労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ 泣いてしまうのはわかっていたけど・・・

2010-10-13 | いい映画観てますか?

=45 -13-】 自分の立ち位置がよーわからん、そのうち落ち着くのかな?少なくとも、週末の休みは激減しそうだ、でも違った休暇の取り方はさせてもらおう、水平飛行に入ったら・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ま、自分のことはまあよいとして、映画の話だ。

 F1ドライバーとして3度のワールドチャンピオンを獲得し、世界の頂点に登り詰めたアイルトン・セナ。1960年3月21日、サンパウロで生まれたセナは、4歳にしてカートに夢中になり、プロレーサーを志す。トールマンからカーレース最高峰のF1デビュー。その後ロータス、マクラーレン、ウィリアムズへと至る名門チームでの変遷を大迫力のレース映像やプライベート映像で振り返る。また、その華々しい経歴の陰で、チームメイト、アラン・プロストとの確執やFISA会長バレストルの政治的圧力に苦悩する日々を、自身のインタビュー、マクラーレンチーム監督ロン・デニス、アラン・プロストを始めとするレース関係者、家族、恋人の証言をもとに浮き彫りにしていく。そして、運命の1994年5月2日~イモラサーキット・タンブレロコーナーで、セナは34年という短い人生に終焉を迎える。少年の頃の夢を忘れなかった世紀のカリスマ・ドライバーは、音速の世界でひとり、自らの命を犠牲にしてまで何を追い続けていたのか?今、その全てが明らかになる!


 1976年、エキビジションだけど日本に初めてF-1がやってきた、一気に自分の中でF-1ブーム!!フェラーリ312T、マクラーレンM23、そしてあの6輪のティレルP34、プラモデルを買って一生懸命作ったよ。1977年、日本の富士スピードウェイでGPが開催された、ジェームス・ハント、ロニー・ピーターソン、パトリック・デパイユ、マリオ・アンドレッティ、ジョン・ワトソン、イアン・シェクター、ニキ・ラウダ、カルロス・ロイテマン、ジル・ヴィルヌーヴ、リカルド・パトレーゼ、アラン・ジョーンズ、ジョディ・シェクター、ジャッキー・イクス、ジャン=ピエール・ジャリエ、エマーソン・フィッティパルディなどなど、日本からはティレル007という超旧車で高橋国光が、コジマレーシングのKE009で高原敬武と星野一義がスポット参戦した。この年はウォルター・ウルフ・レーシングがかっこよかったなあ。タバコメーカーが栄華を競った頃でもある、JPK、マルボロ、ジタンが跋扈してた。少年サンデーで連載された村上もとかの「赤いペガサス」もこの頃だろう(今でも全冊持っている!)この後はテレビ中継はなく、深夜のダイジェスト版放映のみ、情報は専らオートスポーツという雑誌からのみだったが、それでも貪り読んでいた。しかし、大好きだったロニーピーターソンが1978年のイタリアグランプリでスタート直後の多重クラッシュで死亡したことで、なぜだか急にF-1ni対する興味が一気に失せた。


 アイルトン・セナ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日生)は、デビューした頃は知らないが、1987年にロータスがホンダエンジンを手に入れたこと、日本人初のF-1フル参戦の中島悟のチームメイトであったこと、そして再び日本でF-1中継が始まったこと(しかも全戦!)ということで、日本で再びF-1が大ブームに入った。自分も再び、自然と引き込まれていった。ちょうど日本はバブル経済まっただ中、ペイトンプレース、フットワーク、レイトンハウスなど日本のバブルマネーがF-1サーカスに流れ込みだしたのもこの頃か?1988年は、セナとチームメイトになったプロストの熾烈なバトルが話題を呼んで、F-1は絶世期に入っていく幕開けの時代だった。史上最速のF1ドライバー、史上最高のF1ドライバーと呼ばれたセナ、この後も様々なドラマを残し続けているが、天才故に大勢に迎合できない、誤解を生む、そしてやはりプロストとの確執・・・なんとなく「悲劇なヒーロー」的なイメージがつきまとうようになっていたという印象が強かった。それでもこの頃のF-1はほんとうに様々なドラマがあってほんとうに楽しかった、世界最高峰のマシンを使ったスポーツのはずなんだが、まさにガチンコでドロドロの人と人の闘いだった。しかし1992年、F-1の世界が劇的に変わってしまった年だった、一気に興醒めしてしまった年だった。その後、自分にとってはたまたま日曜の深夜にテレビを付けたら中継されていたので片手間に見るという感じ程度。そうこうしていたら、1994年5月1日、イモラ・サーキットのタンブレロコーナーでクラッシュ。自分にとってのF-1は、もう完全に終わってしまった。


 この映画で、ぜんぶ思い出した。この映画の感想を書くようなことは、自分には無理なようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高年齢求職者給付金とは(自... | トップ | SURF TECH BYRNE TC 6\'0 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
泣いた(>ω<、) (ヨッシー)
2010-10-13 11:03:45
セナがマクラーレンに乗ってた頃にF-1にハマって鈴鹿に2度ほど見に行った。
確か中嶋サトルが引退した年であの頃のF-1は楽しかったぁ。
セナはカッコ良かったしネ(*^m^*)

セナが亡くなった時は大泣きして私のF-1も終わりました。(>ω<、)
Unknown (パパ)
2010-10-13 13:07:06
セナと親が名付けていると
F1のファンが多いね
当時友達(高校時代)から
セナの写真(L判)を
1,000円で買わされた記憶が蘇った…
  そうならば (  ヨッシーへ)
2010-10-13 23:56:33
  この映画はあえて見ることはないと思う。

  MJの映画とは違うねん。

  
  見る? (  パパへ)
2010-10-13 23:57:34
  見て、このスポーツのこと、悩む。
ですよねえ (sakurai)
2011-01-12 10:16:20
そう。。。その通り。
何も言えない。。。だけど、あの頃のことが鮮明に蘇りました。
それぞれの人の人生と、リンクしちゃうんですよね。
最期は知っていたのに思わず声が出てしまいました。
周りの方々、ごめんなさい。

息子にセナ太郎・・・と言う説もあったのでした・・・。
  哀悼のための映画だったのでしょうか (  sakuraiさんへ)
2011-01-12 19:08:29
  しかし、セナ太郎ってのは!!( ̄ω ̄;)エートォ...

  旦那がやばいのか!sakuraiさんがやばいのか!
  山形ではそんな命名が普通なのですか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (LOVE Cinemas 調布)
1994年、レース中に事故死したF1ドライバー、アイルトン・セナの生誕50年記念作品。彼のF1人生を振り返るドキュメンタリーだ。純粋に速さを競い合うことを望んだセナとF1にはびこる政治の問題。そんな中でも3度のワールドチャンピオンを獲得した彼の心の葛藤...
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
不世出の天才レーサー、アイルトン・セナの生誕50年記念作品のドキュメンタリーには、政治色が強いF1という過酷な世界で戦ったセナの苦悩が色濃く出ている。モータースポーツF1に多くのファンを誘ったのが、天性のドライビング・テクニックと甘いマスクで人気を博した...
アイルトン・セナ音速の彼方へ (美貌録(備忘録))
アイルトン・セナ音速の彼方へ セナが全盛のころF1に対し然程興味を持っていなかったためテレビ観戦も含めサーキットへも足を運んだことはない。それでも、セナがレース中亡くなったことやプロスト、バリチェロの名前は知っている。アラン・プロストとも確執も。 ...
★アイルトン・セナ ~音速の彼方へ(2010)★ (CinemaCollection)
SENNAアイルトン・セナ財団公認 生誕50年記念作品上映時間108分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2010/10/08ジャンルドキュメンタリー/スポーツ34歳の若さで突如...
映画「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』を、本日初日にて鑑賞。レディースデイのためか、午前中初回のためか、観客は少なめの30名程度で、殆どがオジサンでした。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら60点。ただ、本作には資料的な価値もあるので、...
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」監督:アシフ・カパディア出演:アイルトン・セナほか配給:東宝東和概要:1960年、サンパウロに生まれたアイルトン・セナは1984年にF1デビューを果...
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ / SENNA (勝手に映画評)
1994年5月1日のF1サンマリノGP決勝で事故死した、アイルトン・セナに関するドキュメント映画。今日から開催予定だった、F1日本GPに合わせ全世界最速で日本で公開。もっとも、雨のため、今日予定されていたF1日本GPの予選は順延。明日、予選と決勝を一日で行う予定です。
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 あの日以来、F1の安全基準が見直される。
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (とりあえず、コメントです)
1994年、突然に事故で他界したF1ドライバー、アイルトン・セナの軌跡を追ったドキュメンタリーです。 モータースポーツには全く興味の無い私でも、セナの名は毎週のように聞いていて、事故のニュースを聞いた時はとてもショックでした。 そんな人気者だったセナがどんな...
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (to Heart)
製作国イギリス 上映時間 108分 監督アシフ・カパディア 1994年にレース中の事故で他界したF1ドライバー、アイルトン・セナの実像に迫るドキュメンタリー。天性のドライビング・テクニックと甘いマスクでファンを魅了し、その裏に秘めた闘志で数々の名...
アイルトン・セナ ~音速の彼方へ (迷宮映画館)
セナの人生と、あの頃が超リンク・・・。
アイルトン・セナ~音速の彼方へ/SENNA(映画/DVD Blu-ray) (映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評)
[アイルトン・セナ] ブログ村キーワード34歳の若さで突如この世を去った天才ドライバー その想いは、永遠に走り続けるアイルトン・セナ~音速の彼方へ(原題:SENNA)満足度:★★★ ...
「アイルトン・セナ〜音速の彼方へ」(2010年... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「アイルトン・セナ〜音速の彼方へ」(原題:Senna)は、2010年公開のイギリスのドキュメンタリー映画です。かつてのF1の名ドライバー、アイルトン・セナの生誕50年を記念して、慈善......