労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

SP 革命篇 腐った奴ら…か…

2011-03-15 | いい映画観てますか?
=16 -3-】 今はとりあえずテレビ局が(ラジオではなくて)輪番制で取材・放送して、当番以外は「ただいまの時間は○チャンネルで」ってテロップだけ流した方が、かなり大きな節電になるのではないかな?ちょっと過剰に、酷く無駄に垂れ流しとしか思えないような情報が多いような気がする。
 垂れ流しといえば、そもそもブログってのは個人的な日記をネット上で展開しているというものだけど、ネットで情報を公開している限り、やはり責任は一定伴っているとは思っている。だから、現在のこの状況の中、ブログに好き勝手に書いていいこととダメなことの境目が、自分はそろそろわからなくなりつつある。こんなブログにもどっかに読者が居て、「元気を貰ってます」なんてな人がいるのかどうかわからんけど、もしかして自分のせいで気を悪くする人が多くなるような状況だとしたら、ちょっといけない。とつぜん、公開をやめたら、その辺の葛藤だと思ってね。ぎりぎりまであえて今まで通りに垂れ流すけど。


 テロリストとの死闘から2ヶ月。負傷から回復した警視庁警護課第4係のメンバーは、要人警護の通常任務に戻っていた。それぞれの警護対象者の車に乗り込んだ彼らは、麻田内閣不信任案の採決が行われる国会議事堂に集まる。国会議員たちが次々と衆議院棟・本会議場に着席していく中、来るべき事態をかすかに感知しはじめる井上。そして麻田内閣の行く末をマスコミが注視する中、いよいよ本会議がスタートする。だがその一方で、衆議院議員会館に人知れずテロリスト集団が到着していた…。


 これまでの伏線が全部吹っ飛んじゃった、公開前にテレビで放送された特番とこの「革命篇」だけで充分やん!ってちょっとむかついた。しかもまだこの続きがあるのかもという振りまであって…。ここまでやっちゃうとちょっと「フジテレビ、厚かましすぎるのではないか?」って思ってしまう。そして前半はまさに息つく暇もないアクションや展開で、手に汗握って、切れ目切れ目で止めてた息を一気に吐き出すことの連続だったのに、後半は銃声で時々びっくりする以外はなんかダラダラやし~で、ご都合もよいシーンが多くなり~って思っていたら、映画の出演者までもあっちゃこっちゃで欠伸しながら退屈しちゃってた~バカウケ~。


 「腐った奴ら」の利権の代表選手的な象徴である「原子力発電」の、これまでいけしゃあしゃあと垂れ流してきた「安全神話」が一気に崩壊している。その利権にたかりまくっていた政権が、そんな利権から引き剥がされてしまった今、「焼き肉屋のおばちゃん」の個人献金を「政治と金」だと言って追求していたけど。SP 革命篇、自分はもうちょっと違う感じで期待していたけれど、まるで期待していたはずの新しい政権の様に、「おや~?」ってなってるのも皮肉なもんだなあ。国民まで巻き込んでのガラガラポンでは困るんだな、なんとか早急に自省して自重して自転してくれなあかんし。あぁぁ・・・そんなこと書いていたら福島第1原発の2号機がまたヤバイ状況になっているよ、今から寝るけど、朝起きたら、メルトダウン起こしていたりしたらどうしよう・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わざわざ帰宅難民になってしまわ... | トップ | 1994年3月の波乗り日記 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みぃねぇ)
2011-03-15 17:00:51
ひさぴさん、本当に痛ましい事になってしまいましたね。。。
地震・津波・原発と次から次へと。。。
比べるのも変な話ですが、神戸の震災とは比べものにならない位の規模ですね。
だけど、だけど、私も神戸の時に家が潰れて、仕事も失いました。でも、今も生きています!
だから今は絶望の中に居る東北の人達が、少しでも早く前を見れる状態になる事を祈っています。

当事者でない私達は、本当に今は祈る気持ちと寄付以外、何にも出来る事が無い状態です。
無理に何かをしようとするとかえって迷惑掛けたりするんで私達は普段通りの生活を送っていればいいと思います。
だから、ブログも普通でいいんじゃあないでしょうか?私はそう思います。
「不謹慎だ!」と言う人も居るかと思いますが、そんな事思うのは被災していない人達だと思います。
事実、私自身が被災した時、遠くの人が何していようが気にする余裕さえなかったですもん。笑

現状を伝えるTVを見る事も情報源としては大切ですが、私はそれで何日も眠れなくなっています。
だから、ひさぴさんみたいに普通に書かれてるブログ見るとホッとします。

どこかに書いてあったのですが「自分の考えを強要せず、他人を批判せず、自分に出来る事を自分で考えるべき時」とあり私も共感しました。


最後になりましたが、S子ちゃんのウェディングパーティーではお疲れ様でした。
結婚式が地震の翌日になってしまって、S子ちゃんも可哀相だと思いましたが、たくさんの方々にお祝いして貰って幸せ者ですね♪
私も早く後に続きたいです。。。笑
  比べるのは変やねんけど (  みぃねぇへ)
2011-03-16 00:09:43
  阪神大震災の時には我が家も酷い目にあったと思っていて
  でも、もっともっと酷い目にあった人たちがたくさんいた。
  比べるのはほんと変なんだけど、でも、我が家族もそれはそれは怖い目にあったのだ。
  でも、やっぱりそれは比べるようなものではないねんね。

  とにかく早くみなさんが日常を取り戻せますように!

  なんだか急に、かりゆし58の「さよなら」の歌詞を思い出しちゃった。
  (♪命は始まった時からゆっくり終わっていくなんて信じない
   ぼくが生きる今日は もっと生きたかった誰かの明日かも知れないから♪)

  S子はほんとうに幸せそうだったよ、安心して。

>私も早く後に続きたいです。。。笑

  う~ん、俺が役に立たなくてごめんね!m(o・ω・o)m
  
ひっかかる言葉 (moter99)
2011-03-17 17:22:03
 「腐った奴ら」の利権の代表選手的な象徴である「原子力発電」の、これまでいけしゃあしゃあと垂れ流してきた「安全神話」が一気に崩壊している。
その利権にたかりまくっていた政権が、そんな利権から引き剥がされてしまった今、「焼き肉屋のおばちゃん」の個人献金を「政治と金」だと言って追求していたけど。


福島原発が凄い地震津波の影響により発電施設の電気関係に不具合がでて結果ひどい大事故になりつつあります。
その事故の現場で放射能を恐れつつ決死の作業をしている東電関係者、自衛隊、警察関係者を見ていると、上記の言葉の中にいっかかるところが有ります。
決死の作業をしている人に対して、あまりに無神経では?原子力の安全神話を実際に守っていた人達にあまりに軽いお言葉と感じました
iaeaも人為的なミスは無いと発言していました。
映画を見てのお話なのでしょうが。
テレビでニュースを見ながら読んでいると心に引っかかる文章と感じました。過去の事を中傷するのはまだ早いのではないでしょうか?
と感じました。
  誤解を与えたようで、ごめんなさい (  moter99さんへ)
2011-03-17 18:32:05
  そもそも環太平洋の火山帯に位置し、地下にプレートがある、地震国日本に
  原子力発電所を建造してもいいのかどうか、そのことです。
  このブログでは、今まで一貫してそのことにかんして「日本には無理だ」と主張してきてました。
  まだ早いのではなく、ずっと言ってきました。
  http://blog.goo.ne.jp/hisap_surfrider/s/%B8%B6%C8%AF

  しかし日本では「危険は技術で封じ込めることが出来る」と喧伝されてきました。
  そのことです。
  
  ですから、決死の作業をしている人、原子力の安全神話を実際に守っていた人達に言っていることでは一切ありません。

  電力供給を考えたら、そんなことはとうてい無理なのは承知ですが
  でも本来なら、日本中の他の原子力発電所の操業も今すぐ止めるべき、がほんとうでしょう。
  今の時点では不可能ですが・・・
  
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 14:42:10
公開初日に3回観賞するほどのSP大ファンです。
ドラマの意味深なラストからようやく完結を
迎えましたが、まだ続いて欲しいという
願望がまだあります。
重厚な人間ドラマと邦画最高レベルの
華麗なアクションの融合でした。
あと何回観賞したら満足できるのか
分かりません(笑)
  公開初日に3回はすごい! (  シムウナさんへ)
2011-03-22 01:32:28
  なんとなくですが、きっとまだ続くでしょう!
  映画はここでいったん終えて、あらためてテレビでしょ!
  楽しみです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
SP 革命篇 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。波多野貴文監督、岡田准一、堤真一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、野間口徹、春田純一、平田敦子、堀部圭亮、古山憲太郎、伊達暁、入山法子、波岡 ...
SP 革命篇 (LOVE Cinemas 調布)
人気ドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版第2弾。サブタイトルの“革命篇”通り、いよいよ革命の火蓋が切って落とされる。当然ながら主演の岡田准一以下出演者・スタッフ共に前作“野望篇”と同じ。国会議事堂を占拠した尾形たちの目的は、“大...
映画『SP革命篇』 (健康への長い道)
 こんな日に娯楽映画を観に行くというのも気が咎めますが、もうお金も払っちゃったしなぁ(クレジット決済)・・・ということで、TOHOシネマズ梅田へ。遂にSPシリーズ閉幕です。 Story 官房長官を狙ったテロ事件から2ヵ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバ...
SP 革命篇 (だらだら無気力ブログ)
要人警護を任務とするSP達とSPで特殊な能力も持つ主人公の活躍を描い たテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の劇場版。 劇場版は2部作で、今作は後篇にあたる『革命篇』。 第四係係長・尾形の野望が明らかになった中、騒動に巻き込まれた主人公と 第四...
「SP The Motion Picture 革命篇」みた。 (たいむのひとりごと)
「こんな日に」という申し訳なさやもしもの不安感を持ちながらも、有り難いことに地震や津波の影響が少ない地域なのを良いことに、観てきてしまった。先週TVで「野望篇:特別版」と「革命先日(Episode?)
映画「SP THE MOTION PICTURE 革命篇」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「SP 革命篇」観に行ってきました。 フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版「SP THE MOTION PICTURE」2部作の後編に当たります。 全く予備知識がなかった前作の観賞時とは異なり、今回はテレビドラマ版のエピソード...
SP THE MOTION PICTURE 革命編 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月13日(日) 16:30~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1300円(有楽町の金券屋で前売を購入) パンフレット:未確認 『SP THE MOTION PICTURE 革命編』公式サイト
SP 革命篇 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
「大儀のために多少の犠牲は仕方ない」という尾形総一郎(堤真一)や伊達國雄(香川照之)の計画がいよいよ実行されて、井上薫(岡田准一)たちがそれを阻止するのが大筋だ。前編に比べると、やることが多いのでテンポよくお話が進む。衆議院占拠の手際のよさといい見応え...
SP 革命編 (うちらのひとりごと。)
※当ブログは基本的にネタバレありで書いてるので注意してください。 遂に最終章「SP 革命編」です。 が、その前に、3月5日に放送された「SP 革命前日」。 「四係の休日を描く」という触れ込みだったので、映画宣伝用の単なるオマケドラマくらいに思ってたんです。 と...
映画『SP 革命篇』 (午後に嵐。)
『SP 革命篇』オリジナル・サウンドトラック(2011/03/09)菅野祐悟(音楽)商品詳細を見る 井上、お前に俺が殺せるか? 映画『SP 革命篇』を見てきました。 以下、簡単にあらすじと感想などいってみます...
SP 革命篇 (シネマDVD・映画情報館)
SP 革命篇 官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務をこなしていたが、井上だけは尾形への不信感を募らせ、一人苦しんでいた……。一方、与党幹事長・伊達やキャリア官僚らと接触の陰が......
SP 革命篇 (映画情報良いとこ撮り!)
SP 革命篇 いよいよ、革命篇ですね。 さて、今回は、官房長官を狙ったテロ事件から2カ月経ち、井上は尾形に対してとある疑問を抱いていた。 裏では、なにやらいろいろな動きがったようだ。 そして、内閣の不信任案の採決のときに、尾形が行動に出る。 革命...
『SP 革命篇』  (京の昼寝~♪)
      □作品オフィシャルサイト 「SP 革命篇」 □監督 波多野貴文 □原案・脚本 金城一紀□キャスト 岡田准一、香川照之、真木よう子、堤 真一、松尾 諭、神尾 佑、山本 圭■鑑賞日 3月13日(日)■劇場 シネチッタ■cyazの...
映画:「SP 革命篇」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年3月17日(木)。 映画:「SP 革命篇」。 【監   督】波多野貴文 【原案・脚本】金城一紀 【 キャスト 】岡田准一 (井上薫)・堤真一 (尾形総一郎)・真木よう子 (笹本絵里)        松尾諭 (山本隆文)・神尾佑 (石田光男)・香川照...
劇場鑑賞「SPTHEMOTIONPICTURE革命篇」 (日々“是”精進!)
「SPTHEMOTIONPICTURE革命篇」を鑑賞してきましたシネコンが営業するとのことで、不謹慎かもしれないけど、観てきました。要人警護に当たるSPたちの活躍をV6の岡田准一主演で描き...
「SP 革命篇」 (大吉!)
<木曜日> (3月16日・TOHOシネマズ・15時45分~・2時間18分) 官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務をこなしていたが、井上だけは尾形への不信感を募らせ、一人苦しんでいた。国会の警...
No.245 SP 革命篇 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 岡田准一主演の人気ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」のシリーズ完結編となる劇場版第2作。官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。怪我も回復し通常業務に戻った ...
映画『SP 革命篇』  (よくばりアンテナ)
TVで放送した『革命前日』を見ておいて良かったわ~ そうでないと、この映画だけでは、なんで田中が頭に包帯巻いていたのかわからないし(^_^;) TVシリーズのラストからずいぶんと待たされた映画でしたけど...
『SP 革命篇』 早く逝くも悔いなし! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『SP 野望篇』の記事ではクルマのナンバーに意味があることを書いたが、『SP 革命篇』の公開1週間前にテレビ放映されたドラマスペシャル『SP 革命前日』には大ウケした。遂に、ナンバ...
「SP革命篇」見てきました! (+++turbo addiction+++)
SP「革命篇」見てきました! http://sp-movie.com/index.html 午前中の回を見に行ったけど、意外と混んでた・・・。 (*゜Д゜) まぁ、計画停電もあったし、映画館が開いてるのも久しぶりだったからかもしれないけどね・・・・。
SP 革命篇 (勝手に映画評)
2010年10月公開の『SP 野望篇』の完結編。3.11(東北地方太平洋沖地震)の影響で、3/12 or 3/13に映画館は営業中止。一週間経ち、計画停電が行われる可能性があるので、営業時間が短縮される中、凸してきました。 当然、“野望篇”からの続きです。野望篇では、笹本・...
[SP] 映画 「SP(エスピー) 革命篇」 観てきたー!感想 (THE有頂天ブログ)
SP 革命篇 来週の土曜日から公開の映画「SP 革命篇」の試写会の案内を頂いたので、観てきましたー。 岡田准一主演のテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」、 そして映画「SP 野望篇」に続く劇場版第2弾にして最終章となるのがこの「SP 革命篇...
SP 革命篇  監督/波多野貴文 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田准一  堤真一  香川照之  真木よう子 【ストーリー】 テロリストとの死闘から二ヶ月。負傷から回復した警視庁警護課第4係のメンバーは、要人警護の通常任務に戻っていた。それぞれの警護対象者の車に乗り込んだ彼らは、麻田内閣不信任案の採決が行われ...
「SP 革命篇」革命を実行した先にみた復讐劇の延長線上による立てこもり事件 (オールマイティにコメンテート)
3月12日公開の映画「SP 革命篇」を鑑賞した。 この作品は2007年に放送されたドラマSPの続編で 2010年10月に公開されたSP野望篇の続編であり 完結篇となる作品である。 ...
それが大義なのか~『SP 革命篇』 (真紅のthinkingdays)
 国会議事堂を、テロリストが占拠した。そこには「大義のために」立ち上がっ た、警視庁警備部警護課第四係係長・尾形総一郎(堤真一)の姿があった。  「尾形は経歴を詐称して入庁しています。本物の...
『SP 革命篇』 (ラムの大通り)
----この映画、「困ったことにオモシロい」とか言ってなかった? オモシロいんだったら、いいじゃニャい。 ニャにが困るの? 「う~ん。どういったらいいかな。 その映画興行戦略だね。 実は、この『SP 革命篇』公開のちょっと前に、 TVで『SP 革命前日』というドラマが...
「SP 革命篇」革命を実行した先にみた復讐劇の延長線上による立てこもり事件 (オールマイティにコメンテート)
3月12日公開の映画「SP 革命篇」を鑑賞した。 この作品は2007年に放送されたドラマSPの続編で 2010年10月に公開されたSP野望篇の続編であり 完結篇となる作品である。 ...
SP 革命篇 (映画鑑賞★日記・・・)
2011/03/12公開 日本 128分監督:波多野貴文出演:岡田准一、堤真一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、野間口徹運命の最終章。官房長官を狙ったテロ事件から2ヵ月後。 ...
映画「SP -革命篇-」  (FREE TIME)
映画「SP -革命篇-」を鑑賞しました。
SP 革命篇 (映画的・絵画的・音楽的)
 『SP 革命篇』を新宿ピカデリーで見てきました。  新宿ピカデリーは、家に帰るのが便利な新宿にあり、かつまた計画停電のため上映スケジュールなどを縮小しているとはいえ、映画の選択の幅が広いため、前回の映画に続けて行くことになりました。  この映画も、他に空...
SP 革命篇 (Akira's VOICE)
めっちゃ面白いけど,めっちゃモヤモヤする~! 
シネトーク57『SP 革命篇』●すべてが明かされるはずなのに残尿感だらけのファイナルSP (ブルーレイ&シネマ一直線)
三度のメシぐらい映画が大好きな てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「『NO MORE 映画泥棒』のCMに出てくる女の子はカワイイと思う」 シアター57/『SP 革命篇』の回 監督:波多野
SP 革命編 (ハクナマタタ)
男も女も 真一、抱いて! となる映画 以上 ほんと、以上
映画『SP 革命篇』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-28.SP革命篇■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:4月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:波多野貴文□原案・脚本:金城一紀□音楽:菅野祐悟◆堤真一(尾形総一郎)...
映画「SP 革命篇」 (itchy1976の日記)
SP 革命篇 - goo 映画 映画「SP 革命篇」(映画.com) 「SP THE MOTION PICTURE 革命篇」オフィシャルサイト SP 革命篇@ぴあ映画生活 「SP 革命篇」 2chのレビュー評価 ○スタッフ(goo映画) 監督 波多野貴文 アクション監督 大内貴仁 エグゼクティブプロデューサー...
SP 革命篇 (のほほん便り)
「SP」シリーズの謎解き、というか最終回にふさわしく、話が、ぐぐっとスケールアップ。 その分、賛否が分かれたのは仕方ないかなぁ… と感じてしまったのでした。 国会を舞台にするとは大胆… お金かかってますよね。これまたエンタメ精神を感じました。 個人...