ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

ゆいゆい沖縄 32_浜辺の茶屋

2016-09-24 21:27:10 | 沖縄2016

Fukunosukeです。

 

そもそも沖縄で森カフェだ海カフェだが流行りだした、その走りのひとつが
「浜辺の茶屋」という名前のカフェ。

 

ここです。浜に面して一面の窓が。ほう。

 

通りの側からだと、この階段を下りてくる感じ。

 

中からの雰囲気はこんな。これは気持ちいいです。人気になったのもわかります。

 

引き潮なので目の前は干上がった海ですけど、いいです。

 

気持ちがいいねえ。

 

また例によって変わり映えしない写真をだらだらと。申し訳ないです。

 

しかし何でしょうこのいい感じは。日本じゃないし、世界のどこでもない。
そうかこれが沖縄か。

 

 

ははー、満潮と干潮では雰囲気が違うんですね。満潮の時にも来てみたいです。

 

ん。その写真と比べるとちょっと荒々しいな。これはこれで、、と言って
いいですか(笑)。

 

沖縄のカフェってやっぱりいいですねえ。
カフェ巡りをする人もいるって。

 

沖縄はいろんな魅力が満載です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいゆい沖縄 31_斎場御嶽

2016-09-19 19:36:50 | 沖縄2016

Fukunosukeです。

 

百名伽藍をチェックアウトして、斎場御獄(せーふぁうたき)にやって来ました。

 

観光地として公開されるまで、限られた人しか入れない神聖な祈りの場所
だったそうです(今もですが)。

一足踏み入れてビックリしました。説明しようがないのですが、
とにかく普通の場所じゃない雰囲気です。

 

サングーイ(三庫理)。これは有名。

 

 

他にも凄い写真はあるのですが、軽々しく扱うことについては色々な
意見がある様なのでこのくらいにしておきます。

御獄の中には六つの聖域、拝所があって、それぞれ独特の雰囲気。
いかにも原始宗教の聖地という神秘さで、ちょっとドキドキします。

 

拝所とは関係ないのですが、敷地内に砲弾池という池があります。
説明書きを読んでぞっとしました。沖縄戦の艦砲射撃の砲弾跡が、いまだにこうして
窪地になり池として残っているのだそうです。黒く淀んだ水溜りの水面は、ゆっくり
渦を巻くように動いています。何かの怨念がこもっていそうでした。

 

この斎場御獄は、世界遺産になって観光地化されてから色々な問題に直面して
いるそうです。ひょっとすると、いずれまた立ち入り禁止みたいなことになって
しまうかも知れません。機会があれば今のうちに訪れておくと良いと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいゆい沖縄 30_百名伽藍の食事

2016-09-15 22:06:47 | 沖縄2016

Fukunsukeです。

 

晩ご飯を食べまする。

夜は会席仕立てのコース。やはり、基本は旅館なのかな。

 

メインダイニングから最後の夕日を見物する趣向だったのですが、
残念なことに曇ってしまいました。沖縄最後の夕日を見ることが
できなかった。くー。

 

 

 

ともあれ。

泡盛のロックでスタート。やはり、この程度の量が常識ですよね。
コースターがアタだったりする。

 

先附け。豆腐ようがおいしい。

 


前菜いろいろは琉球ガラスのお皿に盛られて。

 

ジーマミ豆腐のポタージュ仕立て。なかなかおいしかったです。

 

伊勢海老とミーバイ昆布〆。伊勢海老は伊勢から取り寄せている
のだそうです。すごいけど、先日の車えびでもよかったかも。

 

サラダ。

 

県産黒毛和牛のひれステーキ。これは美味しい肉です。沖縄は豚も牛も美味しいなあ。 
右下のはヒパーチだったかな。

 



〆のご飯セット。ご飯は赤米、お椀は中味汁でした。

 

デザートは6種類から食べたいものを好きなだけ。そんなには要らないよー。

 

美味しいです。けど、せっかくなのでもう少し沖縄色があってもよかったかな。
沖縄料理は万人受けしないから難しいのかなー。

 

夜の雰囲気はこれまたいい感じ。

 

 

オハヨウゴザイマス。

 

起きたね。ちなみに、hiyokoが着ているのは館内着です。変わっているでしょう。

 

 

 

朝御飯。

 

 

まとめてこんな感じです。ずぼらですみません。

 

ボロボロジューシー。じゅーしいの雑炊。面白い名前。
お粥とおじやのあいのこみたい。

 

 

こういうリゾートが日本にもあるって、なかなか侮れないです。
 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいゆい沖縄 29_百名伽藍その他パブリック

2016-09-10 12:58:06 | 沖縄2016

Fukunosukeです。

 

お約束なので、その他の場所も少し紹介。

 

ホテルの中ほどに、ガジュマルを囲む回廊。

 

元々ここにあったのかと思いましたが、別の場所で伐採処分
されかけていた木を移植したのだそうです。

 

木のうろに、妖精のようなキノコのかたまり。

 

古そうなシーサーです。

 

ホテルの前のビーチに降りていく階段。

 

そしてまたhiyokoは貝殻運動。お土産程度にね。

 

これはカタツムリ?ヤドカリ?

 

カタツムリの殻に入ったヤドカリでした。おもしろーい。

 

 

百名伽藍の最高なところ。建物の屋上階に、古民家を模した6つの東屋。

 

それぞれ貸切の露天風呂になっているのです。

 

 

 

これはいいです。こんな贅沢な露天風呂は初めて。

 

 

 

休み処でマッサージもできます。潮風にあたりながらいい気持。

 

 

 

南国リゾートだけど、バリとは違う雰囲気。なかなかです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆいゆい沖縄 28_百名伽藍の部屋

2016-09-04 11:43:13 | 沖縄2016

Fukunosukeです。

 

んー。困りました。部屋の写真は、いい写真がさっぱり無いんです。
相変わらず下手なんだ。実際はこれより綺麗ということでご了承ください。

 

 

百名伽藍の部屋は、和洋折衷の作り。今時のモダン旅館という感じです。

 

ソファーの後ろにはライティングデスク&水屋。

 

この木の肌色と質感。赤沢迎賓館や伊勢のThe Earthもこんな感じでしたが、
現代和風旅館の流行なんでしょうか。防水加工のためか、のぺっとするん
ですよねー。

 


 

洋の様で和の様。

 

 

新垣のちんすこう。リッツでもおやつで出てきたのですが、おいしいですね。

 

テラスがあります。

 

部屋からの眺めがこれってすごいな。

そう言えば、ここでチチャを見ました。バリと同じ鳴き声でした。
でも、色は濃くて、バリの様に薄くてきれいな色ではありませんでした。

 

お風呂からの眺めだってこんなですよ。

 

もう少しきれいに晴れていたらもっとよかったです。ちなみにこの時間はほぼ満潮。

 

明るい洗面。

 

こりゃあ気持ちがいいなあ。

 

 

 

 

もうちょいと紹介記事続きます。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加