労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・

2008-08-02 | いい映画観てますか?
【28 -14-】 昨日は映画の日、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやったこの夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック」そして「ハルク」とアメリカのヒーローもの目白押しやけど、やっぱ本命は「ハルク」でしょ

 ブルース・バナー博士は、科学実験の副作用により、怒りや恐怖の感情が高まると緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう力を手に入れてしまった。その力をコントロールできずに悩んでいたブルースは、世間から隠れるように過ごしていたが、ある日彼のパワーを知った凶悪なテロリストがニューヨークの街を恐怖に陥れる。宿命と葛藤するブルース。しかし彼は決意する。自分を見失っても、自分を犠牲にしても、ハルクとなり街を救うことを…。


 このあらすじ、goo映画から引用したんですが「彼のパワーを知った凶悪なテロリストが」って部分、間違ってますから!今日はいつもより軽く《ネタバレ》っぽいので、見ようと思っている人は読まない方が良いかも?かな?マーベル・コミックといえば、スパイダーマンが一番有名で、その他にはキャプテン・アメリカ、X-メン、デアデビル、パニッシャー、ファンタスティック・フォー、シルバーサーファー、ドクター・ストレンジ、アイアンマン、アベンジャーズ、マイティ・ソー、ゴーストライダー、ブレイド・・・などなど。二大アメコミの一方、DCコミックのスーパーマン、スーパーガール、バットマン、キャットウーマン、ワンダーウーマン、ザ・フラッシュ・・・などのヒーローと比べると、マーベルのヒーローは、なんか本人が納得してなくて苦悩を抱え込んでいるって感じのヒーローが多いって思う。DCの方は、自分がヒーローであることを満喫しているキャラが多いって思う。そんなマーベルの、そして一番悶々としている、一番本人が納得いってないヒーロー№といえば、もちろん、「超人ハルク」(The Incredible Hulk)です若干屈折している俺としては、アメリカン・ヒーローの中では一番大好きこの映画は『アイアンマン』に続く、マーベルの自社製作作品第2弾で、原作でいうとハルクが自己をコントロールできるまでくらいの物語全体のかなり冒頭の部分やけど、けっこう原作に近くて楽しい。2003年に上映されたけどかなり不評だった「ハルク」よりはるかにいいっすまだまだ登場人物が少ないので、あの原作に出てくる魅力的なたくさんのキャラクターの登場は、続編に期待。


 ハルクの姿、映画では焦らして焦らしてなかなか見せてくれないんですよ・・・最初の方は、ブルース・バナー博士の逃亡生活が中心、でも見どころは満載ですから退屈はしません。とくに凄まじい住宅の建ち方をしているブラジルの貧民屈(地名は忘れた)での追いかけっこのシーンはなかなか見物ちょっとツッコミたいポイントもちらちらあるけど、まあまあ安心して納得して見てられます。でも・・・「お~い早くハルクを見せろ~

 はい、ご心配なく、中盤くらいから思いっきり見せてくれるし、最後の30分なんかものすごいからきちっと2.7メートルのハルクなんですが、デカいんですよ。体中のすべての筋肉、もちろん顔の筋肉すらも残さずくまなくマックス超パンプアップしていて、むちゃくちゃ強そうです脂肪はちびっともありません、全身ふっとい骨格と総筋肉です、全身「最強のウェッポン」ってな感じですしかし・・・顔はかわいいウフッ


 リヴ・タイラーも顔は可愛いのに(「も」って、もしかしてハルクと比較?)、どんどんアメリカ人の庶民的なおばちゃんになっていきますね。この映画の中で、え?ベッドシーン?って場面があるんですが、監督もそのへんは心得ていて、うまくハルクの特性に絡ませて回避。監督としてもさすがにキスシーンは欲しかったけど、リブタイラーの裸までは見たくはなかった模様、同感です(笑) しかしエッチするときに心拍数200はないっしょ普通の人間なら「心筋梗塞」「心臓麻痺」の危険すらある心拍数の高さですから。ブルース・バナー博士、ちょっと興奮しすぎですから、スケベっエドワード・ノートンの演技はいいですね、シブいっす。なんとなく屈折したところが、ブルース・バナー博士のキャラを素直にみせてくれます、ってか、演技してないでしょ。ティム・ロスの偏狂な戦士役、ウィリアム・ハートの将軍役、サミュエル・スターンズのオタク科学者、もうキャラそのまんまハマり過ぎて、あんたらも演技してないでしょってツッコミたくなるから(爆)そして最後の現れたトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)・・・気になるハルクの上映前にやっていたアイアンマンの予告編、「おもしろそ~」って、注目していて見てたから気付いたが・・・うっかりしていて、ここを気付かなかったらと思ったら大汗もんだったなんて意地悪なんだ、この監督なおヒクソン・グレイシーが出ていますが、けっしてハルクと闘うわけではありませんから今年観た映画の中で「な~んも考えないでスカッとスキッと部門」では、カンフー・パンダに続いて第位って感じかな(3位はスパイダーウィックの謎 とスピードレーサーとが迷うところ) 俺も1.5倍になってみたい
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まーのポロロッカアタックの... | トップ | 何が悲しいかって・・・鳥取 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは はじめまして (なな)
2008-08-02 10:02:37
「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななと申します。
由香さんちからお邪魔しました。
私もアメコミ・ヒーローの中では
ハルクは結構好きなんです。

>一番悶々としている、一番本人が納得いってないヒーロー・・・
まさにおっしゃる通りで,そこが好きなんですよね。
前作のエリック・バナも,「悩めるヒーロー」の感じは上手く出していましたが
今作のノートンも素晴らしかったですね!
  コメント&TBありがとうございます (  ななさんへ)
2008-08-02 10:31:36
  エドワード・ノートンが最初は「?」って思っていたんですが
  途中から、最高に適役だって思えました。

  まさに「番悶々としている、一番本人が納得いってないヒーロー」を
  見事に演じてくれてましたよね!
はじめまして^^ (rose_chocolat)
2008-08-02 20:51:08
TBありがとうございます。
映画好きな社労士さん、いいですね~。
またよろしければお越しください。
TB&コメントありがとうございました (ミチ)
2008-08-03 10:12:04
はじめまして~♪
一口にアメコミアメコミといいますが、二手に分かれているんですね。
しかも一番悶々としているのがハルクというキャラだったなんて!
あの外見では女性としてはあまり「萌え」にはなれないのですが、そのかわり人間の時のエドワード・ノートンの悩める姿はステキでした。
あの心拍数を計る時計みたいなもの、彼氏につけさせる人が出てくるのでは?

ということで、またよろしくお願いいたします!
  コメントありがとうございます! (  rose_chocolat様へ)
2008-08-03 23:37:37
  は~い!またお邪魔させていただきますね!
  コメントありがとうございます! (  ミチ様へ)
2008-08-03 23:41:00
  そんな時計着けさせられて、心拍数上がらなかったら
  「あたしに興奮してないの!?☆○(゜ο゜)oドカッ!」って
  なるじゃないっすか!
  超やばいっす・・・(-_-;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
インクレディブル・ハルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人...
『インクレディブル・ハルク』 (ラムの大通り)
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「...
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰...
「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア (MoonDreamWorks★Fc2)
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^;」と言うパンチに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うより...
『インクレディブル・ハルク』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インクレディブル・ハルク』の試写会に行ってきました。 いゃ~
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
国家に踊らされてしまった哀れな男たち。『インクレディブル・ハルク』 (水曜日のシネマ日記)
アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハー...
映画 「インクレディブル・ハルク」 (ようこそMr.G)
映画 「インクレディブル・ハルク」 を観ました。
「インクレディブル・ハルク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「インクレディブル・ハルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、他 *監督:ルイ・レテリエ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ...
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
インクレディブル・ハルク (5125年映画の旅)
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルースは...
伸びるズボンはいてるの?【インクレディブル・ハルク】 (犬も歩けばBohにあたる!)
アン・リー監督がメガホンをとった「ハルク」から早5年。 あの映画は散々でした。何
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
『インクレディブル・ハルク』 (Sweet*Days**)
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
インクレディブル・ハルク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画      ◆超人ハルク    アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて    正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。    圧倒的に強いハルクに立ち向...