くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

懸賞金。

2017-05-25 | 日記

大相撲夏場所も終盤になり 左肩の故障を抱えつつ土俵を務めていた
横綱稀勢の里関が ついに休場となりました。

前日の琴奨菊戦など   相撲にならず土俵を割りましたもの   相当痛いね
と心配しつつ 連日ぐるぐる回る懸賞金の旗を おっ 今日は61本かぁ
稀勢さま人気すごいねと ゲスはこっちにも関心がありましてね

ウィキで見ると 旗1本が62,000円 そのうちの32,000円を協会経費や
税金で天引かれ   本人に渡るは30,000円   それも部屋が預かり数年後に
訪れる 現役卒業のとき渡すと聞きました。

熱闘の一番が終わり   勝ち名乗りを受け   軍配に載った懸賞金をもらう
映像は その量たるや六法全書よりも厚く 片手ではつかめません。

 

それを両手で受け取り 表情一つ変えず土俵を降りるわけで 180万円ゲット
やったぜー! とにやけたりは 決してしません。

毎度のスポンサー永谷園の旗は   同社のお茶漬けやチャーハンを食べ   にっこり 
ほほえむ遠藤 照ノ富士の一番には 特に多い気がします。

 

懸賞金はただ強いだけでなく 人気がないとかからないわけで 実力も
人気も備え 不愛想がまた魅力の まさに今が旬の稀勢の里関でしょう。

久々の日本人横綱となり 体調が万全でなくとも 切手まで販売された
となると休みにくかろう プレッシャー掛け過ぎと 気の毒な気もします。 

懸賞もようかけませず タニマチにもなれませんが ↑永谷園のバスタオル
があるそうで せめてこれをと思ったら あら~品切れとか 残念です。 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

汗かきですから。

2017-05-23 | 縫物

朝夕は涼しく爽やかですが 日中は気温がぐんぐん上がり
26-7度になります。

お昼近くに ちょっと自転車でスーパーへ行くだけでも もう
汗だくだくで帰り 着替えをする肥満体です。

これからの季節 ザブザブ洗え肌触りのいい生地で 基本の
チュニックを縫いました タンスの肥やしからです。

 
 

綿100ニットは 洗うたびに柔らかさを増し よく汗を吸いそうです。

あと2-3枚縫って 着ては洗いを繰り返し ひと夏着るとくったり疲れますので 次には
寝巻に格下げとなり   最後は切られレンジの雑巾になる とこれがわが家の順路です。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オーガニックマーケット。

2017-05-21 | 日記

毎週土曜日に立つ オーガニックマーケットへ 久しぶりに寄ってみました。

  

何年か前に比べるとテントがまばらで 以前ほど活気がないですが 子連れの若い層が多く
自家製野菜を売っている農家の主婦が 若いママに調理法を教えていました。

 
        

テントで買ったパンやおむすびを食べながら 野外コンサートを楽しむ人もいます。

  

手作りアクセサリー店 絵本の古本店 15分500円のマッサージ店と テントは様々です。

  
  
                 

この青空市は 元々はこんな 子ども服などの交換会から始まったのでは と思います。

    

こちらの店主はぐっすりお昼寝で 買うお客が起こすのでしょう 青空市はのどかです
テントカフェも繁盛していました。

  
      

朝10時過ぎでも 人気の干物屋さんはすっかり売れて 残りはこれだけでした
晩ご飯に アマダイの一日干し(ひいとい干し)を焼いてみましょう。

     

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

熟年大人婚。

2017-05-19 | 日記

秋篠宮家の眞子さまのご婚約は 相手の方の爽やかさも手伝い   日本国中
お祝いムード一色で   ご一家に寄せる 国民の信頼度がうかがえます。

最近では 阿川佐和子さんの結婚も報じられ これには驚きました と言うは
失礼ですが   阿川さん63歳   お相手の元大学教授69歳の結婚は   熟年大人婚
とメディアの紹介がありました。

 

阿川さんは初婚ですが 相手は3年ほど前に離婚 元々阿川さんと教授夫妻とは
付き合いがあったそうで 再婚までには当然 紆余曲折が数多くあったでしょうが
元妻が 離婚のおかげで今の私がある お幸せに と余裕を見せました。

元妻が離婚した夫や   次の妻になる人物の悪口を言うは見苦しいもので   元妻は
スマートな大人対応をしました。

若くて熟年大人婚には当たりませんが これも最近結婚を発表した 菊川怜さん
の場合は あらら~ そうですか。

 

報道によると 結婚した相手はIT企業で成功を収め 200億の資産があるという
大金持ちで 3人の女性との間に 4人の婚外子がいるという まさにもう   大奥と
殿を連想させるタフさであります。

しかしながら 4人の中の1人については 認知もせずという 殿は渋ちんらしい。 

このことを 菊川さんが承知の上で結婚したなら それはそれで結構なことですが
4人の子が育っていく上には きっと難問山積 問題が発生し続けるでしょう。

この結婚はお祝いムード一色ではなく まだ今ならやり直しがきく 即離婚すべし
の意見も出ていましたが 子どもじゃあるまいし はたが余計なお世話でしょう。

菊川さんのお相手が会長を務めるIT企業は   結婚が報じられるや株価が舞い上がり
週刊誌に婚外子記事が載るや 株価急落とは あちこちに影響があるものです。

 

  

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

若い広場。

2017-05-17 | 日記

朝ご飯を作っていても TVからひよっこの主題歌 桑田佳祐さんの
若い広場が流れると   手を止めTV前に座ります。

今までの朝ドラは 何かをしつつ ちらちらとでしたが 桑田さんの
唄う若い広場は   昭和レトロの懐かしさ一杯で   毎朝ほれぼれします。

    

好きなサザンのメンバーも あら~ 全員60代になりました。

サザンのコンサートへ行きたいと思っても 高知へは来てくれませず
松山市民会館でのチケットが手に入り お昼からずる休みして行ったのは
40代半ばのことです。

体調が悪いからと 忙しい時期に半日さぼり 事故を起こしたらウソが
ばれますので 怖い雪道をそろり慎重に走り 翌日になり帰宅しました。

紅白へ出た桑田さんが 当時の大御所 三波春夫氏のモノマネで客席も
お茶の間も沸かし 私たちも笑い転げましたが 若造の無礼な行為には
当然制裁が待っており サザンはしばらく NHKへ出られませんでした。

学生時代に桑田さんが組んだサザンは すぐ消えるコミックバンドとだれも
思いましたが やはり実力がありました 今や いとしのエリーは音楽の
教科書に載っていると聞きました。

桑田佳祐独特の節回し というか 練習しても唄えないですが やっと私が
覚えて カラオケで十八番にしていたTSUNAMIは あの東北の震災以来
もう唄いません ラジオからも流れません。

ひよっこは 東京五輪の翌年に高校を卒業し 金の卵として都会に就職する
主人公の話で 少し下ですが同時代を生きた者として 懐かしく観ています。

桑田さんにも まだまだいい曲を作ってもらいたい ファンは待っております。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加