コトバヲツグムモノ

「口を噤む」のか「言葉を紡ぐ」のか…さてどちらの転がっていくのか、リスタートしてみましょう。

親子コミュニケーションのちょっとした心がけ 16

2008-06-13 00:36:13 | 親子コミュニケーション

今日の話は、私の中でもまだ結論が出ていない話。
というか、私としての方針は決まってるんだけど、それが他人に薦めるのがいいのかどうかが微妙。

それはスパルタがいいのか、緩いのがいいのか。

私は基本的に緩い方。
出来ないことがあっても、それが今のその子の姿であれば無理をさせようとしない。
勉強であれ、スポーツであれ。

しかし、厳しく育てられたおかげで才能を開花させてる人もいるし…

たとえばスポーツだと、根性論でなくとも「あきらめるな」「がんばれ」というのは普通だし、「自分で限界を決めるな」というのもわかる。
世間で一流と呼ばれるアスリートはそういうところで努力して頑張って、その記録や地位にたどり着いたんだろう。
しかし、私はふと考えてしまう。

すでに、その人なりに一生懸命やっていることを、他人から見て「まだがんばれる、もっとがんばれ」と言われてどうだろう。
「あぁ、これだけやってもまだ認めてもらえないんだ」という気持ちになると傷つくんじゃないだろうか。

成功した人の話を聞くと、そこを乗り越えたって言うのはわかるんだろうけど、その一握りの人よりも、もっと大勢の傷つき挫折してきた人がいるんじゃないだろうか。
そう思うと、安易に「がんばれ」と今の姿以上のことを求めるのはしたくない。

かといって、みんなで手をつないで同時にゴールさせるような競争じゃない競争も疑問だ。
みんな一緒にしようと言うのは、勝ち負けがあると、「負けはだめ」という考え方がそこにあるんじゃないだろうか。
勝ち負けをつけた上で、「負けてもいい」という考え方。
そのときのその子の姿・状態を認める。

「こうであって欲しい」という親の願いはあるだろうし、当然だけど、そうじゃない時にそれを責めるのじゃなく、「今はこうなんだと」認める考え方。

それは決してあきらめの薦めじゃなくて、「今のあなたでいい」ということ。

ちょっと巧く言葉になってないけど、もしなにか感じることがあれば、「おかしいんじゃない」って言うのも含めて反応があれば、それに応える形で言葉にまとまってくると思います。

 

親子コミュニケーション 15 「手をつなごう」
親子コミュニケーション 14 「逃げ道」
親子コミュニケーション 13 「違った雰囲気」
親子コミュニケーション 12 「沈黙も大事に」
親子コミュニケーション 11 「尊重してあげる」
親子コミュニケーション 10 「1~9のまとめ」

ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の味わい | トップ | 日常の中で感じる「聞き方」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL