Cache-Cache ~かわいいかくれんぼ~

日々の生活の中で“見つけた”なにげない事柄を、
子供たちの育児日記と一緒に・・・

恐怖のご対面

2017年06月19日 | 2017年の庭

空梅雨と思われる今年の梅雨は、雨が少ないだけじゃなく
気温も今一つ上がらず(今日は暑くなりましたが)、風が少し冷たく感じる日もあります。
だからか、市内の小学校では風邪による体調不良が増えているようです。
これで急に気温が上がると、夏バテも心配ですので
体調管理に気をつけねばいけませんね。

さて、気をつけると言えば、今日、とんでもないものと出くわしてしまいました。
すっかり伸びきってしまったローズマリーを刈り込んでいたら、
持ち上げた枝の奥に、ガーデナーには、黄色と黒のボーダーでお馴染みの、あの蜂...
アシナガ蜂の巣があったのです!
あったということは、そう、ぶら下がっている巣に女王蜂と思しき蜂がいて、
一瞬、目が合った気がした...ような。
とにかく急いでその場から離れ、幸い、蜂が飛んでくる様子がなかったので
自転車に飛び乗り、大急ぎで薬局へ、蜂用スプレーを買いにいきました。

実は、このところ、ピエールの所にアシナガ蜂が例年より多く飛来してきているのを、
不思議に思っていました。
近所では空き家が増えつつあるので、きっとそのどこかに巣が出来ているのだろうと思っていたのが、
まさか自分の家とは!それも、ローズマリーは、ピエールの近くに植えてあるので
よく今まで刺されなかったと。
それも、家の前はスクールゾーンなので、子どもたちに被害が起きたらと思うと
とんでもなく恐ろしくなりました。

本来ならば、益虫の一つとして扱われる蜂ですが
子どもたちのことを考えて、巣ごと駆除することにしました。

蜂駆除のスプレー剤は、それ専用でなくてもいいらしいのですが、
念のため離れた場所から駆除できるよう、1本1,000円もする威力のあるものにしました。仕方ありません。
注意書き通り、出来る範囲の完全装備で、いざ噴射!
半分ほどを吹きかけたところで、ポタリポタリと薬剤と共に蜂が落ち、駆除が完了しました。
その後30分ほど様子を見ましたが、戻ってくる蜂はなく
巣も5cmほどでしたので、これで大丈夫のようです。
巣は完全に潰してから、厳重に袋に入れて縛りました。
缶の残りの薬剤は、巣作りの防止にもなるというので、家の周りに散布をし
ローズマリーは、刈り込むどころでなく、枝抜きも行い、まるで冬バラの剪定後のような姿になりました。
これも当分、仕方がありません。

それにしても、スズメバチに比べたら・・・と言いますが、それでも蜂は蜂。
見つけた時は、本当にビックリ!
とんでもない経験になりました。
蜂には可哀想なことをしましたが、どうか家には、もう巣を作らないでと願うほかありません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

土鍋ご飯

2017年06月13日 | My Life

ご飯炊きの土鍋を手に入れました。
予ねてから欲しかった土鍋がポイント交換の商品にあったので、地道に数か月ほど貯めての交換です。

先週の日曜日に届き、早速その日の晩に炊いてみました。
説明書通り、20分の給水の後、蒸気が上がるまで強火にかけ、その後はとろ火で10分...
蒸らしに10分待って、いざ炊き上がりは!
おこげが出来てしまいましたが、ご飯はふっくらモチモチ。
うん、炊飯器のとは比べ物にならない美味しさにビックリ!!! *我が家の7年近く前に購入した炊飯器比です。
おこげもこすらず無事にとれて、そのパリパリ感と味は、まさに御煎餅そのもので、
こちらも美味しく頂きました。

しかし、説明書通りに炊いたにもかかわらず、
なぜおこげが出来たのか...
次の日に、職場で土鍋愛用の同僚にコツを教えてもらいました。

強火=鍋肌から火が立ち上がらない程度

とろ火=きもち早めに火を消す

どちらの火加減でも、説明書より早めの時間に切り上げたほうが良い

その晩、アドバイスに従って炊き上げると、今度はおこげなく、さらにツヤも加わって
風味も増したご飯が炊きあがりました。

さて、なぜ土鍋が欲しかったのかというと、
言うまでもありませんね、土鍋愛用者から、土鍋炊きの良さを聞いたからなのです。
先の職場の同僚、娘のお友達のお母さんたち(こちらが意外に多く、朝ご飯でも土鍋で炊くと!一体何時に起きているのかしら?!)。
さすがに朝も土鍋とはいきませんので、夕飯用が殆どですが、
忙しさのせいにして、つい手を抜きがちになること...特に食事に関して
自分への戒めとして、美味しいご飯を用意することを心掛けたいと思ったのです。
と、聞こえの良い話ですが、土鍋炊きのご飯は美味しいので
おかずが少なくて済むらしい...
何かと値上がりのご時世で食費も切り詰めつつ、本当にやり繰りが大変です。
特に今年は、昨年からの根菜類の値上がりが、かなり影響しています。
最近は、ようやく葉物野菜も合わせて落ち着いてきましたが、代わりに鶏むね肉が値上がりして
食費の負担は増すばかりです。
そんな中で食べ盛りの子たちを、いかにお腹いっぱいにするかが、毎日のミッションなのです。

でも、美味しいからといって、ご飯をいっぱい食べていたら
お米があっという間に減ってしまいますね。
どちらも悩ましいなと思いつつ、土鍋ご飯に合うおかずを考えるのが、新たな楽しみになっています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイの季節に

2017年06月05日 | 2017年の庭

5月後半から、怒涛のように学校行事が押し寄せ、
出来るだけ出席できるように仕事や家事を片付けると、布団に入るのは毎晩午前1時となり、
流石に心身ともに疲れ果てております。
そんなこんなで気がつくと、私の小さな庭のバラたちは、すっかり葉っぱだけとなり
*花がらは、きちんと片付けています
お礼肥をあげた今は、しばしの休息時間です。
ああ、私も休みたい…バラを眺めていたい…

そんな私のつぶやきが聞こえたのか、ピエールの最後の蕾が咲き始めてきました。

          
例年なら、最後の花は白っぽいのが咲くのですが、今年はちゃんとピエール色です。
ありがとう。
また来年、会えるのを楽しみにしています。

そして、庭の主役はバラからアジサイへ…
アナベルは緑の花が徐々に白くなってきています。

          

この緑の姿も美しい

          
一足早く白くなったのは、日陰の庭に静寂を与えます。
そして、去年は全く咲かなかったアジサイに…

          
今年は、こちらも沢山の花が上がっています。
でも、色が…買った時と変わっている。(買った時は真っ青でした)
紫がかっているということは、土壌が弱アルカリ性なのかしら?
この場所はガーデニング風水では、青が良い場所なので、さてさて困った。
青色系統の色味ということで目を瞑るか。
土壌改良までは、今は手が回りません。

さて、最近、庭から可愛い声が良く聞こえてきます。
声の主は、こちら

           
スズメの親子
右はじのは、まだ雛特有の羽毛が見られますね。

          
ここまで、たどたどしく飛んできたのでしょうが、まだ顔は雛の名残が。
          
     
もう一羽のほうは、引っ切り無しに餌を強請っていました。
スズメのいるこの場所は、マイダスタッチや、モッコウバラなどの花類に、小さなジャガイモ畑があるので
餌となる虫がいるのでしょうね。
小さな庭なのに、よくまあ餌場を見つけるものですね。
それにしても、食べ盛りが2羽もとなると、お母さん(たぶん)スズメも大変です。
我が家も、食べ盛りの男子二人が同じように、口を開けば、お腹空いたと騒がしい毎日です。

春先に米ぬかを撒いたのですが、もしかしたら、それを食べに来ていたのかもしれません。

スズメの訪問は嬉しいのですが、唯一の心配は、近所の野良ネコ軍団です。
糞はしなくなりましたが、通り道にしているようなので、スズメの親子が狙われませんように。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

二宮 吾妻山公園にて

2017年05月28日 | 子育て日記

良い天気に恵まれた今日、子どもたちを連れて、お弁当を持って
ハイキングに行ってきました。
場所は、二宮の吾妻山公園です。
駅からすぐの所に登頂ルートが2通りありますが、
比較的上りやすいコースで15分くらいでしょうか。
子どもたちは以前にお父さんと一緒に来たことがあるのですが、私は初めての為
今回は登りやすいほうにしました。



頂上の景色。
ちょうどのこの写真の左側の植え込みの部分は、菜の花畑になります。
この公園は、県内でも一早く菜の花が咲くことで有名で、開花の季節には
カメラを持った多くの人で賑わいます。
晴れた日には富士山が望めるので、冠雪の富士と菜の花の景勝を
ニュースなどで観た方も多いのでは?
今日は、あいにく富士山を望むことは出来ませんでしたが、
この青々とした芝の美しさと、眼下に広がる海の青さも、中々の景色でした。



沖へ向かう一艘の漁船が見えます。



釣り船でしょうか。
この時期だと、アジやキスなどが釣れますね。



展望台から、国府津方面を望んで。
こちらも中々の景色です。
そして、風に乗って電車の音が聞こえてきます。
ファインダーを覗いて電車を探すと…



緩やかなカーブですれ違う、東海道線と貨物線が見えました。
場所は、2つ上の国府津の眺めの写真。海側に大きな建物(マンション)が建っている方向から、
少し右側あたりの場所なんですよ。
画像はぼやけ気味ですが、それでも、これだけ離れた所でも撮れるなんて。
今どきのカメラの性能には、改めて驚かされます。

さて、この公園は、この景色の他に、子どもたち人気のローラー滑り台があります。
子ども(中学生まで)は無料ですが、大人は1回100円の有料です。
一人で滑りに行く息子たちを見ていて、ついこの前まで
「一緒に!」と、言っていたのですけどね…。

もうひとつ、子どもたちが群がっているところがありました。

ウサギ小屋です。
小学校などにあるようなウサギ小屋のより、広々とした小屋は四方、天井もフェンスで囲われ
カギが掛けられているので、いわゆる触れあいコーナーではないようです。
15羽ほどのウサギが、みな地面に寝そべっている様子は可笑しかったです。



ウサギは半目を開けて眠ります。
と、思えばこんな姿のも…


このウサギさんは、完全に目を瞑っていました。



小屋の片隅には、今年生まれた2羽の仔ウサギの姿が。
この後、2羽とも毛づくろいをするのですが、それが大人としぐさが変わらず(いわゆるティモテと呼ばれる、耳掃除のしぐさ)。
でも、まだ体の安定がないため、その度によろけるんですよ。
それが可愛くて、可愛くて。

しかし、保護・飼育されているとはいえ、みな、どのウサギも精悍な顔つきに見え
やはり、家飼いのウサギとは(複数いるのもあるのでしょう)随分と違います。
我が家の茶々丸など、きっとここのウサギに比べたら、昔で言うところの、もやしっ子かもしれませんね。
ちなみに、今日のように留守にするときは、クーラーをかけています。
涼しい部屋で寝転んでいるのでしょうね。

今日は気温が上がりましたが、風があったので心地よく、
程よい疲れが残りました。
そして、息子二人は、うっすらどころか、しっかり焼けていました。
紫外線は、もう真夏並みです。

二宮・吾妻山公園
JR二宮駅下車。北口出口から、二宮小学校の裏側へ回り、徒歩15~20分程度。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

勝負色は紺

2017年05月21日 | My Life

今週も、忙しい1週間でした。
地域の行事に始まり、塾の面談や説明会、そして〆は高校の役員会です。
今年度、娘の高校の役員になりまして...
やっぱり高校でもPTAに関わることになるのかと、もうこうなると、運命のような気がしてきます。
幸い、小中学と違って渋々ではないことと、周りの方たちの考えや働きが素晴らしく
とても参考になる、良い経験ができるとだろうと感じています。

さて、役員になって一つ困ったことが。
それは洋服選びです。
小中学では、総会などの式典以外は普段着でも大丈夫でしたが、
高校へは電車に乗るのもあり、また、ある程度のかしこまった装いが必要な集まりが多いのです。
手持ちの服は、仕事用のものと、普段着(そう仕事用と変わらないのですが)。
かしこまった洋服は、卒入学式で着るようなワンピース、スーツ以外見当たりません。
といいますか、もう10年以上前(正規職員だった頃)に買った、もう着れないスカートやワンピースは
山のようにあるのですが…

また先日は、総会が開かれたのですが、これも着ていくものに随分と悩みました。
職場の同僚に、入学式のワンピースでも大丈夫かなと訊ねたら
「かしこまりすぎですよ。」と言われ…
ファッションリーダーの同僚のアドバイスを受けて、1着ワンピースを購入しました。

シンプルなデザインで着回しの利くもの。
懇親会などの席が座敷だった場合、足を崩しても隠せるようにスカートはフレアー。
肝心の色は紺。

この3つのアドバイスと、+スカートの丈は膝が隠れる長さのものを選びました。
*出費だけが痛い~

肝心の色ですが、紺はここ数年ズボン以外に買わない色でした。
自分の服などあまり買わなかったので、買うとしても洗濯の色あせが目立ちにくい色味のものばかり。
勿論ワンピ―スなど、普段の生活では必要のないものでした。

急な出費は頭が痛いところですが、必要な一枚を探すのは中々楽しく、忘れていた気持ちを思い出しました。
洋服…オシャレをするのは楽しいということを。
限られた予算の中、希望にかなう1着を探すのは大変ですが、
足が遠のいていた場所に立ち寄ることや、ネットなども検索したり、
娘と流行りのものの話などをしたり、慌しい生活の中に、少し余裕が生まれるような感じがします。

紺色のワンピースを買ってから、紺の服をよく見るようにしています。
トップスなら、流行りの白地のストライプのボトムスに合わせたら、オシャレかな~とか、
紺のウエストリボンのフレアーパンツは、使いまわしが利くだろうななど。
自分の給料の中で、必要なものへの振り分けが済んだ
僅かな残りを貯金して、次の1着、勝負服を購入するのが楽しみです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ローズヨコハマ

2017年05月18日 | 2017年の庭

世界各地の地名が名付けられたバラは、数多くありますね。

ローズヨコハマもその一つ。

2000年に京成バラ園によって作出されたバラです。
大輪どころか巨大輪と言ってもいいぐらいの大きさで、さらに鮮やかな黄色が一段と目を惹きます。
また香りも大変素晴らしく、その姿は、ヨコハマの名にふさわしい華やかさ、魅力を感じさせます。
長女の生まれた年であるのと、好きな黄色とあって、真っ先に迎えたバラです。
(3度目の正直の株です)

今年は、天候が思いのほか良くない状況ですが、すでにシュートを2本出していて、
また、どの枝も充実した生長を見せてくれています。
蕾も沢山上がって、まさに青春真っ盛りの娘のように元気そのもの。
我が家で一番元気のいいバラです。



ステムが長く丈夫なので、切り花にも向いています。
また、トップ画像のとおり、沢山の花びらがついているので、1本でも存在感抜群のボリュームです。
香りも強く、ただ今、我が家の居間は、良い香りに包まれています。



つるバラ・アメリカも次々に開花しています。
この一輪は、本来の朱色に近い色かなと思います。


そして、今日のピエール

フェンスに誘引した表面のバラから、一歩隠れた場所で咲いているのも好きです。



こんな風に、フェンスに寄りかかっているように見えるのも。
ピエールは、高い所に誘引して、うつむき咲く姿を眺めるバラ。
足元の方に咲いたのは、ステムが支えきれないから、こんな風にして見てもらえるのを編み出したのかしら?


さて、ピエールは今週末ぐらいがピークになるかと思いますが、すでに早咲きのものは
花びらの傷みが目立ち始めてきました。
途中、雨の日や黄砂が飛んだ日がありましたから、仕方がありません。
散って道路や周辺を汚してしまわないうちに切るのですが、やはり切るの胸が痛みます。
前を通る人の声も少なからず聞こえますしね…
でも、今年も楽しませてくれたことに感謝の言葉をかけながら、行いたいと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

しっとりとバラの香り漂う

2017年05月16日 | 2017年の庭

連日バラの話題ばかりで、すみません。
なにせ、この日のためにと一年頑張ってきたものですから、他のものは後回しにしてしまうぐらい
バラにしか目が行かないのです。

子どもたち、それぞれの記念に迎えた、木立性のバラも咲き始めてきましたよ。

お兄ちゃんのバラ




昨年から、養生させているので、今年は花数が確認程度しかありません。
少し寂しくはありますが、長く大事に育てたい(と、子育てもそうしなければならないのに)ので
今は辛抱の時です。
春は、紫がかったピンクの花色で香りは微香ですが、房咲なので、とても存在感のあるバラです。


弟君のバラ


こちらも、今春は花数は少なめですが、上がった花にボリューム感があるので
見応えがあります。
花びらは柔らかなピンク色…でも、蕾を見て頂くと黄色でしょ?
この、黄色からピンクに色が移っていくのが何とも不思議。
四季咲きなので秋もそうなのかと思うと、色の変化はなく、淡いピンクだけになります。
我が家だけなのかしら?
香りは、芳香のバラとあって、
「ダマスクス系とティ系が混合した様な、素晴らしい香り」(カタログから抜粋)がしますよ。
優しい色合いも、爽やかな香りも、次男らしい感じがするバラです。

もうひとつ、お姉ちゃんのバラ【ローズヨコハマ】があるのですが、蕾は上がるのは早いのですが
そこからが長い…スロースターターのお姉ちゃんそっくり、もとい、
じっくりと機が熟すまで待つタイプのバラです。
一つ、咲き始めた蕾があったのですが、そちらは、母子ともに仲よくして頂いている方へ
アレンジメントにして贈りました。
記念の写真は無し…
写真を撮るの間もないくらい、今年はバラがあっという間に咲き開いてしまうので
大急ぎだったのです。
でも、今年はすこぶる調子が良い感じで、まだ蕾が上がっていますから
今週中にでもアップできるかなと思います。

昨年秋の開花の時の様子
昨年6月の様子

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

つるバラ・アメリカ

2017年05月15日 | 2017年の庭

ただ今、つるバラが咲きほころび、今週末にはピークを迎えるかと思います。
長く伸びた枝に、沢山の花が咲き並ぶ姿は圧巻です。
我が家のつるバラは、ピエール・ド・ロンサール、アメリカ、そして新しく迎えたクリムゾングローリーです。

ピエール、クリムゾングローリーは、有名なバラですので、特に加筆する必要などないかと思いますが
アメリカは、あまり聞きなれないバラかと思いますので、2年程育てている感想を記したいと思います。

アメリカ

アメリカJP 1976年作出
花色    朱色
花形    剣弁高芯咲
花弁数   22~25枚
花径    約12cm
伸長    約2m
樹形    つる性
芳香    中香

四季咲きで、朱色の大輪の花を咲かせます。
栽培は容易で、低い垣根やポール向き。
ベーサルシュートに沢山の蕾を付けるので、花の房となります。
出典:京成バラ園 通信販売カタログから





完全に開く一歩手前くらい。
花びらが多いので、開くまで少し余裕があります。


横顔


ピエールと比べてステムは長いです。
自立性は高いのですが、やはり大輪なだけに、咲き進むとうつむき気味になります。

我が家の場合、どうしても日照不足が影響してか、花色は朱色よりも少しピンクがかった朱色に近い色味です。
香りは説明通りの中香で、でも、これだけ咲くとかなりの香りが立っています。
枝は細目でしなやかなので、誘引はしやすいかなと思います。


今日のピエール

フェンスの頂点も、こんもりと咲きほころでいます。



全体を見ると、やはり今年は小さめのような気がします。
それから、誘引を失敗したかも。偏りが気になります。(反省です)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バラ祭り

2017年05月13日 | 2017年の庭

久々の雨の土曜日になりました。
咲き始めた花たちは、雨に打たれて項垂れていますが、
まだ花びらがしっかりしているので大丈夫そうです。

晴れの日に撮った姿を…

黄バラのマイダスタッチの蕾。


気温上昇で一気に花が開いてしまいました。



メイスポーラの蕾。少し緑がかっているようです。


開いた姿です。剣弁咲の通り、花びらがとがって、いわゆる(大体の人が思い描く)バラらしい姿だと思います。
香りは中香程度で、ふんわり柔らかな香りがします。



昨年、次男から母の日のプレゼントとしてもらった、ルーレット。
どうしたのか、一枝からこんなに沢山の蕾が…勝手にスタンダード仕立て?



つるクリムゾングローリーの蕾。この姿からして、圧倒的な存在感と美しさです。



そして、ただ今我が庭の主役、ピエールドロンサール。






この花びらのボリューム!中心に向かって濃くなるピンクのグラデーション。
いつまでも見ていても見飽きないバラです。

弟君のバラも、動き始めてきましたよ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

mother's day

2017年05月09日 | My Life

今週末の母の日に少し早いのですが
富山のお母さんへ、庭のバラとストールを贈りました。

    

早咲きのピエール・ド・ロンサールに、花屋さんで購入したカーネーションを合わせて。

毎年、母もバラが咲くのを楽しみにしていて、だからこそ、この早咲きの一番花はお母さんに見てもらいたい。
特に、このピエールは母もお気に入りだそうです。
母の日の主役はカーネーションですが、我流アレンジメントでは脇役に回ってもらっています。


    

今年のカーネーションは、少し色が濃すぎたかも...
ちょっと甘い印象のアレンジメントになったような気がします。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加