネス (eclipse的な独り言)
 どこまで深読みすればよいのか・・・悩まされる映画でした。(11月23日 清水M
ブラインドネス - BLINDNESS - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく公開初日に、ブラインドネスを観てきました。 観るまでは、たまたま予告編でやっていた「感染列島」のようなパニック映画だろう...
ブラインドネス (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」、フェルナンド・メイレレス監督。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー。何か頭と尾は立派だが、中身...
[映画『ブラインドネス』を観た(パワフル!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、  いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。  『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる...
「ブラインドネス」 豊かさと倫理 (はらやんの映画徒然草)
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
映画レビュー「ブラインドネス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
公式サイト◆プチレビュー◆謎の病の発生により人間の本性がむき出しになる心理パニック・サスペンス。メイレレスの手腕が見事。 【90点】  街角で若い男性が突然視力を失う。それから各地で失明者が続出し、白い闇の病“ブラインドネス”は驚異的なスピードで拡大し...
ブラインドネス◆「盲目」を通してえがく極限の寓話 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ブラインドネス」 (2008年・日本・ブラジル・カナダ) 視界を覆う白い闇。都会の真ん中で突如はじまる視覚の異変にとまどう人々。眼球にも視神経にも異常は見られず、失明の原因は不明。ほんの数分間の接触でも感染するこの謎の奇病は、次々と人々の視力を...
ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ...
『ブラインドネス』・・・全世界失明の先にあるもの (SOARのパストラーレ♪)
深く、そして重い作品だった。当たり前だと思っている人間社会のモラルや秩序が、目が見えなくなることであっけなく崩壊していく様が怖い。
ブラインドネス (こういちの出来事)
ブラインドネス プレオープンの西宮ガーデンズで観たよ ... 驚異的なスピード...
ブラインドネス (へでいくっ!)
お互い見えない同士のセックスって、想像力膨らんで、けっこう燃えそう・・・ ぁ 失礼。映画の中でそういうシーンがあるんです。 極限の中で問われる人間性。あなたは自分の倫理観に自信が持てますか?そんな映画です。 自分だけ目が見えるなら・・・ 悪いこ...
ブラインドネス (だらだら無気力ブログ)
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を映画化した パニックサスペンス。ある日、車を運転中の日本人の男性が突然、目の前が真っ白になり視力を 失う事態に見舞われる。男性は眼科で検査を受けるも原因は不明。 しかし彼に接触した人間も同様の症状に見舞...
『ブラインドネス』 (試写会帰りに)
追いつめられた先にある、希望の光りはとても力強くまぶしい。 人間の暗部、汚いところを徹底的に描く事で、逆に、生きる事、人間の素晴らしさをあぶりださせるよう。映画的な感動、興奮があり、スクリーンに身を委ねる幸福を感じる121分。『ブラインドネス』(『BLINDNES...
【映画評】ブラインドネス (未完の映画評)
「白い闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。
「ブラインドネス」 (かいコ。の気ままに生活)
視界が真っ白になる伝染病がまん延する心理サスペンス。「ブラインドネス」公式サイト「全世界、失明。」「誰もが見えないのになぜ私だけ見えるのか」の予告でちょっと興味もって観にいったんですケド・・想像してたのと違いました。全員が失明する極限状態の人間がどうす...
ブラインドネス(映画館) (ひるめし。)
全世界、失明。
★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制...
ブラインドネス を観ました。 (My Favorite Things)
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
「ブラインドネス」貧困と暴力そして希望 (再出発日記)
(ちょっと粗筋)ひとりの男が失明した。突然目の前が真っ白になり、視力を完全に奪われたのだ。そして、それは悪夢の始まりだった。世界各地で同時発生した“白い病”は、爆発的な伝染力を持っていた。原因不明、治療法もない。これ以上の混乱を恐れた政府は、失明患者の強...
【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...