くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

再びのお四国6。

2017-07-23 | お四国巡礼

7月のお四国は 第27番神峯寺 28番大日寺 29番国分寺 30番善楽寺
31番竹林寺の 県内5ヵ寺を参拝しました。

まず27番神峯寺(こうのみねじ)は 歩き遍路さんには    土佐の関所あるいは
遍路ころがしと呼ばれる難所で 大型バスが入れないため マイクロバスに
分乗して登り マイクロを降りてから更に 山道を20分ほど歩きました。

あえぎ山門に着くと 標高450mに湧く泉からは 土佐の名水 神峯の水が
滝になり落ちており ひんやり冷たく 巡礼者ののどを潤してくれます
本堂までの石段は 長くしんどいですが 刈り込まれた庭園が見事でした
 
   
   

神峯寺を下ると温暖な海辺の地では 路地の鉢植えマンゴーが実をつけていました
 

28番に向かう途中   見晴らしのいい赤野の休憩所で 一旦バスは止まりました
この地は 作曲家弘田竜太郎の出身地で 雨の詩を サリドマイド障害のため
両手がなく生まれた辻典子さんが 足で書いた歌詞です
  
 

お昼は 海辺の果樹園で取りました
 

28番大日寺はバスを降りて 山道を20分ほど歩かねばならず 食後重くなった
お腹を抱えて 大汗で登りました
 

大日寺では護摩焚きをしており 狭いお堂の中で火を焚いて 中のお坊さんは
なんぼか暑かろうと 信心が足らん者は まずそこを考えます
 

あと3ヵ寺も残っており 体力が続くのか心配になります あと3つは全て平地です
と先達さんに励まされ   29番国分寺に到着しました 茅葺の本堂が美しいです
 
 

30番善楽寺は 土佐神社しなね様の隣にあります 3か月ほど前 母校から届いた
会報誌で 善楽寺の住職の次女が この寺の住職を継いだことを知り 孫のような
年齢の後輩の決断が嬉しくて blogへも載せました
 

この日最後の 31番竹林寺に着きました 竹林寺のご本尊は知恵の文殊様のため
受験シーズンには ご利益をいただきに 受験生のお参りが絶えません
 
     

今回のお四国は お大師様にまず 母の手術の成功の お礼を言いました
母の病院に通った15日間は 一日の歩数が 1,000歩あったかどうか。。。

そのせいでしょう 増々歩けなくなっている自分に ぞっとしました
来月はツアーが夏休み 再来月のお四国に向け 歩いておかねばなりません。

 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口を捨てない。

2017-07-21 | 日記

今月6日に大腸がんの手術をした母は 術後15日で退院の許可が
下り 21日の午後 グループホームへ帰れることになりました。

開腹手術するまでは 何か分かりませんでしたが 開けてみると
結構大きい腫瘍で リンパ球3個を検査して そのうち1個にがん
細胞が見つかったと報告がありました。

90歳の高齢ですので    元の体に戻るは無理だろう   と思いましたが
歩きもヨチヨチながら以前のスピードに戻り 頭の方は施設のこと
自宅のこと 嫁入り前の実家のことなどが チャンプルー状態です。

執刀医の先生が細かく気を配ってくれて 長らく空けたら戻れない
施設もあるそうですが もしそうならば 自分が出向き説明します

と言ってくれ その気持ちが ありがたく嬉しかったです。

  

母の強みは口を捨てない強みで 昔からの口癖は どんな時でも第一に食べること
食べんと元気が出ん 絶対に口を捨てたらいかんと ずっと言い聞かされて大人に
なりましたので 私が口を捨てる時は きっと死ぬ直前でしょう。

   

毎年 娘の友が送ってくれる 西表島のマンゴーが 今年も届きました。

父の神棚にお供えしたのち 母ちゃんにも 一口持って行きましょう。

口を捨てたら病は治らん は昔からの定説ですが その通りでしょうね。



 

 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

砂かぶり。

2017-07-19 | 日記

大相撲名古屋場所が終盤を迎え 横綱稀勢の里関が休場でも 連日
愛知県体育館は 満員御礼の 垂れ幕が下がる人気です。

昔から 名古屋場所=暑い というイメージですが 大半の観客の
団扇の手が動いており ここはエアコンがないものかね それとも
あっても この寿司詰め状態では 効かないでしょうかね。

どの場所でも砂かぶり席には 昔から 和服姿のきれいどころが並び
汗一つかかず涼やかな姿で   TVへ映るを十分意識した   気合の入った
装いで 連日お召し物を替え 観戦しております。

お高そうなお着物の 衿の抜き方や髪の結い方で 粋筋のお姐さん方と
お見受けしますが 極妻の岩下志麻姐さんを ついつい連想するのです。

 

砂かぶりに座る姐さんのひとりが 白鵬関が1045勝を挙げ 花道へと
引き上げて来たとき 花束を渡し 横綱もにっこりと受け取りました。

知りませんでしたが 升席ではお弁当を食べたり出来ても 砂かぶりは
飲食も写真撮影もご法度 姐さん方は 座布団に正座で相撲見物です。

一般の人は 座れないであろう砂かぶり席に 極〇の姐さんを座らせて
服役中の夫である親分が 妻のあで姿を映像を通し見るという なんと
賢いやり方と感心しましたが これがいかんと 以前問題になりました。

親分はシャバの達者な妻を見て安心し 妻からも 待っていますよあなたの
意思表示で   別に目くじら立てんでも   ええではないかと私しゃ思いますがね

 
   

家田荘子さんの極妻を 数人の女優さんが演じましたが なんと言っても
この人 岩下志麻姐御が一番でしょう。

志麻姐に 覚悟しいや! と言われたら はい 覚悟するしかないでしょう。

砂かぶりの 粋な姐さんの画は出せませんので 志麻姐に代打を頼みました。

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィリアムス姉妹。

2017-07-17 | スポーツ関係

毎年楽しみにしている 全英ウインブルドン選手権 女子単決勝戦が
終わり ウィリアムス姉妹の姉 ビーナス・ウィリアムスが負けました。

ライブで観戦するには深夜ですので眠ってしまい 目が覚めた時はもう
試合が終わっていたりでしたが ウィリアムス姉妹は 姉がもう37歳に
なり 今大会は出産のため欠場の 1つ違いの妹は 36歳になりました。

 

ウィンブルドン大会は ずいぶん昔からNHKのTV中継があり 姉妹が
登場する前は ナブラチロワ×エバーㇳ グラフ×伊達公子戦など記憶に残る
名勝負がありました。

ウィンブルドンに 10代で登場した姉妹は とてもインパクトがありました。

長い長い脚の姉のビーナスと 全身バネで    ゴムまりを思わせる妹のセリーナは
ウインブルドンデビュー当時   生まれ持つちりちり頭髪に   重いほど飾りを付けて
それが試合中 ゆさゆさ揺れました。

激しい動きに髪飾りが落ちないのか どこかへ飛んでいかないのかとTV前
でも思い あとで知りましたが 大会側からも 髪飾りがコートに落ちたら
即   負けとすると注意されると   翌日は更に   飾りを増やし出てきたそうです。

瞬く間に力をつけ   やがて姉妹が 女子単の決勝戦で戦うまでになり 家族席
には身なりの派手な母親 姉妹での戦いを観戦する勇気がなく 途中で消える
父親 そんな中でウィリアムス姉妹は みごとなパワーテニスを展開しました。

優勝戦でチャンピオンシップポイントを取った瞬間 どの選手も体全体で喜び
コートに大の字に寝る選手もいますが 姉妹対決で姉が勝ったとき 姉は泣き
崩れる妹の肩を抱き なぐさめる姿が印象的だったのは 何年前の事だったか。

10代で頭角を現し   30代になった今も世界の頂点で活躍する妹 プロスポーツ
全ての女子選手の中で 妹のセリーヌが 今まで獲得賞金が一位といわれます。

姉のビーナスは今大会の直前交通事故を起こし 相手が死亡のニュースを知り
精神面がどうかと思いましたが 強い選手は 精神も強いです。

ダブルスでも姉妹組は長年世界ランク一位におり ↑の写真はユニフォームから
ウインブルドンの ダブルス優勝時のものでしょう。

貧しくてテニススクールに通えず 父親と公園に行き 姉妹でラケットを握り
練習して それから10年ほどで 女子テニスの頂点に立ったウィリアムス姉妹。

そんな姉妹も生身の人間で   病気や故障で長く試合に出られなく   世界ランクが
3ケタまで落ちたこともありましたが 姉妹に限らず海外の選手は 少々ランクが
落ちても 這い上がってくる精神の強さを ナダルやフェデラーが示しました。

錦織圭選手は最近 体の故障で途中棄権したり 格下に負けたりで 思うように
闘えぬのか 試合中ラケットを投げて世界中から非難されましたが どうぞ早く
体を治し 精神面でも成長してもらいたいと 日本のファンは願っております。


 

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

悩むが花。

2017-07-14 | 日記

ここ数日 朝から夕方まで母の病室で過ごす私は TVから連日流れる
松居一代さん騒動に 次から次へ出るものよと 感心して見ています。

NHKファミリーヒストリー 船越英一郎家のヒストリーは見ましたが
その時も 彼の母上である長谷川裕見子さんが その昔東映の 美しい
お姫さま女優であったと もっとそちらに 関心がありました。

  

週刊文春に 直木賞作家の伊集院静氏が 読者の悩みを聞き 答えるという
大人の人生相談ともいえる 悩むが花というコーナーがありますが 最近の
ものからの抜粋です。

 Q私44歳 彼26歳の時に結婚してはや25年 世間からは仲睦まじい夫婦と言われ
  私もそう信じて今まで幸せでした。ところが今年に入り 夫から突然離婚を切
  り出され 職場の同年代の女性と 長く不倫関係にあったことを知りました。
  古希になる私は 長年切り盛りしてきた惣菜屋を閉めて のんびり暮らそうと
  していた矢先のことで 優しかった夫はどこへ行ってしまったのか 50歳を過
  ぎると 男性は別の人生を歩みたくなるものでしょうか?    70歳女性 自営業

 A奥さん 長い間惣菜屋さんを切り盛りしてたんですか。奥さんのこしらえる惣菜
  はさぞ美味しいでしょうナ。さてそれで25年間 18歳の歳の差で仲睦まじく暮ら
  していたご夫婦の間に 今年になって急に波風が立ちましたか? 信頼していた
  ご主人から 突然離婚を切り出されましたか‥‥‥。   そりゃ 驚いたでしょうね。
  しかも長い間 不倫関係にある相手がいましたか‥‥‥。そりゃ ショックだった
  でしょうネ。あんなに優しかったご主人が なぜそんなことをしたのか と思う
  でしょうし 私に何かイケナイところがあったの?と考えるのは当然のことです。
  でもそういうことは いくら考えても 何度自問しても きちんとした答えは得
  られないものなんです。今一番大切なことは ご主人にあなたが言いたいことを
  話して 一刻も早く 二人と離れることです。男と女の情愛をとやかく言っても
  つまらない結果になるだけです。
  あなたは あなたのこれから先のことだけを考えて 歩くべきでしょう。
  50歳を過ぎると 男は別の女性と人生を歩みたくなるか? 世の中そんな勝手が
  通るわけないでしょう。ともかく未練を断ち切りなさい。

  
なるほど~ 悩んでいるうちが花 と伊集院氏は言いますが 悩むにもエネルギー
が要りますからね 残り少ないエネルギーを 惜しみつつ小出しに使っていきます。

 

 

    

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加