オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島

2011-03-08 01:39:35 | 映画・DVD【な】
最近・・・以前にもまして文章力がなくなり、もともと貧困だったボキャブラリーはさらに貧困になり・・・ブログ書くのが大変でごじゃる(ToT)。
お付き合いくださる方々、まことに申し訳ござらんのぅ。


さてこの「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」。



冒険ものは「指輪」が金字塔を打ち立てたので、今後もあれ以上のものはないだろうとは思っていますが、これはこれで楽しめました。
ファンタジーとしてもアドベンチャーとしても合格点をさしあげますざんすよ(えらそうなdim子ちゃん)。
とにかく臨場感溢れる映像がすばらしい。
仲間同士の絆に深い感動を覚え、身体はちっこいけど気高い精神をもつリーピチープ(ねずみ)に最後泣かされる・・・。


そしてそして・・・・一番素晴らしいのは

ベンベ~~ン



これがいいたかったのよ(涙)。
うふふ♪
おひげもなかなかしゅてきぃん
そして小汚い(?)コスプレにオトメ心をくすぐられましたん
(ベンベン写真でかいな・・・汗。でも愛の深さと比例しているからむふ)

私はこの映画、ベンベンが出るから観に行った!!!と言っても過言ではありません。
いや~~ルーシーとエドマンドも成長したと思うけど、カスピアンも王としてかなり成長しましたよ。
演説(?)もなかなか威厳があってよろしゅうございました。

別れのシーンでは、涙ぐみながらも「私もベンベンとハグしたい~~~」と不謹慎なことを考えておりましたdim子。
さて、後何回ベンベンを愛でに行きましょうかねぶふふ








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

NSPってご存知ですか?

2011-03-02 23:05:39 | 映画・DVD【あ】
NSPってご存知ですか?

NSPとは70年代から80年代に爆発的に売れた…とまではいきませんがそこそこ売れていた三人組のフォークグループです。



私が高校生だった頃だと思います。
ラジオで深夜番組を聴いていた時に流れてきたのが彼らの「北北東の風」でした。
物語をとつとつと語るように歌う天野滋さんの声と「今日の風 今日の風 北北東の風」という歌詞が耳にこびりつき、8才年上の兄に洗脳され「さだまさし」にとち狂っていた私はいともあっさりNSPに鞍替えしたのでした。
メンバーの中村貴之さんのビジュアルが好みだったということも大きかったのかもしれません。

その当時学生の身分でレコードはなかなか買えなかったので、もっぱらラジオから録音したものをテープで聴いていましたが、すぐにテープはぐんのびてボーカルの天野滋さんの声が間延びして聞こえるくらいになってしまいました。
そしてついには「NSPの曲が弾けるようになりたい」と、なけなしの貯金をはたきフォークギターまで購入したのであります。

当時ガッツという音楽雑誌があったのですが、私はよくNSPの似顔絵投稿したものです。
一度だけ掲載され有頂天になったのを覚えています(そのページを後生大事に切り抜いたつもりだったのですが…どこにいっちゃったのかなぁ…)。

しかし学生というのは移り気なもの。洋楽にかぶれるお年頃でもあります。
洋楽を語らう友を得た私はQUEENやEAGLESへと傾倒してゆきました。
フォークギターも勿論お蔵入り。
冷たいものでそれっきりNSPのことは忘却の彼方と相成ったのです。


ところが30年近くたってからふとしたことで友人とNSPの話題になり「メンバー誰か亡くなったんだよね」と言われました。
ネットで調べてみたら亡くなっていたのはリードボーカルの天野滋さんだということがわかりました。

NSPは1985年に中村さんが脱退し、のちに澤近泰輔さんと深浦昭彦さんが加わったものの、1987年に平賀さんが脱退したのを機に活動を停止したそうです。
その後2002年にオリジナルメンバーで再結成。
日本青年館大ホールで復活コンサートが催されたそうですが、チケットは1時間で完売したそうです。
彼らの気負わない歌詞や歌声が、のんびりいきることがなかなか許されないこの時代にいきる私たちの心を癒やしてくれる存在だったのかもしれません。
なのになのに天野さんは再結成から三年後の2005年に脳内出血で亡くなってしまったのでした。
まだ52才。人生の折り返し地点はすぎたものの、まだまだこれからという若さです。さぞや無念だったと思います。

しかしこの気持ちは何なのでしょう。悲しい…とまではいかないものの、胸に何かがつかえた感じなのです。
もう30年彼らの歌を聴いていないし、ましてや姿も見ていません。友人と話をしなかったら思い出しもしなかったでしょう。
でも学生時代にずっと好きだった人が亡くなったと知らされたような…当時の自分にフィードバックしたようななんとも筆舌しがたい気持ちなのです。

NSP…久しぶりに聴いてみようかな。
そしてちょっとだけ涙ぐんで天野さんのご冥福を祈るとしましょう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おっさんパワー炸裂「RED」

2011-02-20 23:19:06 | 映画つれづれ、祭りとか
ちょっと前に観たのですが・・・なかなか更新にいたりませんで。

いや、すっごく面白かったんですよ。



おっさんパワー炸裂って感じで、多少つじつまが合わなかろうが、あり得ないことの連続だろうが、勢いで見せちゃうから許せちゃう~~~うっふんって映画ってなんか久々に観たような気がしました。

静かな引退生活を送っていた元CIAエージェント(ブルース・ウィリス)が正体不明の暗殺部隊に命を狙われたのを発端に、危険なオジジやオババが集結して破壊の限りをつくすという、マイケルのベイやんが絡んでもおかしくないような映画でした。

いや~~マルコビッチいいですよ。
なんかもう何もしないでそこにいるだけで笑えるんですよね。
え~~別に「ラブ」とは違うんだけど、マルコビッチ好きですね~~。
これはもうDVD買いです。
気持ちがささくれ立った時には是非「RED」を



それからついでに書くけど、最近観たのは「いや~~んもう終わっちゃうでないの」とギリギリに観にいった「クレアモントホテル」。



これもよかったなあ・・・。
クレアモントホテルに暮らす初老の未亡人と、小説家の卵(?)の青年との心の交流を描いたお話でござる。
dim子は思うのですが、出会いってその人が必要とすれば訪れるものだと思っているんです。
「この年になったら出会いなんてないよ~~」なんて思っちゃいけませんよね。
出会いは自分で引き寄せるものだと最近思うようになりました。

話がそれたけど、小説家の卵役のルパート・フレンドよかったです。萌え~~~です
でも「RED」のマルコビッチの「いい」のとは違う「いい」です
決して誤解なさらぬよう・・・。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あけおめことよろ~

2011-01-04 23:15:12 | 日々のこと
あけました


半年に一回の更新です(ははは)。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
(つか見てる人おるんか・・・?)


やばいよ・・・すっかりブログどーやって書いていいのか
忘れてるよ・・・。


絵文字ってどやって入れるんだっけ・・・と考えること3分。


この分だと更に半年たった頃には絵文字入れるのに、
6分くらいかかるんじゃないかにゃ~~

何はともあれ今年もよろしくお願いいたします。

あ、最近観た映画「ハリーポッター」と「Kiss & Kill」だけ。
これと言って感想ナシ
あ、アシュトン・カッチャーの髪型何とかして欲しかったのぁ~~
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

いやはや

2010-06-08 17:01:57 | 日々のこと
ごぶしゃたしてます


なんか久々にネット繋いでます。


たまに携帯から皆様のブログをこっそり見ていたりもしてたんですけど、携帯からだとコメント入れるのが大変なんですよね。
だからどうしても短い挨拶程度になっちゃうの。


いやしかしですよ、結構見に来てくれている人がいるのには驚きました。
こんなアホ丸出しのグログにね~~~ありがたいことです(ぺこり)。


たまに更新をしていこうとは思ってます(と、過去に何回言ったことか・・・)。
ハイ。常に思ってはいるんですよ。


でもね~~最近観た映画は「シャッターアイランド」ですからね。
その前が「アリス・イン・ワンダーランド」だし。
その前が「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」だし。
どれもこれもなんか残るもん何にもなかったしね~記事にできね~~だよ(笑)。

近々「処刑人2」を観に行きまふ。
それで記事が更新できたらいいな~と思ってまふ。
ぶふっ
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

これ見た人おるんかな・・・「PUSH 光と闇の能力者」

2009-11-24 01:25:18 | 映画・DVD【は】
クリス・エヴァンス。
キミのことすごく好きってワケじゃないんだけど、ちょっと気になる存在なんだよな~~。
なんとなく犬っぽくてカワイイぢゃん♪



彼が出ているからというそれだけの理由で(また相変わらずそんな理由です)観てきました。
しかし・・・・このカッコにそのネクタイ・・・

・・・・・・センス悪い???



舞台は香港。
超能力者を人間兵器として育成する米政府機関「ディビジョン」と超能力者達との壮絶(でもなかったけど)な戦いが描かれております。
ま、敵も見方も超能力者ですからね。
相手がどういう行動にでるか読めてしまうので、ある意味頭脳戦でもあるわけですね。

中国の超能力者も絡み「こんなんありか?」というような色んな超能力者が出てきてなかなか面白いとは思います(「X-MEN」ほどすごいのは出てきゃしませんけど)。
ポール・マクギガン監督がそれぞれのキャラクターを人間味豊かに描いていて、単なる超能力者同士の戦いにとどめていないところも好感が持てます。
でもちょっと全体的に地味目かな。
最後も「へっ!?これで終わり!」って感じだしなあ・・・。
そこがちょっと惜しいところかな~~~~。

そうそうクリスくん、中国語喋ってます(爆)。
でもあれ通じてるのかな~~~~微妙にわからない。



で、この映画の一押し~~~~
(これが言いたかったのよん♪)
「ディビジョン」のリーダーの腰ぎんちゃく的存在でありながらも、実はすげー超能力の持ち主だ!!というビクターを演じていたNeil Jackson
「007/慰めの報酬」にも出てましたよネ



いや、目力がハンパないのよ~~~~♪
モロにガツ~~~~ンときちゃったのよ~~~~♪

でもこれ・・・ハゲるタイプだよね。きっと。
末永く多毛でいてくれることを望みます
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

使い方・・・忘れとる(涙)

2009-11-14 01:01:20 | 映画・DVD【あ】
ごぶさたしてまっす!!

ネットおちしていたのでどうやって記事アップするんかすっかり忘れとる~~~~


あ、でもネットおちしていても見にきてくださる方がいらっしゃるようで・・・ありがたいことです(ぺこり)。



ネットおちしている間に色々なことがあり、色々な方と知り合い、世間知らずだった私もちょっとは大人になれたかな~~なんて・・・アラフォーだからもういい大人だっつーの


みなさまのところを軽くまわってみたら、随分と様変わりしておりました。
この変化にワタシついていけるかしら!?

何はともあれまたぼちぼち記事をアップしていこうかな~~なんて思っておりますのでよろしゅうに。
ぼちぼちって・・・どのくらいのペースなのか自分でもわかりませんが、ハイ。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

顔がカユい

2009-03-22 00:32:26 | 日々のこと
ごぶさたしてます~~~。

最近映画も観ていないし、倹約生活をしているため美味しいものも食べに行ってないし、仕事は忙しいし・・・つまりネタがまったくございません(汗)。
(au one GREEの釣りとハコニワにははまってますが。誰か話できる人はおらんかな
あ、ヒューが出ている「オーストラリア」は勿論観てきましたが。
内容については触れないでおきます
スペースかせぐため写真載せておこう。ヒヒヒ。



まああ~~可愛い(ヒューが)
はっきりいってニコール・キッドマンそんなに綺麗だとは思わなかったなあ。
スタイルはいいけれど、色気はないし(ヒューの方は色気ムンムンでしたが)アップもかなりきつかった

さてワタクシですが春を感じる今日この頃、顔がカユくてしょーがありません。
毎年季節の変わり目・・・というか春先になると、お肌のトラブルです。
面の皮が厚そうとか言われてますが厚くないんですよ~~だ。

月末ダーリンがこっちにくるからそれまで綺麗なお肌にもどさなくっちゃ。
きゃきゃ♪←バカ
コメント (23)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なんだかんだいいつつも・・・

2009-01-30 00:52:37 | 映画つれづれ、祭りとか
ひゃ~~~ブログを書くのも久しぶりです。
みなさまお元気でいらっしゃるでしょうか?

今年は本当に観たい映画だけを観る・・・なんていいつつも、今月は5本ほど鑑賞いたしました。

「ラースと、その彼女」
「252 生存者アリ」
「007 慰めの報酬」
「永遠のこどもたち」
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

何をおいても観たかったのが「永遠のこどもたち」。



これは今月観た中で一番好きなタイプの映画でした。
恐怖心や不安感をじわじわと煽るだけではない、愛憎や悲哀を伴うダークテイストな感がいいですね。
それと母親役のべレン・ルエダの気迫せまる演技が素晴らしいです。
これはJ・A・バヨナ監督作品なんですが、この作品をプロデュースしたギレルモ・デル・トロの「デビルズ・バックボーン」や「パンズ・ラビリンス」、それからジャウマ・バラゲロの「機械じかけの小児病棟」なんかに相通ずるものがありますね。
まあ単に自分の好みだってだけのことなんですが。
彼らは子供の頃、目に見えないあるいは空想の友達なんか本当にいたのではないかとふと思ったりしました。

「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」は・・・思ったよりよくなかったです(笑)。
ううう~~~ん・・・期待しすぎたかな。
みなさんの意見はどうだかわからないけれど、これは一作目の方が好きかも。
今回はイマジネーションを膨らましたのだろうけれど、「ブレイド」はブレイドじゃなきゃダメなんだけど、なんだかこれの主人公は別にヘルボーイじゃなくてもいいじゃんって思ってしまいました。
それにイケメンが出てこないのはやっぱり寂しい・・・(そこかい)。
エルフの王子をもっとかっこよくして欲しかったなあ・・・。

「007 慰めの報酬」は・・・ダニエル・クレイグはかっこいいなあとは思いましたが、やっぱり自分はもっちりむっちり系のロジャー・ムーアが好きなんだと思い知らされました。
身体の切れが悪かろーが、年いってよーがいいんです。
あと悪役なんですが、マチューが可愛いのが意外でした(爆)。
007でいつかノリエガに悪役やって欲しいですね。
あとレイフ・ファインズとかも結構いけると思うのですがいかがでしょ?
ジェリーとかもいいかもね!
って結局自分の好みなだけじゃん。


まあこんな調子で今年も頑張りますんで(っていうか頑張ってないじゃん、全然)今年もよろひく。
コメント (26)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あけました!!!(とっくに)

2009-01-07 23:28:05 | 日々のこと
みなさま、あけましておめでとうございます(遅いっつーの)。

昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたしますねー。

昨年は70本の映画を映画館で鑑賞したのですが(私にしては多い)、今年は節約もかねて、本当に見たい映画だけに絞ろうかと思っています。
結局昨年ラストに見たのは(どっちを先に観たのか忘れた・・・)「ティンカーベル」と「地球が静止する日」。
もうこの二本については何も言いたくない・・・

年明けは「ラースと、その彼女」と「252 生存者あり」(内野さんを見んがために)を観てきました。
「252 生存者あり」は映画としては大したことがなかったけれど、伊藤くんがかっこよかったな~~~♪ラストはありえね~~って感じでしたが。

今年もよい男を愛でていこうと思っています。
なにとぞご贔屓に

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加