五感のひとり言。  倉敷/gokan/綿シフォン/ガーゼ
大人の女性の五感に優しく語りかける服…  そんなアパレルメーカーのデザインディレクターのひとり言。




札幌の街に、夏なのに雪…?
粉雪のように何かが、風に舞っている。

     

地元の人にお聞きすると、ポプラの綿毛だそうだ。
とにかく確かめたくて、ポプラの並木のある赤レンガの旧道庁の庭へ。

     

ポプラの種子は綿毛に包まれて風に飛ばされ、そして、その後も綿毛だけが風に舞う。  

なぜか、イルカさんの「なごり雪」を口ずさんでしまった… 



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





本日から、札幌出張。
秋冬もののコレクションは、やはり北国から。

梅雨のない北海道も、今日はやや雨模様 

道内のお客様、よろしくお願い致します。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





         

私は、カメラ小僧出身。小学校4年生ぐらいの時に、兄からもらったカメラがきっかけ。
いつも、カメラを首から提げていた、こだわりの「ガキ」だった。
体育会系のノリであったが、自宅には、暗室SETがあった。
 
     

32年前に、バイトもしてやっと買った、憧れのカメラが右の「Nikon」。
今年、新発売を待って買ったデジイチの「Nikon」が左。

早速、新しいカメラでカメラオヤジに変身~ 
HPの商品紹介も随時追加撮影中。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




生地屋さんの営業マンの駆る車。
スバルの、「こんな車で何処走るんだ仕様?」
イジリたおしたその勇姿はバイオレンス。

   

私も試乗会。
自分で操縦するジェットコースターと言うべきか…
とにかく過激で、羽根があれば確実に飛ぶと実感。

ファッションも同様に時々刺激的なのもいいのかも…  ご安全に。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





私の娘たちは、幼いころから、洋服選びは、父と…  
というのが常で、今でも変らず私と出掛けることも多い。

私にとっても勉強になり、ありがたくもある買い物ツアー。
私はもともと海外ブランド品などは大の苦手で、ロゴマークや一時の流行にとらわれず、個性のある服選びを一緒に悩んできたつもり。

        

大阪に買い物に出掛けた時、19歳になる次女が自分の眼力で選んだBagが、このサマンサタバサ社製。

私もこの日本のブランドと社長さんは、メディア等で周知ではありましたが、我家にやって来るとは、‘予想外’。 又、ひとつ勉強になりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





色々なお取引先で、個展や特集を企画していただくこともしばしば。

     

昨日も、東海地区のギャラリーさんに出向き、「五感の服展」のディスプレイと接客に携わる。
 
       

                                 『一期一会』



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




3日の日曜日は、大阪の、お得意先の社長の結婚式パーティーに参加。お幸せそうなお顔を拝見し、私までにんまり。
         

テノール歌手によるミニコンサートもあり、和やかな時間が過ぎ…

その後、ほろ酔い気分で、ホテルに帰った私は、ついついテノール歌手のまね。

    「千のか~ぜ~に♪千のかーぜにな~って~♪」

                         恐るべし…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )