労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム

2009-11-07 | いい映画観てますか?
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会にて。どっちにしても来週末封切りで東宝でも上映するから、どうせ無料で見れるのだが、期待していた映画だから一日でも早く観たいもんね♪o(^-^)o ワクワク 仕事が速く終わらないと上映に間に合わん感じだったけど、思った以上に早く仕事が片付いちゃって、逆に早くに到着しすぎ。入場を待つ列ではけっこう前の方、40分くらいひとりでぼーっと立っていた、それがけっこう疲れた。

 見合い結婚で夫・憲一と結婚した禎子。しかし結婚式から七日後に、夫は仕事の引継で勤務地だった金沢に出かけ、そのまま行方不明となる。夫の過去をほとんど知らない禎子は、憲一の足跡をたどって金沢へ。憲一のかつての得意先の社長夫人・室田佐知子、そして社長のコネで入社し受付嬢をしている田沼久子。2人の女性との出会いが事件のさらなる謎を呼ぶ。夫には自分の知らない別の顔があったのだ。やがて新たな殺人事件が起きる。


 昭和中期を描いた映画では、最近ではヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ-沈まぬ太陽のすばらしい美術に大絶賛を贈った、だからこの2本と比べると、この映画は・・・o( ̄ー ̄;)ゞウウム 薄っぺらくて...それも狙いだったのかも知れないが、しかし韓国で大がかりなロケをしていたのは、手っ取り早く日本の昭和を描くためだったのか、とにかく薄っぺらいんだ。だから光の演出を駆使、それが映画を離れて行ってしまっているようで、中途半端に、いうなればテレビで舞台の演劇を見せられているような、どうしても入れない雰囲気が張り出してくるような・・・


 松本清張の原作は読んでない。昭和中期の推理小説を、昭和な撮影手法で演出してしまったようで、展開が遅くて、伏線の張り方ものんき、プロットも浅くて、推理させていただける幅も希薄、どうもオーディエンスは蚊帳の外に追いやられるようだ。断崖絶壁、警察官や探偵以外のキャラが事件を解決していく、という火曜サスペンス的な手法の元祖となったこの物語、煽っているほどの映画にはなっていない。あ〜なんとか救いようのあるコメントを書いておきたいのにね〜ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THIS IS IT MJはけっして朽ちて... | トップ | 僕らのワンダフルデイズ なにか... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらら・・・・ (☆mitsu☆)
2009-11-07 13:11:41
そうなんだぁ・・・・。
これなんか面白そうだな、って思ってたんだけど。。。。
mitsuちゃん次は11月公開の「笑う警官」観に行くよ。
なぜって一瞬だけ大好きな松ケンが出てるから!!
(ノ∀\*)キャ
  部分的にはちっとも悪くはないのに (  ☆mitsu☆ちゃんへ)
2009-11-07 22:39:44
  でも、トータルだとなんか残念な結果やねん、なぜだろう。
  中谷美紀の演技は、上手いを通り越してるくらい凄かった。
  そこかな?

  俺より松ケンがいいんかなあ・・・
  mitsuちゃんもまだまだ見る目が足らんのかな?
  と言いつつ明日は「カイジ」を観に行く予定だよ。
Unknown (大きな顔)
2009-11-08 23:02:32
TBありがとう。
色んな見方がありますもんね。
社労士さんの見方もうなづけます。

Unknown (  大きな顔さんへ)
2009-11-09 22:35:53
  勝手な感想です。
  ほんの僅かな誤差ですが、自分には合いませんでした。
Unknown (Unknown)
2009-11-11 22:49:19
松本清張の小説は、ん〜十年前、はまってよく読みましたが、最近読むと違和感だらけで、????状態。もう時代にそぐわなくなっているんですね。その映画化となると・・・やっぱり無理がありますね。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-12-01 08:10:57
12月になりましたね。お忙しいのではと、推察します。
お体、ご自愛ください。

さて、この映画を見ながら、昔TVでよく見てた、松本清張シリーズ!!なんてのを思い出しました。
まっすぐでしたね。
犬童監督なんで、もうちょっとひねるのかなと思ったのですが。
物語って、普遍的なものもあれば、こういう推理もんは、旬もあるなあ、と思い返した次第です。ハイ。
  ありがとうございます (  sakuraiさんへ)
2009-12-01 12:04:35
  いよいよ年も押し迫ってきましたね。
  振り返るとほんとうに1年は早いものです。

  まんま直球勝負でした。
  sakuraiさんが貴レビューで書かれていたように監督は
  原作に対する尊敬の念をお持ちになられたのでしょう。
  サスペンス作品の王道でした、ある意味ギャグになりそうな王道です。
  

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ゼロの焦点』 (ラムの大通り)
----このタイトルって、昔からよく聞くよね。 原作が有名ニャの? 「もちろん。推理小説の大家松本清張の原作だからね。 今年の東京国際映画祭では招待作品となっていて、 主演の広末涼子、中谷美紀のいずれもが 相手をほめたたえていたようだ」 ----ふうん。でもキー・ビ...
ゼロの焦点 (はるみのひとり言)
11月14日から公開される「ゼロの焦点」を試写会で見て来ました今年は松本清張生誕100年のメモリアルイヤーにあたるそうで、その記念として清張作品の中でも代表作とされる「ゼロの焦点」が映画化されたんだそうですね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...
『ゼロの焦点』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一は帰ってこなかった。夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事...
劇場鑑賞「ゼロの焦点」 (日々“是”精進!)
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
ゼロの焦点 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊...
[映画][劇場公開]ゼロの焦点 73点 (さとうれおはオレだけか)
こんな罠にハマるアホがいるのかって罠にハマりガンガン殺されていくのが笑える。コロンボみたいに犯人が最初からわかってる形式にしてもいいんじゃないかってくらい犯人バレバレで普通に期待して見に行った人はキレるでしょう。客層が50代ばっかりだったので相当ハズし...
ゼロの焦点 (だらだら無気力ブログ)
  生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く...
「ゼロの焦点」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事...
ゼロの焦点 (取手物語〜取手より愛をこめて)
「ゼロの焦点」を鑑賞してきた。
『ゼロの焦点』 (めでぃあみっくす)
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの...
ゼロの焦点 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点」を鑑賞。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「ゼロの焦点」は、中スクリーンで、6〜7割。【ストーリー】見合い結婚で夫・憲...
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事...
「ゼロの焦点」:駒込千駄木町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ずいぶん大がかりなくい打ちだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとした大工事ね。 {/kaeru_en4/}測量機器の焦点合わせとか、一部の狂いも許されないんだろうな。 {/hiyo_en2/}つまり、ゼロの焦点は許されないって言いたいの? {/kaeru_en4/}いやいや、犬童一心監督の...
ゼロの焦点 (Akira's VOICE)
断崖に柵を!  
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも...
映画「ゼロの焦点」 (FREE TIME)
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。
ゼロの焦点 戦争に翻弄された女たち 松本清張 (ネット社会、その光と影を追うー)
映画ゼロの焦点は松本清張生誕100年の記念作品であ
ゼロの焦点 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
ゼロの焦点 (シネマDVD・映画情報館)
常に社会の暗部と人間の本質を鋭く描いた作品を発表し、日本の文学史に社会派推理小説という一大ジャンルを築き上げた巨匠・松本清張の代表作を映画化。監督は『眉山』『グーグーだって猫である』など、幅広いジャンルの作品を発表し、日本のみならず海外からも注目される...
ゼロの焦点 (2009) 131分 (極私的映画論+α)
 なかなか見ごたえがありました。
ゼロの焦点/広末涼子、中谷美紀、木村多江 (カノンな日々)
劇場予告編で「アカデミー賞に輝く3女優が共演」というキャッチコピーを見るたびに違和感をおぼえるのは私だけでしょうか?松本清張の代表作ともいえる同名小説を犬童一心監督がメガホンをとり映画化しました。TVドラマ化されたのを見たことあるような気もするんですけど...
『ゼロの焦点』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
2009年/東宝/131分 【オフィシャルサイト】 監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史
ゼロの焦点 (花ごよみ)
原作は松本清張の同名小説。 松本清張の生誕100年ということです。 監督は犬童一心。 広末涼子、中谷美紀、木村多江の、 3女優の競演が話題の作品です。 共演には西島秀俊、杉本哲太、 鹿賀丈史といった 面々が配されています。 本もかなり昔ですが読んでいたし ...
【ゼロの焦点】 (日々のつぶやき)
監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊   愛する人のすべてを知っていますか? 「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。 夫
ゼロの焦点 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は久しぶりにサイエンスホールに出かけた。 初対面の女性と待ち合わせ。 何度も書いているが私は携帯電話を持っていない。 今回もまったく何の問題もなくRendezvousを果たす。 やはり携帯電話は不要。 連絡を取りたいときは必ずといっていいくらい、留守電や「た...
「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 (はらやんの映画徒然草)
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
ゼロの焦点 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月14日(土) 20:10〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言...
映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラ...
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 (水曜日のシネマ日記)
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
映画『ゼロの焦点』 (健康への長い道)
本日より公開、松本清張生誕100周年記念作品を、地元シネ・ピピアにて。 Story 夫・憲一(西島秀俊)と見合い結婚した禎子(広末涼子)。しかし、結婚式から7日後に、憲一は仕事の引継で勤務地だった金沢に出かけ、そのまま行方不明となる。夫の過去をほとんど知らない...
*ゼロの焦点* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2009年  日本 禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はある広告社の金沢出張所長だったが、結婚を機会に東京...
【ゼロの焦点】夢に届かない女たち (映画@見取り八段)
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本...
『ゼロの焦点』 (京の昼寝〜♪)
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場...
[映画『ゼロの焦点』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日...
◆『ゼロの焦点』◆ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、犬童一心監督&脚本、松本清張原作、広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊共演。
ゼロの焦点 (LOVE Cinemas 調布)
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江...
「ゼロの焦点」 (てんびんthe LIFE)
「ゼロの焦点」新宿ピカデリーで鑑賞 太宰も100年なら、松本清張も100年。 って、太宰のときに書いたんですが、こちらはTVだ映画だと何度もメディアで目にするわけで古いことは分かっているけど度重なるリメイクで古さを感じさせません。 でも、映像になると...
「ゼロの焦点」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映...
ゼロの焦点 (迷宮映画館)
まっすぐ直球勝負だった。
ゼロの焦点 (Diarydiary!)
《ゼロの焦点》 2009年 日本映画 お見合いで鵜原 憲一と結婚した禎子、しかし
ゼロの焦点 (〜映画盛り沢山〜)
新百合ケ丘ワーナー・マイカル・シネマズで観てきました 昨日の日記で今日は観に行けないかもとか言ってましたが、時間の隙間を縫って観ることができました今日は1,000円の日だしね で感想ですが、普通に面白かったです 「普通に面白い」って日本語はよく...
ゼロの焦点 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
2009年に生誕100年を迎える社会派ミステリーの巨匠・松本清張。初期の傑作を映画化した本作は、原作にはない新たな要素が加わっている。昭和30年代、禎子は、見合いで鵜原憲一と結婚。しかし式から7日後に、夫は仕事の引継ぎに向かった前任地の金沢で行方不明に。禎子は...
ゼロの焦点 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  過去に何度もTVドラマや映画化されている作品である。太宰治と同じく松本清張も、生誕100周年を迎えるようだ。松本清張といえば代表的三作として、『砂の器』、『点と線』に並んで本作があげられる。 松本清張は『或る「小倉日記」伝』で、芥川賞を受賞...
『ゼロの焦点』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:犬童一心原作:松本清張出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 4本目)<Story>見合い結婚で夫・憲一(西島秀俊)と...
ゼロの焦点(2009) (銅版画制作の日々)
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年...
ゼロの焦点 (単館系)
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一は...
ゼロの焦点 (こわいものみたさ)
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/...