ダンワールドから皆さまへ

体と心と脳の健康づくり
人と社会と地球の健康づくりをサポートします。

もうすぐ「二百十日」

2017-08-20 11:47:38 | コラム

こんにちは、ダンワールドです。

 

二百十日(にひゃくとおか)をご存知ですか?

立春から数えて210日目にあたる日のことで、9月1日または2日にあたります。

農家では、昔からこの日を最大の厄日として警戒してきました。

 

その理由は、毎年、この日の前後には、台風が襲来することが多いからです。

ちょうどこの時期は、中稲(早稲と晩稲の中間になる稲の品種の総称)の開花期にあたるため、台風に襲われると、ダメージもそれだけ大きくなります。

 

もともとは、伊勢の船乗りたちが、長年の経験をふまえ、9月1日くらいが台風の襲来する確率が高いとの説を広めたとも言われています。

 

この二百十日が日本独自の歴日である「雑節」として暦に記載されたのは江戸時代で、八十八夜とほぼ同じ頃だそうです。

 

二百十日から10日後の9月11日または12日は、「二百二十日」(にひゃくはつか)と呼ばれています。

この前後の時期も台風の襲来することが多く、農家の間では二百十日に次ぐ厄日とされてきました。

 

「二百十日」と「二百二十日」、それから旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」は、日本の農家にとっての「三大厄日」とも呼ばれています。

 

台風などの暴風被害から農作物を守るために行われるようになったのが、「風祭り」です。全国各地で風を鎮めるための祭りが催され、現在も残っています。

富山市の「越中八尾 おわら風の盆」などが有名です。

 

現在は気象観測の技術が発展し、台風の予報が出されるようになったので、農家でも予報をもとに対策をたてられるようになりました。

それでも、9月が近づくと台風を警戒することに変わりはありません。

 

今年も天気予報をしっかりとチェックしながら、台風シーズンを乗り切りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大勢の前でのスピーチ

2017-08-01 10:00:00 | コラム

冠婚葬祭や宴会の挨拶をするときは、どうしても緊張してしまいますよね。

 

スピーチの専門家によると、挨拶やスピーチを上手に行うには、たとえあがっていたとしても、あがっていることを無理に隠そうとしないことがコツだといいます。

 

大勢の人の前でしゃべるときはだれでもあがるし、それはむしろ、緊張感が高まっているというシグナルだから、あまり気にすることはないし、隠すこともない、とのことです。

 

私たちはどうしてもあがっている状態から脱しようとします。「あがらない」としようとしても、かえってそれがプレッシャーになってしまいます。でも、「あがりながらしゃべろう」と開き直れば、気が楽になるのではないでしょうか。

 

また、専門家によると、しゃべっている本人には、緊張が数倍に感じられるために、「自分だけ特に」あがったように思えてしまう傾向があるといいます。

 

でも、実際には、あがったことによる体の反応は他の人からみると、たいしたことはない場合が多いそうです。足がふるえたといっても、ほんのわずかな振動でしかないのです。

 

堂々としゃべった人が、「いやあ、すっかりあがってしまって」と言うのも珍しいことではありません。

 

大事なのは、あがっていても多くの人に気持ちを伝えようとする姿勢。それが、聞く側の共感を呼ぶのではないでしょうか。

 

でも、どうしても緊張や冷や汗が止まらなかったら、おへそにそっと手をあててみて下さい。心が少し落ち着いてくるはずです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンキナマズ

2017-07-28 15:36:35 | コラム

こんにちは、ダンワールドです。

 

夏になると、水族館に行きたくなりませんか?

 

巨大な水槽の中を悠々と泳ぐ魚たち。涼しげなその姿を見ていると、心が癒され、リフレッシュできるような気がします。

 

地元の水族館で、私のお気に入りの魚は電気ナマズ(デンキナマズ)。

その名のとおり、電気を発するナマズです。

 

電気ナマズはもともとアフリカ原産で、コンゴ川やナイル川流域に棲息しているとか。

日本でも古くから熱帯魚として人気があったそうで、電気ウナギとともに名が知られていますね。

 

電気ナマズの「発電器官」は、皮膚と筋肉の間にあり、その発電能力は、大型のものだと最大400ボルトに達するといいます。

私の地元の水族館では、その電気の強さを観察する展示がいつも行われています。

 

体は茶褐色で、黒い斑点が不規則に散らばっており、尾柄部にも黒い縞があります。

見た目は決してかっこいいとは言えませんが、合計6本の長い立派な髭を持っており、それが何よりもチャームポイント。

愛嬌のある表情がとても魅力的です。

 

他のナマズと同じように、電気ナマズも夜行性。

水族館では、昼間は底の方にかくれていておとなしいですが、夜になると活発に餌を求めて泳ぎまわるそうです。

 

他の魚を襲うため水槽にはこの魚1匹しか入れることができないとのことですが、基本的には丈夫で飼いやすいそうです。

個人で飼育する場合は感電の恐れがあるため、注意が必要だそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろお中元

2017-07-06 09:49:15 | コラム

こんにちは、ダンワールドです。

 

そろそろお中元の時期ですね。

今年のギフトは何にしようか、などと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

お中元は、もとは中国に発しているそうです。

 

中国では正月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」と呼び、合わせて三元と称していました。

 

そして、これを「贈罪の日」として、金品をささげて罪ほろぼしをすることになっていたそうです。

 

なかでももっとも重んじたのは7月15日の中元。

お中元はこれから起こり、日もちょうど同じであったため、お盆と結びついて、縁故者や取引関係のあいだで贈答するようになったといいます。

 

つまりお盆の贈り物のことを「お中元」などと包装の上に書いたりしますが、正しくは中元とは、7月15日という時期をいったものなのですね。

 

それが次第にそのときの贈り物をも意味するようになったということになります。

 

お中元の贈り物の品としては、以前は主として麺類、衣料、履物、菓子、くだもの、調味料などがよく選ばれましたが、最近では洋菓子やケーキ、ビールなどが人気だといいます。

「夏といえばビール」というイメージは依然強いのですね。

あとは、ハムやソーセージも保存期間が長いため、根強い支持があるようです。

 

とはいえ、お中元の習慣は、若い人の間ではすっかり薄まっているようです。

暑中見舞いとあわせて、長年続いた「夏の挨拶」の習慣が今後どうなっていくのか、興味深いですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏越、小暑、大暑

2017-06-29 09:54:33 | コラム

こんにちは、ダンワールドです。

 

梅雨が終われば、いよいよ本格的な夏ですね。

中国伝来の二十四節気によれば、夏というのは、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑という6つの段階にわかれています。

 

このうち、7月7日ごろが「小暑」(しょうしょ)。

太陽の黄経が百五度に達するときで、この日から暑気にはいるとされます。

 

そして、7月23日、24日ごろが「大暑」(たいしょ)。

太陽の黄経が百二十度に達するときで、暑さがもっとも厳しいときとされています。

 

このほか、二十四節気ではないですが、小暑の前の6月30日に「夏越」という節目があります。

日本では昔から夏越が夏にはいる区切りの日とされ、「夏の御喫」「夏越の節供」「夏越の神楽」などのことばが残っています。

この日にカッパ(河童)が山から降りるとの言い伝えもあります。

夏越から一両日たつと、海水浴にいったり、高い山にのぼったりしても害がないとされる一方で、カッパが残っているかも知れないので、注意が必要だといいます。

 

天武天皇の時代の674年ごろから、夏越と12月の晦日に、親王をはじめ在京の百官を朱雀門に会して、万民の罪機を祓う神事が行なわれており、これを「大祓」(おおはらえ)というそうです。

全国の各神社でもこれにならい、現今にいたっているといいます。

 

地球温暖化もあって、日本の夏も猛暑になりやすくなっています。

しっかりと規則正しい食事をして、睡眠も十分にとりながら、楽しい夏を過ごしたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加