労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・

2012-10-16 | いい映画観てますか?

=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ
そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。

 米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理小説「モルグ街の殺人」を模した事件である事を見抜く。作者であるエドガー・アラン・ポーは数々の詩や小説で成功を収めたものの今では創作の筆は折れ、酒に溺れる日々を送っていた。ポーの作品を模倣した殺人事件がさらに連続して発生し、最愛の恋人エミリーが誘拐されてしまう…。


 この映画は「憧れと嫉妬はファン心理の裏表だ。新作を発表しない作家を挑発する小説模倣犯は殺人に取り憑かれ、自らの優位性を誇示し、憧れの作家を屈服させようとする。」という、かなり今っぽいかもしれない問題を舞台は19世紀にした映画。
というかこの映画の解説を先に読んでいたら、この映画に入り込んで観られただろうに。
しかしながら予備知識を持たないで観ていると、まったく推理に参加できないままに物語が進んでいく、取り残された感が強い映画だった。


 推理小説の創始者であり、詩人、批評家としても活躍した天才作家エドガー・アラン・ポーが40歳で謎の死を遂げるまでの最期の日々を、史実とフィクションを織り交ぜて極上のサスペンスに仕立てたという映画。
子供の頃に自分もポーの作品は何冊か読んだはずだけど、ちっとも覚えていない、その記憶があれば、また違った意味でこの映画を楽しめたのかも。
映像が衝撃的で斬新だし、物語もよく出来ているが、いかんせん取り残され感がありすぎたので、自分にとっての評価はかなり低くなってしまった。

 今年中にあと3本、TOHOシネマズで鑑賞すれば、3度目の「1か月フリーパスポート」をゲットできる予定、12月になる前後くらいにこの権利を行使するぞ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 働くってこと | トップ | アルゴ 前宣伝の印象としてはコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
推理作家ポー 最期の5日間 (佐藤秀の徒然幻視録)
犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Raven [Blu-ray] [Import]クチコミを見る推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特のダークな雰囲気を醸 ...
Nevermore (MESCALINE DRIVE)
有楽町はよみうりホールにて「推理作家ポー 最期の5日間」の試写会があり、これに足を運んだ。 本作の主人公はエドガー・アラン・ポー。怪奇幻想文学の歴史を繙くと、特にミステリ史においてその名は燦然と輝く。 謎解きそのものを物語の主題に据えた作品を物した革命家...
「推理作家ポー 最期の5日間」みた。 (たいむのひとりごと)
世界初の推理作家:エドガー・アラン・ポーの、謎に包まれた最期の日々を描いたミステリー・サスペンス。江戸川乱歩はいくつか読んだが、本家本元のポーの作品は実は全く読んだことが無い。オリジナルを知らないので
映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ...
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督:ジェームズ・マクティーグ◆ジョン・キューザック(エドガー...
推理作家ポー 最期の5日間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (いい加減社長の映画日記)
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク...
推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック (カノンな日々)
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ...
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
推理作家ポー 最期の5日間 (心のままに映画の風景)
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
推理作家ポー 最期の5日間☆偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…? (☆お気楽♪電影生活☆)
THE ONLY ONE WHO CAN STOP A SERIAL KILLER       IS THE MAN WHO INSPIRED HIM.
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...