くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

農家の苦労。

2017-02-23 | 日記

ビニールハウスで育て 毎日ちぎったものを 農協を通じ県外へ出荷している
ナス農家の友が ハネだからねと 艶々のナスをくれました。

 
 

ちぎりたてのナスは切り口が瑞々しく 黒檀のような なめらかで艶のある肌は
鏡となって顔が映ります。

産直で買ったナスは 時々 皮が硬いものもありますが 朝どれの柔らかいナスは
生でも漬物でも 煮ても焼いても 炒めてもおいしい。

野菜を置く道の駅が増え人気がありますが 道の駅や産直で売る野菜には 残留
農薬検査の義務はなく 一方 農家が農協へ納める野菜には 厳しい検査があると
友は語ります。 

検査は抜き打ちであり もし違反があれば 出荷した農家だけでなく 連帯責任で
数軒で構成するグループ全部が 出荷停止となるそうです。

限られた農薬での収穫は 並大抵ではないと知り それと 道の駅や産直に並ぶ
野菜は 何となく無農薬というイメージですが 検査もなく出荷とは 初耳でした。

日本の農家はかの大国と違い 禁止農薬は使わないでしょうが 量はどうでしょう
自分が今現在 小さい子どもを育てておれば 野菜の残留農薬を気にするでしょう。

でも老夫婦ですからね これからも従来通り 道の駅や産直の野菜を食べるでしょう。
ここはまず 日本の農家の良心を 信じることにいたします。

 

 

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ローカル路線バス乗り継ぎの旅。

2017-02-21 | 映画・TV

テレビ東京で10年も前から ローカル路線バス乗り継ぎの旅 という番組があり
2年ほど前から観ていますが 最近これが最終回を迎え   今は以前のものを時々
再放送しています。

 

太川陽介さんと蛭子能収さんが 毎回変わるマドンナと共に 3泊4日を掛けて
路線バスだけを乗り継ぎ 目的地に着く番組で この旅にはルールがあります。

まず 高速バス 鉄道 タクシー等を使わず あくまでも路線バスだけ使うこと
インターネットを使わずに 地図 案内所や地元の人の 情報だけを頼みの綱に
西回りや東回りなど 限られた日数の中で 熟慮しつつ目的地を目指すこと。

県境などは路線バスが繋がらず 10㌔以上を何時間も歩いて山越えし 次の
バス停を目指すうちに 最初の元気はどこへやら だんだん3人は無口になって
あえぎつつ歩くことになります。

 

リーダーが決めてください 私たちは従います! と太川に向かい言う蛭子氏は
言った割には 歩きが長引くと文句を言い それを 本気で怒る太川 怒られて
泣きだす蛭子。。。 決して 演出とは思えんガチンコ勝負に まず吹き出します。

蛭子能収氏を 好きなタイプと以前綴ったところ 皆に呆れられました ⇒ 

旅の途中の食事も バス停近くの昔からの大衆食堂で メニューの大エビフライが
運ばれた時 ええっ~!  これが大エビ?  ちっちゃ~~  と大声で叫んだ
蛭子さんに 店の主人が  もう撮影はささん 帰ってくれ!  と切れました。

このようにまさに 脳と口の間に関所がない蛭子さんは あちこちで問題発言して
リーダーに叱られつつ 泣いたり笑ったり じわじわと 人気番組になりました。

今は不定期の 再放送を待つのみですが DVDが出ているそうで 買おうかな
と思いますが またこのコンビで新シリーズを始めてくれたら それが一番です。

 
歩きが多いですが 蛭子さん69歳 まだまだ若いです 日本中の蛭子ファンが
次のシリーズを きっと待っていますよ。  

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

胸のポケット。

2017-02-19 | 縫物

ネットで   訳あり格安の綿100%ニットを買い 襟付きチュニックを
縫いました。

訳とは 模様に連続の織りミスがあるそうですが 見ても分からず
気にしません 安いから気が楽で じゃきじゃき裁っていきます。

胸にポケットを付けましたが ポケットチーフのためだけではなく
デジカメ用が 第一の目的です。

 
 

ここ数ヵ月で デジカメを2つ壊しました 1つは砂漠の砂が入ったため
ダメになり もう1つは 私のミスで落としてしまい レンズが出なくなり
2つとも直せません。

どちらも安物でしたが 手に馴染んだ良き相棒でしたので 残念です。

手から離れても   地面まで落ちぬよう   紐で首から下げて   胸ポケットへ
入れることにしました。

今からの季節には暗い色目ですね 春色のスカーフが 確かあったはず
捜してみます。

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

怯えたり呆れたり。

2017-02-17 | 日記

マレーシアの空港で起きた怖ろしい出来事が バレンタインデーの14日夜
インターネットに流れました。

クアラルンプール空港は   昨年5月旅行時に入出国した場所であり   時間と
共に判明していく数々の事柄や    かの国の闇に 世界が震えました。 

そしてこちらは 怖ろしくはないですが いい歳して 何やってんのよと
呆れた報道は 県警の40代巡査部長が 既婚の事実を隠し 別の女性と
結婚披露宴を開こうとし 新郎側の出席者がないため ばれたそうで。。。

 

言い出せないまま ついずるずると とは心に深い傷を負ったでしょう 相手の女性は
今は辛いでしょうが 結婚生活に入る前に発覚し 幸いでした。

この場合女性に 金品を要求したわけではないため 結婚詐欺には当たらないそうで
優柔不断の巡査部長は 減給の処分のみとのこと

彼の奥さんは この事件以降 以前と同じ気持ちで夫に接することが出来るのか ああ
人間が出来てない私なら とてもムリです。

 

税金も医療費も高すぎる なのに年金は毎年減っていき 年々暮らしにくくなっている
それなのに首相は 海外へ出るたび 支援を約束して帰ってくる 若者にこれから更に
まだ どれだけの借金を背負わすつもりなのか

と毎度おばさんは怒りますが かの国では国民が 国のトップを一言でも批判したなら
間違いなく 公開処刑にされるでしょう。

生まれる国は選べないですが よくぞ日本人に産んでくれました 親に感謝いたします
↑の人形は 友の90歳を超えた母上が こつこつ手作りの花嫁人形です。
  



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ハズキルーペ。

2017-02-15 | 日記

カレーの箱や   袋ラーメンに書いてある水の分量が   裸眼では
まず見えません カレーやラーメンは 毎食は食べませんので
我慢できるとして 一番不便に感じるのは 針の糸通しです。

針の穴を みみそ とこちらでは呼んで 方言でしょうかね
みみそで 県内はどこでも通じます。

糸の先をよじり 再度みみそに挑戦しても なかなか通らずで
イラついている時 石坂浩二さんのCMが流れました。

 

早速 フリーダイヤルへtelすると 使う用途を聞かれ 縫物用に欲しい
と伝えたものが一週間ほどで届き 消費税・送料込みで 12,000円弱を
代引きで支払いました。

ネットで見るともっと安く買えますが 一ヵ月使い 気に入らなければ
返品出来て 支払ったお金も返ってくるという ここがメリットです。

TVCMでは 老眼鏡の上に掛ける人もいましたが ハズキ一本の方が
より鮮明に見えます。

 

まず   針のみみそに一発で糸が通り 針を持った我が指先の ささくれや
爪の縦線など 老人の手がくっきり見えて あ~ぁ ばあさんじゃね私。

これなら長く使えそうで 返品せずに済みますし 私のハズキルーペで
試してみて 目にあえば 友はネットで安く買えます。

バレンタインデーの 自分へのご褒美が拡大鏡というのも なんだかねぇ。。。
 

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加