労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ

2012-09-20 | いい映画観てますか?

=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v

 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採用”の証明書3枚で支給される失業手当。しかし、なぜかドリスは“採用”となり、周囲の反対をよそにフィリップの介護をする事になる。フィリップを障害者扱いせず、お気楽でマイペースなドリスに、次第にフィリップとその周囲の人々も心を開いていく。


 雇われる方のドリスがほんまにいい奴で、裏表はあるようでない、ないようである、たぶん賢くは無いのだろうけど(失礼)、たいへんなバランス感覚の持ち主。
一方、雇う側のフィリップは、たいへん柔軟な人で、こちらもほんとにいい奴、たぶんかなり賢いのだろうけど、しかしバランス感覚がちょっと悪い大人。
どう考えたって噛み合っていないのだけど、この微妙に大きな相違点が、良いベクトルとなって、お互いの運気が上がっていく。
そしてお互い切っても切れない深い深い友情を育んでいくという、たいへん素敵なお話し。
これが実話だなんて、世の中、捨てたもんじゃない。


 フランス語の原題は「Intouchables」、おそらく英語ならUntouchables、名詞の場合「社会ののけ者」となる、この映画の底流に流れているテーマ、ストーリーが進むにつれ明らかなになる過去などを考えれば、この原題は深い。
しかし邦題である「最強のふたり」というのもこの映画のことをよく表していて、それはそれでいい(そのまま日本語日本語に訳して「社会ののけ者」にしちゃうと変な問題が起こりそうだし)。
お涙頂戴的な描き方をせずに、かなりコメディタッチに描かれていて、逆にしっとりとした映画になっていた、フランス映画ってこういうとこが素敵。
思いっ切り泣いてやろうと気構えてみたのだけど、その点は肩すかし、しかし観といて良かった。

 友情ってのはひょんなとこから始まるのだ、これは自分はほんと実感している。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「送別会」にはしないでね!Vol.2 | トップ | 試雇期間(試用期間) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (こに)
2012-09-20 15:43:29
トラバありがとうございました。
ドリス、生い立ちからすれば相当捻くれたヤツになりそうですが、親や兄弟思いで素直で正直なイイヤツでした。
鑑賞後、気持ちが明るくなる素敵な作品でしたね。
なかなかなフランス映画 (iina)
2012-09-21 12:23:27
なかなか結構なお点前でした。
ひと時代前のフランス映画の犯罪映画は、見応えがありました。最近は配給料が高くて手が出せぬと耳にした気が
しますが、面白くてためになる映画でした。
TBに限らず、コメントにもおこしください。
  こちらこそありがとうございます (  こにさんへ)
2012-09-21 14:53:26
  ドリス、過去にはいろいろなことがあったのでしょうね。
  フィリップに知り合って彼の人生もいい方向に転がり出したのでしょう。
  ほんとうに心が明るくなる映画でした。
  結構なお点前でした!! (  iinaさんへ)
2012-09-21 14:55:13
  いろいろな意味でいろいろなことを学ばせてくれる映画です。
  しかし深刻にはならずに軽いタッチで、というのが見事!
TBを・・・ (Julien(徒然草))
2012-09-21 17:30:12
有難うございます。
ヒューマンドラマでいい作品でしたが、御涙までは無理でした。
ちょっと、ドラマが明るすぎて、その軽さが逆にユニークでよかったのかもしれません。
本当は、かなり深刻なテーマを内包しているのに。
でも、世の中、あんなふうだといいのでしょうが・・・。

TB有難うございました。 (寝湖世)
2012-09-26 18:24:37
“Untouchable”には『社会ののけ者』の他に、
『無敵の』って意味もあるようなので、
両方の意味なのではないですかね。

「気持ちのイイ映画」でしたよねぇ。
  涙はなかったですが (  Julien(徒然草)さんへ)
2012-09-28 09:35:09
  逆にその効果で、感動が深まりました。
  自分自身、いろいろと考えられました。
  気を遣っていることがダメなんだ。
  無敵の (  寝湖世さんへ)
2012-09-28 09:36:23
  そうなのですか!
  それでは、きっと両方の意味合いが含まれてますね。
  ほんとうに気持ちのいい映画でした!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でした おかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった 【ストーリー】  不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フ...
最強のふたり・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
映画・最強のふたり (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で....
最強のふたり (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ 車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを描いていく とってもいい作品でした〜〜〜観に行っ...
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情も、たまには良いもんだ。
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
『最強のふたり』試写 (Nice One!! @goo)
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ....
最強のふたり (映画と本の『たんぽぽ館』)
彼だけが私に同情しなかった                      * * * * * * * * *  首から下が麻痺して全く動かないという身体障害者のストーリー ・・・と聞くとちょっと構えてしまうものですが、 このストーリー、実話を元にしていなが...
最強のふたり (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月15日(土) 19:25〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での雪合戦での「投げ返してこいよ!」と、「これ...
最強のふたり (to Heart)
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い....
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました〜)
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
「最強のふたり」心はひとつ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ (西京極 紫の館)
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
無敵〜『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
★最強のふたり(2011)★ (Cinema Collection 2)
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン....
最強のふたり (新・映画鑑賞★日記・・・)
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト....
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES (銅版画制作の日々)
さぁ、人生に繰り出そう。 好き度:+5点=85点 大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。 てっきり大感動ものでお涙ちょうだいのようなものを期待していた私、ちょいと肩透しを喰らってしまいま....
「最強のふたり」 (Con Gas, Sin Hielo)
行き詰ったら空気を入れ替えよう。 とことんさわやかなドラマだ。 首から下が完全に麻痺して動けない富豪のフィリップと、貧民街の生活に浸り切って失業手当で食いつなぐしかできないドリス。 冷静に二人の環境を見つめれば深刻なことだらけなのに、二人が触れ合った....
最強のふたり (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
最強のふたり (とりあえず、コメントです)
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
『最強のふたり』 (ラムの大通り)
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”とい...
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
最強のふたり/フランソワ・クリュゼ (カノンな日々)
フランスをはじめ世界各国で大ヒットを記録したという実話に基づいて描かれた感動のヒューマンドラマです。感動するかどうかは実際に観てみなければわからないことですけど、私は ...
最強のふたり (はるみのひとり言)
公開中の「最強のふたり」見て来ました。パラグライダー事故で首から下が麻痺してしまった大金持ちのフィリップは新しい介護者を雇うため面接中。そこに来てたスラム出身の黒人青年ドリスは、失業手当をもらうための不採用通知が目当てで面接に来ていたが、フィリップは彼...
"INTOUCHABLES"(2011) (Right on!)
 最強のふたりcast >> Francois Cluzet, Omar Sy, Anne Le Ny, Audrey Fleurot, Clotilde Mollet, Alba Gaia Kraghede Bellugi, Cyril Mendy, Christian Ameri, Gregoire Oestermann, Josephine de Meaux, Dominique Daguier, Francois Caron, Thomas Soli...
最強のふたり (映画) (をとなの映画桟敷席 〜ほぼ毎日が映画館)
映画「最強のふたり」 なかなか痛快でハートウォーミングな映画です。本作に出てくる主人公2名は、片や大金持ちだけど半身不随の障がい者、片やスラム育ちで定職のない黒人青年と、これだけ聞くと「最強」どころか不幸なふたりを想像してしまいます。 それがなぜ「最強....
最強のふたり (シネマ日記)
公開前から話題になっていた作品でしたので、気になって見に行きました。話題になっているとは言えここまでの人気とは思わなかったのですが、大阪の大きな劇場がいっぱいになるほどの動員数でした。パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪フィリップフラ...
「最強のふたり」を観てきましたぁ! (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
マイレッジがたまってたので、評判のイイ「最強のふたり」 (← 公式HP)を観てきた。8月に、「プロメテウス」でも観ようか・・・と思っていたんだけれど、スルーしといて良かったぁ〜。フランス映画を観るのは、いつ以来だろ・・・「あ面倒くさっ」な仏映画(嫌い...
フランス映画「最強のふたり」、障碍者と黒人との強烈なタッグマッチ。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 冒頭ドライブのシーン、次々と車を追い越していき、カーチェイスの趣。後ろからはパトカーが。そして捕まる。だが、身体障碍者を乗せていたので急いでいたのだと言い訳。パトカー先導で病院まで、堂々と走り抜ける。 だが、実際は乗っていた障碍者...
映画『最強のふたり』 (Michael Jackson 笑顔に逢えたなら。。)
劇場を出た後とにもう一回観ようかなって思うぐらいいい映画でした!観て良かった 実話をもとに描かれています。 【ストーリー】不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒...
「最強のふたり」 (セレンディピティ ダイアリー)
2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc
歌うことで (笑う社会人の生活)
ドラマ「glee」シーズン1を見ました。 Eテレにて 土曜11時にやってました 話題作でもあり、全米の人気もすごいということで 期待もありながら、ミュージカル的ということもあり・・・ どうなのかなぁと思ってましたが 面白かった! これは、人気がでるのもわかるなぁと...
『最強のふたり』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
最強のふたり(2011年フランス) (恋染紅葉)
事故で首から下が麻痺した富豪のフィリップと、介護人として雇われた黒人青年ドリスの交流を、実話を元に描かれた作品。 失業保険を貰うためだけに面接に訪れたドリスだが、意外にも介護人に採用されてしまう。 粗野な感じのドリスだが、実は根はやさしく、本音で付き合...
映画『最強のふたり』 (健康への長い道)
 フランスでは国民の3人に1人が観た(ただし、のべ動員数/国民の実数)というヒット作・・・とか、「生涯最高の映画に出会う」とか、とにかく良い映画、感動作ですよ〜と宣伝されている作品です。  劇場は、「新宿武蔵野館」。東京に来て初めてのミニ・シアターです。...
〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 (Healing )
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッドリ...
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね〜 あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (悠雅的生活)
先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
『最強のふたり』は、やはり最強だった! (コナのシネマ・ホリデー)
公開前は観に行く気満々だったのに、公開が始まるとやっぱりパスしようかなと思いはじめ、10月に入ってもまだ公開中だと気づいて、結局観てしまった作品。最強たるゆえんは
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (映画に耽溺)
「わ〜観れたの〜ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あった?」 あったあった!!! あったよ〜〜う。 腑に落ちた感あったさ〜〜〜。 誘惑光線ビシバシだったこの映画。 よし観ようと思った時には既に上映していなくて がっかり。 地方ってさミニシアタ...
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」