日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

パラリンピックと感動ポルノ

2016-09-19 20:27:46 | 徒然

リオパラリンピックが閉幕した。
オリンピックと違い、パラリンピックの扱いは小さい。
連日連夜放送があったオリンピックとは違い、パラリンピックはE-テレなどで「その日のハイライト」くらいを放送する程度。
メダル獲得ともなれば別だが、新聞の扱いなども、同様に大きく取り上げられることは少ない。

ただ、時折ニュースなどで取り上げられる選手たちの姿は、オリンピック選手とは違う「凄さ」を感じさせる。
両腕のないエジプトの卓球の選手は、足でボールを上げ口でくわえたラケットで打ち返す・・・超人的なプレーを見せてくれた。
AFP:両腕のないエジプトの卓球選手、離れ業でリオ・パラリンピックを席巻
他の選手たちも同様に、アスリートとしてのすばらしさをプレーで見せてくれたのでは?と、思っている。

一方、障害者が活躍する姿をドラマチックに報じるコトに対して、「感動ポルノ」という批判も起き始めている。
「感動ポルノ」とは、コメディアン兼ジャーナリストであったステラ・ヤングさんが「健常者と障害者との関係」についてあらわした言葉で「障害者は健常者の感動を生むための存在ではない」という指摘をしている。
TED:私は皆さんの感動の対象ではありません、どうぞよろしく ステラ・ヤング
おそらく、パラリンピックに出場した選手たちもステラ・ヤングさんと同様に「感動を与えるために、プレーをしているわけではない」と、思っていることだろう。
事実、パラリンピック出場を目指す村上清加選手は、あるラジオCMのインタビューで「足が無くて何秒で走れてすごいね、と言れても、私にとっては全然すごくないんです」と、言っている。
そして、元トップアスリートである為末大さんは、新聞のコラムで「カッコイイとかわいそうは、両立しない」と書いている。

上述したエジプトの卓球選手にしても、障害を持つ彼のプレーを見て感動したのではなく、一つ一つの真剣勝負のプレーに、私たちは感動したのではないだろうか?
4年後のパラリンピックは「感動ポルノ」的な意識ではなく、閉会式での「東京プレゼンテーション」のような、カッコイイアスリートたちの活躍を見たい!という気持ちになった。

今回のプレゼンテーションの演出には、組織委員長の森さんが関わっていないだろうな~という、演出であったことも良かったのでは?と、感じている。



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「豊洲市場」の問題は、何が... | トップ | 「グランピング」で、地域活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。