Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★

2012-10-24 23:37:01 | 映画(さ)行
THE RAVEN

偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、
なぜ死んだのか…?


上映時間 110分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2012/10/12
ジャンル ミステリー/サスペンス
映倫 R15+

【解説】

世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして
詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで
亡くなったその死には今なお多くの謎が残され、
様々な議論の的となっている。本作はそんなポーの
謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、彼が自身の小説を
模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていた
という大胆な着想で描くゴシック・テイストの
サスペンス・ミステリー。主演は「ハイ・フィデリティ」
「1408号室」のジョン・キューザック、共演に
ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ。
監督は「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ。



人気ブログランキングへクリックよろしくです

【ストーリー】

1849年。アメリカ、ボルティモア。ある夜、密室で母娘が
犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。
現場に駆けつけたフィールズ刑事は、それが数年前に出版された
エドガー・アラン・ポーの推理小説『モルグ街の殺人』の模倣で
あることに気づく。ほどなく第2の模倣殺人が起こり、
フィールズ刑事は、ポーに捜査への協力を要請。
ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリーが、
彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。
しかも犯人はポーに対し、一連の事件を小説にして
新聞に掲載すれば、今後出てくる死体にエミリーの居場所の
ヒントを残してあげようと戦慄の挑戦状も用意していた。
為す術なく、犯人の要求に従い原稿を書くポーだったが…。

10月12日(金)公開

公式サイト

【感想】 (109シネマズ川崎にて鑑賞・10・15・火)
3.6 

江戸川乱歩は、エドガー・アラン・ポーから名前を
取ったんだ~と子供の頃に知って、なるほど、そういう作家が
海外にいるのか~と思った覚えがあります。

ミステリーは大好きなので、アガサ・クリスティ、コナン・ドイル、
エドガー・アラン・ポーを中学生時代にはよく読んでいましたが、
ポーが40歳の若さで亡くなり、その死が謎に包まれている
ということは、全く知りませんでした。


<こういう雰囲気は嫌いじゃありません>

「1984年の秋の十月、エドガー・アラン・ポーは、
米ボルチモアの雑踏に殿水状態で倒れているのを発見され、
病院へ搬送されたが空しく死亡した。この五日前から彼の
姿を見た者はなく、着ている服も別人のものであった。
本作は、その五日間の謎に挑戦したものである」と
パンフにありましたので、ここに描かれている物語は、
虚構なわけですが、ポーの人となりに関しては、かなり
忠実なようです。
映画に出てきたアライグマも飼っていたらしいですし(^^ゞ


<スリーピーホロウを思い出す?>

さて、この作品、見初めてすぐに思い出したのが
「スリーピー・ホロウ」や「フロム・ヘル」
ジョニーファンなら、絶対にこの2作品を思い出すと思います。
この2作品は大好きな作品で何度も観ています。
馬車、深い霧、教会の墓地など古典の雰囲気がプンプンで、
雰囲気はものすごく好きな作品でした。

また、ポーが愛妻を亡くし、酒とアヘン<チンキ>に
溺れているところ、そして、そんな彼にも、やっと愛する人が
できたところなんかは、フロムヘルのアバーライン警部
(ジョニー・デップ)とかぶってしまいました(^.^)
<ちなみに、アバーライン警部は、ジョニーの役柄の中で
私が1番好きな役です。この作品のジョニーに落とされた私・笑>



この作品は、ポーの人物像を描いて彼の作品の雰囲気を出している
と言う点では、中々面白いのですが、ポーは読んでいたとは言え、
それは大昔(しかも、私が1番読んでいたのは、アガサ)ですので、
犯人の仕掛けとポーの作品が上手くリンクしないので
言葉で説明される謎解きは、なんかピンときませんでした。



監禁されているシーンも、「羊たちの沈黙」ほどの恐ろしさは
なかったですし(でも、閉所恐怖症の私は
怖いことは怖かったんですけどね・・・苦笑)
犯人の動機もイマイチに感じてしまいました。。。

ポーの死の謎と猟奇殺人事件を絡ませるという発想は、
面白いと思うのですが、どちらも中途半端に感じてしまいました。

ポーの小説にかなり詳しいかたなら、作品とのリンクで
より楽しめるのかもしれません。
とは言え、後半の緊張感は悪くなかったですし、
全体的に陰鬱な雰囲気が漂う世界観は嫌いじゃあなかったです。
珍しく犯人に気がつかなかったですし(苦笑)

主なキャストは・・・



エドガー・アラン・ポー(=ジョン・キューザック)
・・・天才的な詩人にして作家、批評家
エドガー・アラン・ポー・ウィキ

フィールズ刑事(=ルーク・エヴァンス)
・・・ボルティモア警察の若き刑事
★三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011)★
ルークも素敵でした。彼は古典的なコスチュームが似合いますね



エミリー(=アリス・イヴ)
・・・ポーの恋人で、ハミルトン大尉の娘

ハミルトン大尉(=ブレンダン・グリーソン)
・・・海運業を営む実業家で、元海軍の大尉
彼がハリー・ポッターのマッド・アイムーディ役だと
気がつかなかった(^^ゞ



マドックス編集長(=ケヴィン・マクナリー)
・・・ポーが寄稿しているパトリオット紙の編集長
いや~~、パンフ見るまで、彼が、パイレーツに出てくる
ギブスさんだって、ま~~たくわかりませんでした(^^ゞ


ちなみに、原題は、THE RAVEN
RAVENは大鴉と言う意味で、推理小説家として
名を遺したエドガー・アラン・ポーの代表的な“詩”の
タイトルです。だから、劇中に鴉がよく出てきたんですね

大鴉(The Raven)・ウィキ 





人気ブログランキングへクリック感謝です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★東京国際映画祭初体験★ | トップ | ★第7世代i-pod nano★ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2012-10-25 05:45:15
同じく「スリーピー・ホロウ」を思い出しました♪
どことなく雰囲気が似ている感じでしたよね。

展開はオーソドックスながらも、
結構息詰まる感じがして、
観ていて最後までハラハラドキドキでした。

ただ、犯人の動機がちょっと…(汗)
一応、スッキリして終わったのは良かったと思います。
ほほーん (エビマヨ丼)
2012-10-25 15:06:21
原題はそういう意味やったのですね
日本のタイトルと随分違うなーって思ってました。

私もー 犯人に気付きませんでした
最後の最後にえぇぇ て。
そして どれも殺し方がおとろしかったです((+_+))
BROOKさ~ん (*^。^*) (ひろちゃん)
2012-10-25 16:27:49
コメントありがとうございます

やっぱり、スリーピー~思い出されましたか
この映画、雰囲気は本当に好みなんですよね~

後半からは、結構緊張感(緊迫感)が出てきて面白かったです
私も犯人の動機がイマイチで

でも、スッキリと終わったラストは良かったですよね
エビマヨ丼 (ひろちゃん)
2012-10-25 16:30:50
コメントありがとう

そうなの。邦題は長いけど原題はどういう意味かなあって思ったら、そのような意味がありました

>私もー 犯人に気付きませんでした
最後の最後にえぇぇ て。

あはは~。同じ~(笑)
普通は、犯人わかるのに、気を抜いてました(笑)

ディズニー配給の割には、殺し方が
おとろしかったですよね
どうしようかな? (☆オレンジピール☆)
2012-10-25 19:58:46
明日、またまた会社を休みちょっと買い物を楽しむ予定です☆
1ヶ月前は北欧展+鍵泥棒のメソッド(最高だった)を満喫☆
今回、惹かれる1番の作品かなぁ・・と思いつつ
つなぐ?新しい靴を・・?モンスターホテル?などと悩んでます。
すっごく惹かれる作品が少ないのが現実です(^^:
だって、原作読んでないですし・・。どうかな?
でもこの雰囲気(時代背景)と「三銃士」でときめいたルーク・エヴァンスは堪能できるかな(笑)
筋肉イケイケドンドン2観るのかな? (ituka)
2012-10-25 21:30:20
この映画のダークな雰囲気には不思議と惹かれるものがありました。
でも、こうまで淡々と謎解きなしで進んでいくと
途中から白けてしまって、そこかしこにツッコミ入れたくなりました(爆)

これってジョンQザック(←こら)じゃなくてジョニー・デップだったらどうでしょうね(笑)
案外、イケてたかもしれませんよ(笑)
ピンとこない (ノルウェーまだ~む)
2012-10-25 22:41:34
ひろちゃん☆
小説の内容がやっぱりピンとこなかったですよねー
映画の世界観は、フロムヘルばりで本当に良かったんだけど、ジョニーほどの魅力がジョン・キューになかったってことかなぁ。
私も犯人環からなかったよー(笑)
☆オレンジピール☆さ~ん(^.^) (ひろちゃん)
2012-10-26 00:47:56
コメントありがとう

>今回、惹かれる1番の作品かなぁ・・と思いつつ
つなぐ?新しい靴を・・?モンスターホテル?などと悩んでます。

今月はこれだっ!って言う作品がないんですよね~
その3作品なら、観たい順は、私は、モンスター~、つなぐ、新しい~と言う順位になります。
あっ!でも、新しい~は全く観る気がしませんが

その3作品なら、私は、この作品が1番いいと思います。オレンジさんの好みはどうかなあと言う感じですが
ルークが好きなら、それなりに楽しめると思いますよ。
先月鑑賞した鍵泥棒~とは比較になりませんけど

>明日は会社を休んでリフレッシュなんですね。

リフレッシュできるといいですね
itukaさ~ん\(^o^)/ (ひろちゃん)
2012-10-26 00:52:45
コメントありがとうございます

そそ、同じ!かります。ダークな世界雰囲気はほんと
いいんですよね~
ツッコミ入れたくなるお気持ちわかりますもん

>これってジョンQザック(←こら)じゃなくてジョニー・デップだったらどうでしょうね(笑)

ジョニーが演じたら、完全にフロムヘルになってしまうかと(笑)確かにジョニーが演じていたら、ハマってますし、ハートマークは4.5になっていたと思います
ノルウェーまだ~むさ~ん(^^♪ (ひろちゃん)
2012-10-26 00:56:41
コメントありがとう

まだ~むは、ウトウトしちゃったくらいだから、本当に
この作品は、あわなかったみたいですね

世界観はフロムヘルですよね。ジョニーとジョン・キュー比較しちゃジョン・キューがかわいそうかと(笑)

>私も犯人環からなかったよー(笑)

そりゃあ、まだ~むはウトウトしてたんだもん
わからなかったはずです(笑)
ヘロムヘル (たいむ)
2012-10-26 08:38:47
ひろちゃん、こんにちは。
ほんとだ、どちらかというとイマイチ評だぁ(笑)

推理モノにはすっかり目が肥えていて、最近では+アクションなんて方向で楽しませてもらっていたので、後手後手&説明で話が進むのは物足りない感じですね。

でもこれ、推理モノではなく、一途な恋愛モノとして見ればどうかな?とか少し思ってます。

「フロムヘル」は私も好き~
あの雰囲気も。
残念ながら当時ジョニーに意識はなかったし、今も特別ないけど(爆)
たいむさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-10-26 18:36:06
コメントありがとうございます

観ている時はイマイチでなかったのに
書いてるうちにイマイチになってしまいました

>後手後手&説明で話が進むのは物足りない感じですね。

そうなんですよね。物足りない(笑)
小説とのリンクもよくわからないですし

一途な恋ですか・・・
それだったら、フロムヘルの一途な恋のほうがいいなあ(笑)

>「フロムヘル」は私も好き~
あの雰囲気も。

わ~。嬉しいですぅ

>残念ながら当時ジョニーに意識はなかったし、今も特別ないけど(爆)

あはは・・・
そこまで言わなくても
こんばんは♪ (yukarin)
2012-10-26 22:28:51
映像の雰囲気はすごく好みだったんですけど物足りない所がありました....。
やはり「スリーピー・ホロウ」や「フロム・ヘル」が浮んできちゃいますよね!!
ポーがイケメンだったらまた違った評価してたかもしれませんけど(汗)

犯人がわかっても...そうなんだ、でもどうやって??と思いましたよ。驚きがなかった、、、
yukarinちゃ~ん(^_-)-☆ (ひろちゃん)
2012-10-26 22:52:18
コメントありがとう

ジョニーファンなら、絶対に、フロムヘルやスリーピー~を思い出しますよね。
だから、雰囲気は、お互いにスゴック好みだったのにね

>ポーがイケメンだったらまた違った評価してたかもしれませんけど(汗)

あはは
そこまで言ちゃいますかあ

犯人は、想像していなかったので、驚きましたが
だけど、どうやって?って思うと、あまり説得力が
ない犯人でしたよね

こんばんは! (kino)
2012-10-27 01:21:58
推理というより、
彼の書く新作に、死の影がちらついてくるのが、
面白いところでしょうね。
死の闇に飲み込まれたみたいな最期だったんでしょうけど、
無理矢理、犯人を作ったみたいな感じがして、
そのへんは、ちょっと中途半端な感じはしました。
娯楽作としては、
無難な雰囲気スリラーで、なかなか面白かったです。
kinoさ~ん(^_^)v (ひろちゃん)
2012-10-27 01:58:19
コメントありがとうございます

犯人を推理すると言うより、kinoさんが言われているように、ポーの書く新作に、死の影がちらついてくるのが、面白いのかもしれませんね

犯人は無理やり、唐突な感じがしてしまいました
とは言え、こういう世界観は好きですし、娯楽作としたら、まずまずと言えるのかもしれませんね

今日は。 (寝湖世NOINU)
2012-10-27 17:19:44
ちょっと観たい気もあったのですが、
DVDで充分かなぁ・・・

ひろちゃんも、「ゴシック系」がお好きなんですね。
私も、この系統は『かなり』好きです。

「フロム・ヘル」、デップ氏、名演でした。
サラッと演じているのに、悲しみが
よく伝わっておりました。

この作品の、ジョン・キューザックさんも
なかなかイイ俳優さんですよねぇ。
双子のシスターも、脇役ながら素敵な女優さんだと
思います(名前は忘れた)。

私は、ティム・バートンの、ペットを生き返らせるアニメ
(題名を忘れた上に、身もふたもない説明で…(-_-;))を観に行きたいなぁと思っています。
こんばんは (dai)
2012-10-27 17:46:12
かなりレスが遅くなりスミマセン(汗
ちょっと色々多忙すぎてブログを完全放置気味です。

それにしてもこの映画は微妙でしたね。
雰囲気なんかはかなりいい感じなんですが、
全てにおいて物語が稚拙でした。

寝湖世NOINUさ~ん!(^^)! (ひろちゃん)
2012-10-28 01:00:21
コメントありがとうございます

>ちょっと観たい気もあったのですが、
DVDで充分かなぁ・・・

私は映画館で観て損したとは思いませんが(笑)DVDの鑑賞でOKだと思います

ゴシック系は好きなんですが、ホラーになってしまうと
それはそれで観れないんですよね
寝湖世NOINUさんもこういう世界観お好きなんですね。

フロムヘル、並びにジョニーを褒めて頂きまして
ありがとうございました
ジョンキューもいい俳優さんですよね。
そそ、双子のシスターもいい味出しますよね
私も名前ド忘れしました(笑)

バートンのその映画は、フランケンウィニーです(笑)
予告編は中々面白かったですが、鑑賞は検討中
です
daiさ~ん(*^_^*) (ひろちゃん)
2012-10-28 01:36:36
コメントありがとうございます

レス全然遅くないですよ~
daiさんがお忙しいのは重々承知していますので
ほんと、レスはお気になさらずに

>雰囲気なんかはかなりいい感じなんですが、
全てにおいて物語が稚拙でした。

あはは
すべてにおいて稚拙って(^_^;)かなりの辛口ですね。
私はそこまでは言いませんが、期待したような内容ではなかったので、ちょっと残念ではありました

おひさしうございます。 (ボー)
2012-11-10 20:45:17
ポーです。…違った、ボーです。区別つきませんか。それならそれでネバーモア!

まー、雰囲気的に、良しとしましょうか。(偉そう。)
ボーさ~ん(*^_^*) (ひろちゃん)
2012-11-10 22:05:20
ポーさんがボーさんの映画にコメント、違った(笑)
ボーさん、ポーの映画にコメントありがとうございます

そうですね、ちょっとおひさしゅうございますですね(笑)

>まー、雰囲気的に、良しとしましょうか。(偉そう。)

私もそんな感じです(笑)それなりに楽しめたので
ボーさんとポーさん似てるから、偉そうでもOKです
・・・ってわけないですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
推理作家ポー 最期の5日間 (風に吹かれて)
不幸な有名作家公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺さ
推理作家ポー最期の5日間 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  10月15日(月)に観に行ってきました     タイトルからも分かるよーに 初めっから もうどんなに頑張っても   ポーが死ぬって事が分かっての映画開始ですが 何か 最後のベンチに座ってるとこで   ここで直ぐに搬送...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
「推理作家ポー 最期の5日間」みた。 (たいむのひとりごと)
世界初の推理作家:エドガー・アラン・ポーの、謎に包まれた最期の日々を描いたミステリー・サスペンス。江戸川乱歩はいくつか読んだが、本家本元のポーの作品は実は全く読んだことが無い。オリジナルを知らないので
推理作家ポー 最期の5日間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
推理作家ポー 最期の5日間 (KINO NO NOTE)
心の闇との対決。 解説:40歳の若さで謎の死を遂げた世界初の推理作家エドガー・アラン・ポー。アメリカ、ボルティモアで起きる彼の小説を模倣した連続殺人事件と、彼の最期の日々を史実とフィクション...
推理作家ポー 最期の5日間 (Memoirs_of_dai)
雰囲気だけは出ているミステリー 【Story】 1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー...
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
推理作家ポー 最期の5日間★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーに...
「推理作家ポー 最期の5日間」 (或る日の出来事)
ポー、好きです。私がボーだから…ってことではないですよ。
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (FREE TIME)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
推理作家ポー 最期の5日間 (こんな映画見ました~)
『推理作家ポー 最期の5日間』---THE RAVEN---2012年(アメリカ)監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック 、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン 、ケヴィン・マクナリー 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家...
「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための (はらやんの映画徒然草)
劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...