goo

烏山マルシェにひらつね見参!

こんばんは、室長です。

去る3月19日、山あげ会館にて開催された烏山マルシェに弊社が初出店しました♪



このマルシェは昨年の同じ時期に開催されたマルシェの第2回目でして、今年もコンセプトにこだわっての開催です。参考までに、そのコンセプトを以下に書き出してみます。

あっさり捨てる消費の毎日から
質の良いものを選んで永く使う生活へ
今、身の回りにあるものや
日々、口に入れるものって
どんなものかよく考えてみる
何を選んで何に囲まれて生きていく?
烏山の暮らしをたのしくするマルシェ

そんな狙いにひらつねが相応しいのか若干自信がないものの、「質の良いもの→よく考えられたもの→廃棄時も考慮されたもの」と解釈して、生活を組成している素材とその資源リサイクルの現状を知ってもらう場を提供しようと、展示を中心とした出店を試みてみました!

とは言え、単なる展示だけだといかにも教科書的で堅苦しい気がしたので、少しばかり考えを巡らせてみました。

そこで、主役である①リサイクル図鑑をでーんとセンターに鎮座せしめ、奥では滞留の仕掛けとして②淹れ方にこだわった日本茶(緑茶)の販売をし、お客さんの目を引き付けるために③ちょっと変わった古物販売を前面に配するという、メインコンテンツ3本柱の構えでマルシェに臨みました。

まずは、これがその全景。


①リサイクル図鑑の様子。


素材は、鉄/アルミ/銅/紙/プラスチック/木/ガラス/繊維の8種類を選びました。

そして、各素材について
・資源名(実物展示)
・主な用途
・主原料と産出国
・自給率
・リサイクルの方法
・リサイクルの環境効率
・リサイクルされる比率
・リサイクル後の用途
・廃棄時点での価値
の内容を、テキストや写真、グラフ等で極シンプルに表現しました。

この順番は、先のエントリーでも予告した、「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」に対応していまして、上記の項目は
・何者か:資源名(実物展示)/主な用途
・どこから来たのか:主原料と産出国/自給率
・どこへ行くのか:リサイクルの方法/リサイクル後の用途
とカテゴライズされています。

そしてデザインにも配慮した結果、一つ一つをカルタのような正方形のカード状に切り分け、トランプの「七並べ」のようにボード上に整然と並べてみました。

一覧性を持たせることで、タテ方向に見ればその素材(資源)の一生をたどることができ、ヨコ方向に見れば素材ごとの比較ができるという便利な(!)図鑑のようなものになりました♪

調べる過程で、それぞれの素材に深いストーリーがあるのですが、今回はデザイン上の要求から極限までそぎ落とす必要があったため、「リサイクル図鑑(抄)」というネーミングになった次第。

②続いて、日本茶の販売の様子。


ひらつねの筆頭茶師が腕を振るってくれました(笑)

二種類のお茶のうちいずれか一品について、3煎目まで堪能することができるというかなりお得なメニュー。

若い女性も喜んで味わってくれていたのは、意外ながらも嬉しい出来事でした♪

③そして、ちょっと変わった古物販売の様子。


古河のトロマル仕込み(にわか知識ですがw)の販売方式を導入してみたところ、やはり芝生と木と古物の相性は抜群!これで芝生が青ければ更に古物が映えたことでしょう~



手に取って見ていく人多数、実際に購入していく人少数ながらも、商工会祭りで出店している資源ライブラリー以上の反応の良さに、やはりマルシェ的なものとの相性の良さを再確認して得心した次第。

中には「ピタゴラスイッチ!」と喜んで手に取る子どもの姿も見られ、古物販売とは別のアクティビティへの活用へのヒントも得ることができました。

当日は天気にも恵まれ、会場全体も思った以上に賑わいを見せて、春の到来を思わせるマルシェでした。



動けば何か得られる——そんな感触を改めて得ることができたマルシェになりました。

お越しくださいましたお客さま、誘ってくださいました主催者の方、ありがとうございました!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

しげんカフェなるもの

室長です。

情報を集めていたら、世の中には資源買取り拠点とカフェ(喫茶店)を融合させた「しげんカフェ」なるものが存在することに驚きました。

ちょっと行ってみたいな~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

塩ビリサイクルに関するメモ

室長です。

塩ビのリサイクルに関する情報を発信する「PVCニュース」なるものがあるそうです。

塩化ビニル環境対策協議会という組織が定期的に発刊しているもので、このたび、創刊100号を迎えたのだとか。

3ヵ月に一度のタイミングで発刊しているようで、なかなか興味深い資料です。

リサイクルの現場ではややもすると厄介者扱いされることのある塩ビですが、これを読んで少しばかり考えを変えていきたいものですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

烏山マルシェの準備

こんばんは、室長です。

先ほどまで地元のファミレスに数時間こもって学生時代さながらのデスクワークと言いますか、パソコン作業をしてきました。大したことのない作業ながらも、根を詰めてやるとなかなかに消耗するもので、課題の提出期限が迫った週の毎日一夜漬け的な学生時代の生活を思い出します(苦笑)

で、何をやっているのかというと、昨年烏山で初開催された烏山マルシェの第2回目が3/19に開催されることになり、今回はひらつねが出店者としてお誘いを受けまして、その準備作業に追われている訳です。

出店内容はまだナイショですが、主催者のコンセプトにある「そもそも自分の身の回りにあるものは どんなもの?」というワンフレーズに呼応したものにしようと思っています♪

展示が主になりますが、その展示内容を煮詰める段階でふと閃いたのが、ゴーギャン晩年の大作「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」です。



この絵画は老若多様な人物を配した横長の作品で、右から赤ん坊=人生の始まり、中央の人物=成年期、老婆=人間の死を表現したものとされ、様々な解釈が可能な作品と言われています。室長の好きな絵画の一つです。

この絵画をモチーフに、烏山マルシェでは資源に関する展示を実施してみたいと思います。乞うご期待くださいませ♪
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年度一番のフィット本から

室長です。

積もる一方の積読本の紹介ばかりが増えてますが、ごくまれに読めるものは数ヵ月遅れでちゃんと読んでます。数は少ないですが(苦笑)

そんな中で、ここ一年購入した本の中で一番しっくりきた本(フィットした本)が『縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望』(山崎亮、PHP新書)です。

山崎亮と言えば、コミュニティデザインの分野で著名な人で、「人口や税収が縮小しながらも地域の営みや住民の生活が充実したものになっていくしくみを僕らは編み出さなければならない時期を迎えている」という問題意識から、日本を取り巻く各分野の過去・現状・展望を「参加」というキーワードから読み解いていくというのが同書の趣旨です。

取り上げる分野は、まちづくり/政治・行政/環境/情報/商業・消費活動/芸術/医療・福祉/教育と多岐にわたっており、インタビューする人や参照する書籍は、自身の研究時代に聞き慣れたものが数多く並んでいて、勝手ながら著者の問題意識に等身大のシンパシーを感じながら読むことができた次第。自分の専売特許と思ったダジャレ(参画=参加・苦)もしっかり使われていましたしw

ちょうど、わが地域のまちづくりのプロセスに危機感を抱いて、市政への市民参画を少しでも進めようと自身で開始した「さんかくサロン」のコンセプトと重なり合う主張が随所に見られたことも、一つ一つ首肯しながら読み進めることができた大きな要素になっています。

そんなことで久々にマーカーを片手に通読してみました♪

参考までに、共感して線を引いた箇所を拾い上げてみます。

〇「楽しさ」と「未来」とを結びつけるしくみが「参加」

〇(欧米では)公共とは「わたしたちのもの」と理解される。(中略)公共事業を行う国や自治体は「民」の代理人にすぎない。

〇自由度がないところには、楽しさも生まれない。自分の好みや意見を表すことができ、なおかつそれが受け入れられる環境があればこそ、参加したいという意欲は湧いてくる。

〇ラスキン(イギリスの社会改良家)は、「美しさ」や「共感」を軸に社会の仕組みを考えようとした。

〇人口の自然減という時代の流れに、大南さん(神山町のグリーンバレーの代表)は逆らおうとしてはいない。同じ減るなら創造的に減っていく道を考えようということだった。

〇アイデンティティを失うことなく

〇オランダ国王は「福祉国家から参加型社会へ」と演説し、納税者が所得税の1%を好きな分野に納められるようにした。‟Citizen Participatory Budgeting”(市民参加型予算)

〇居住年数が投票率に影響する

〇住んでいるまちから魅力が感じられなければ、地方選挙は「わたしたち」のこととして考えにくくなる。

〇「このまちが好きだから」という純粋な気持ちも、きっと政治や行政への市民参加のきかっけになり得る。

〇活動の原動力となる3つの輪(住民がやりたいこと/住民ができること/行政が求めていること)が重なるところに、僕は縮充の時代に求められる「参加」、「参画」、「協働」のヒントがあると考えている。

〇「やりたいこと」を、政治や行政の分野にある課題解決の取り組みにつなげていくことが、いまの「わたしたち」にできる参加

〇帰属する組織や集団の中で認められたいというニーズを満たす条件を「コミュニティ要因」という。

〇(オープンデザインがものづくりを変える)そういう時代にすでになりつつあるいま、課題になるのはものづくりのリテラシーだと思っている。デザインの知識、材料と環境負荷の関係、安全に加工する技術、機械の操作やプログラミングの方法、著作権のルール、さらには共同作業の進め方……。

〇グループワークの質を高めることは先生のスキルになる。ここはIT化できない。

〇参加する機会がつくれること、参加する住民がいること、それ自体が地域や社会にとって重要

〇「この人と一緒にやりたい」と相手に思ってもらえること。「これを一緒にやろう」と自分から働きかけていくこと。

〇「一緒に何かをやりたい」と相手に思わせる力が協働の時代には求められてくる。

〇自ら生産物を持っている第一次産業の人たちは、お金で働くシステムとは違う、新しい流通のあり方を共創してくれるのではないか

目下、政治・行政の分野に関心が高い室長としては、「活動の原動力となる3つの輪」のくだりが本書のキモとして特に印象に残っています。

これからのヒントとしてしっかり頭に焼き付けておくことにします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プロジェクトが手離れした後の清々しさ

こんばんは、室長です。

この1~2年、なんだか仕事以外にプロジェクトをいくつか同時進行で抱えている結果、常にプロジェクトに追われている感があります(汗)

(後日、備忘メモとして書くとは思いますが)新たな段階に入りつつある「さんかくサロン」の企画に加えて、とあるマルシェへの出店計画、商工会青年部で先々舞い込んできそうな大型プロジェクト、烏山セントラルパーク計画etc...

一つ片付いてはまた一つ新たに持ち上がったりで、仕掛かりの案件がゼロになることがまずありません。どうしても凝り性というか尻に火がつかないとやらないタイプだからか、プロジェクト処理のリードタイムが長いことにも原因があるのかもしれませんが。

先日も、足かけ5ヵ月のプロジェクトがようやく手離れしたところで、今日になってようやくホッと一息ついた心地です。この手離れした瞬間ないしはその夜の清々しさと言ったら、経験ある人なら分かるかもしれませんが、それはそれはたまらないですよね(笑)

ご飯食べて、風呂に入って、子どもが寝たのを見届けて、とお膳立てしたところでようやく一人でチビチビ酒を飲んで労をねぎらう…なんとも幸せなことじゃないですか! こんな文章書いてないで、さっさとその幸せに浸ることにしたいと思います♪


おまけ

ちなみに、上記の手離れしたプロジェクトは「2001文庫」と言います。

昨年11月に地元高校にて職業講話をしたのですが、もう少し高校生と卒業生(地元で活躍する社会人)をつなぐきっかけが欲しいと思い立ち、地元に何らかの形で関わりを持ち続けている同級生の協力を得て、在校生におススメの本を紹介・寄付するプロジェクトを単発で立ち上げてみました。

将来の進路選択(進学or就職)や人生観の形成に役立ちそうな「おススメの一冊」を紹介するもので、紹介者にはモレなく400~800字程度の紹介文原稿の作成課題がついてくるという、なかなかヘビィな仕事です(苦笑)

そんな負担感満載の当プロジェクトに賛同してくれた同級生が、ありがたいことに多数いてくれて、惜しげもなく協力してくれた結果、これだけの本が寄せられました。本当に感謝です。



紹介文はそのまま印刷して配ってもインパクトがなかろうと思って、少しデザインを加えてパウチし、しおりとして本に挟んで並べてもらうことにしました♪



手間暇のかかるプロジェクトでしたが、無事に校長先生にお渡しすることができまして、個人的には満足のいくプロジェクトになりました。



「こんなキャリアパスで今こうして働いている先輩がいるんだ」、「そんな生き方があるのか」、「高校に置いてある普通の本とはちょっとテイストが違うけど面白そう…」といった新鮮な気づきを得てもらえたら何よりですね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

リサイクルBOX稼働開始

室長です。

この度、ひらつね本社事務所北側の歩道沿いに、不要な資源物をいつでも(24時間)誰でも投入できるリサイクルBOXを設置しました♪



ご家庭でのこんな悩みの解消にお役立てください♪

・「月に一回の回収日に出し忘れた!」
・「回収日を待っていては家の中が片付かない!」

例えば、段ボールなどはちょっとしたものを買っただけでかなり大がかりなものがついてきて処分に困ることがよくありますよね。そんな時は、たいらやさんへの買い物やちょっとした外出のついでにこちらにポイっと投入してもらえれば手軽に処分できることになります。

是非とも積極的にご活用ください~


<取扱品目>
・古紙(段ボール、雑誌、新聞など)
・金属くず、小型家電
※家電リサイクル法対象品は投入不可です。
※火気厳禁
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

積読本11

室長です。

アウトプットに忙しかった昨年を過ぎたはずなのに、なぜか一向に捗らない積読本の読書。

購入するペースばかりが進み、気が付くとどんどん高く積まさっていく未読本。。

そんな今月の積読本です。

〇『縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望』(山崎亮、PHP新書、2016年)

〇『「ぼんやり」が脳を整理する』(菅原洋平、大和書房、2016年)

〇『市民自治』(福嶋浩彦、ディスカバー携書、2014年)

〇『レバレッジ時間術』(本田直之、幻冬舎新書、2007年)

〇『観光立国の正体』(藻谷浩介・山田圭一郎、新潮新書、2016年)

〇『真田四代と信繁』(丸島和洋、平凡社新書、2015年)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

個人の営業時間変更のご案内

おはようございます、室長です。

個人的な事柄で恐縮ですが、今年から生活スタイルを改めることにいたしまして、これまで「0時就寝、7時起床」だったのを、「22時就寝、5時起床」に変更することにしました。

個人の営業時間変更に伴いまして、ご不便をおかけする(とりわけ閉店時間が早まるため)ことが多々あるかと思いますが、ご容赦の程よろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新春の初買い

室長です。

久々のアート系の投稿。

今年の正月休みに仙台にて湯呑を購入しました



と言うのも、手元には小砂焼、備前焼、信楽焼、宮島焼がありまして、色々と使い分けてるのですが、昨年の新春に購入した笠間焼の湯呑が子どもに破壊されてしまい、普段使いしていた湯呑が不足していたもので。

ということで仙台旅行のついでに焼き物を探したのですが、なぜか東北地方は焼き物の産地が少なく、目ぼしいものがなかなか見つかりません。

そこで白羽の矢を立てたのが、光原社という民芸品店でした。



店内にはセレクトされた全国の民芸品や工芸品が所狭しと並べられており、こじんまりとしたスペースながらも面白味が凝縮された空間になっていました。

そこで購入したのが冒頭の湯呑。福岡の小石原焼(こいしわらやき)の作品だそうです。

これでお茶でもすすりながら温まりたいと思います♪
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年頭に思う

室長です。

改めまして、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!

この3連休を含め正月休みは外出ばかりしていたもので、今日ようやく落ち着いて正月休みと言いますか、ダラダラと過ごすことができてます。主にテレビの前で横たわり、録画しておいたもの(ローカル路線バスの旅など)を見てるだけなのですが…

また、昨夜、久しぶりに本らしい本をざざっと通読しました(汗)借りているものなので、早く読まねばと思っていたものの腰が重く先延ばしになってたもので。

その本とは10月の積読本に記載した『まちで闘う方法論』です。

まちづくりにおけるプロジェクトや事業の考え方、実施のノウハウ、留意点などを整理したこの本。まちづくりに関わる/関わろうとしている人にはまず読んでおく必要がある本と思います。

その中で室長の心に残ったのが、「営業力」の項目でしょうか。

岩手県紫波町のオガールプロジェクトのバレーボール練習専用にターゲットを絞った体育館の事例を引き合いに出しつつピンホール・マーケティング(かなり絞ったターゲット設定)を説明しています。

その際とても重要なのは、「営業力の基本は『誰に』が明確であることです。そしてその『誰』に対してコンタクト可能なネットワークを有していることです。自分で営業もできないような層に向けた取り組みほど、地に足のつかない計画はありません。」とのこと。

また、「重要なのは、自分にできることからスタートすることで、ターゲットを明確にすることである。曖昧な議論で、壮大な計画や、やるべきことから入ると、ターゲットが見えなくなっていく。小さなことでも自分の得意な分野から地域での取り組みを考えるように徹底すると、できることは山ほどある」とも著者は述べています。

いやぁ、まちづくりの事業だけでなく、一般的な事業構想にも役立ちそうな文言ですね。これは今年の事業を考える上でヒントになりそうです♪

同書で紹介されていた『ブルーオーシャン戦略』をもう一度読み直そうかな。。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

備忘メモ

室長です。

まちづくりに関する備忘メモです。

〇埼玉県の三郷学
 その成果としての「人とつながる、力をひき出す」(*PDF)(龍谷大学 土山希美枝)

市民がつくる政策調査会

〇岐阜県御嵩町議会の住民懇談会

情報公開クリアリングハウス

自治体議会改革フォーラム
 その成果としての議会改革白書2016年

ローカル・マニフェスト推進ネットワーク
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祈願成就

こんばんは、室長です。

大晦日ながら自宅の大掃除もなんとか終わり、ようやく落ち着いて今年を振り返る気分になってきました。

今年は殊勝なことに年初に達磨を入手し、ある野望の達成を願って左目(向かって右側)に目入れをしていました。

そして、一年を通しての結果がこれ。



見事、祈願を成就することができ、めでたく右目にも目入れすることができました♪

その野望とはいくつかありましたが、その大きな一つは、「さんかくサロン」という地域活動の実施でした。

さんかくサロンの「さんかく」とは市民参画の「参画」のことでして、主にこのまちの市民が地元の市政に主体的に参画していくことを狙った企画です。

趣旨の概要は、「他人任せのままで、このまちの将来ってホントに大丈夫? 那須烏山市を中心に、市民が地方政治に主体的に参画していくための、きっかけづくりの場です。 当面は、市政に関する正しい知識や課題を分かち合うための情報交換の場にしていきます。」といったものです。

個人的な義憤を出発点に生まれたこの企画。公共政策、意思決定過程、政治参画、参加型民主主義、熟議、官民協働etc…という硬派なキーワードが見え隠れする当企画にもかかわらず、初回(3月)の開催時には10名もの物好き(もとい、参加者)が集まってくれました。



イベントの内容は、ゲストからのレクチャーに始まり、主催者とゲストによるトークセッション、参加者からゲストに対する質疑応答、参加者同士の気づきの共有等々、平日夜の90分ながらも盛りだくさんのものです。そんなしちめんどくさそうなイベントにもかかわらず、この一年で実に4回(3月、5月、8月、12月)もの企画を実現することができ、まずは上々のスタートであったかと思います。

当面足元では、市役所の若手職員さんをゲストにお招きして、その課の仕事の紹介や悩みを市民と共有することを通して、地方政治に対する市民の関与意識を高めようとしています。

初回の総合政策課に続いて、2回目は都市建設課。


次いで3回目はまちづくり課。


直近の4回目は総務課(危機管理グループ)。


今年、本日まではこれらを実施したことに満足感を味わうこととしますが、来年からはこの結果に満足することなく、更に実効力のある(意味のある)活動に磨きをかけていきたいと思います♪

長いような短い一年でしたが、仕事上、地域活動上などで他にも様々な事柄で様々な人にお世話になりました。ありがとうございました!

来年もまたよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年の瀬の寸感

こんばんは、室長です。

ひらつねの年内の営業は本日で終了。怒涛のような12月でしたが、一応無事に終えることができました~

さて、年末の挨拶もかねて取引先を訪問していた時のこと。地元の金属加工会社の社長さんと立ち話をしている中で、今年の総括と来年の目標のようなものを聞かれました。

今年の振り返りはまあできるとしても、来年のことなどは相場次第の面が大きいため、正直ボンヤリ漠然としか考えていませんでした…

その社長さんは来年は設備投資を考えているとのことで、よくもまぁそんな大胆な(←もちろん好意的な意味で)思考ができるものだと感心しました。

そしてその社長さん続けて曰く、「食っていければいいや的な発想は嫌いだな」とのこと。

これだけ変化の激しい事業環境ですから、新しいことに取り組まない‟現状維持”の思考は、限りなく競争力の低下につながってしまうということ。そんな意味で、目標を定めて果敢にチャレンジする気概の有無は、これからの事業経営を左右するものになりそうです。

気ぜわしい中での会話ながらも、その社長さんからはそんな前向きなメッセージを頂いた思いです。

来年はもっと貪欲に事業にチャレンジしていければと思います。

とは言え、伸びるためには屈まなくてはいけないものなので、年末年始の休みはまずはガッツリと心身を休めたいものです♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二日酔い予防薬を見直す

室長です。

スクラップ価格の上昇とともにかは分りませんが、引き取りが11月下旬からフル回転の状態でてんてこ舞いの状態。それに伴ってブログもなかなか更新できてません…(汗)

忘年会シーズンが到来してますが、翌日の仕事のことを思うと、なかなかお酒を味わう余裕がないのが実情です。

そんな折、地元の商工会青年部の近隣支部が集うブロック忘年会なるものに行った際、他の青年部員に宇津救命丸(株)の専務さんがいらっしゃっていまして、二日酔いに効果てき面という漢方薬を参加者全員に配ってくれました。普段は「ウコンの力」などをあまり飲まない室長も、とりあえず1包を服用♪

当日の会場は中華料理屋でして、普段話すことのない他の青年部員さんとの話題に花が咲いたこともあり、調子に乗って室長の好きな紹興酒(ロック)を久し振りに痛飲w

帰りの道中に一気に酔いが回り始め、こりゃ明日は二日酔いで休日がパーになるかと覚悟したところ、翌朝起きてみると案外ケロッとしていたことにびっくり!この手の飲酒支援ドリンクには懐疑的だったものの、少しばかり考えを改める必要がありそうですね♪

とは言え、色々と調べてみると、二日酔いの予防薬(ドリンク)にも玉石混交があるようで、いくつかのサイトでは「ウコンの力」よりも「ヘパリーゼ」を推す声が多い気がします。三十路に突入してからというもの、体力の一方的な衰えを感じている昨今、試してみる価値はあるのかなと思われます。


おまけ

件の宇津救命丸ですが、その効能について喜々として嫁に語った際、ものすごい間違いを指摘されました!

「うつきゅうめいまる」ではなく、「うづきゅうめいがん」だったのですね(苦笑)

福島時代によく見かけた「三光丸」も「さんこうまる」ではなかったようで…

飲み会の当日に専務さんに「うつきゅうめいまるってすごいですねっ!」等と軽々しく声をかけなくてよかったです~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ