3RD EYE STUDiOS
街角の映像制作下請け零細業者のブログ





音楽系の学校だったら当たり前だろうけど映像学校でも教えてください。お願いします。8の字巻き。音楽やってる人、ライブ会場でお仕事されてる方は当たり前に知ってると思うし、撮影技術会社に勤める方も普通にこれは入社後1ヶ月は練習させられるはず。こんな基礎中の基礎をブログに書く日が来ることがあるとは思わなかったが、映像学校でこういう基礎を教えないと聞いたので書いときます。ケーブルは8の字巻きです。繰り返しますがお願いします。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






10年前の今頃、僕は会社員を辞めてフリーランスになった。当初目標にしていたのが「10年続ける」ということ。途中会社にしようかと何度も迷ったんだけど、映像を作るということがどうしても自分にとって生涯続ける仕事に思えず、そのたびに「いつでも気軽にやめられるように」とフリーランスのままでいた。そういういいかげんな気持ちではあったんだけど、なんとか10年は続けたいと思っていたのがようやく区切りが付いた。 . . . 本文を読む

コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )






確か2週間ほど前に話題になったマイクロソフト・リサーチが発表したHyperlapseという技術。GoProを頭につけたような一人称のブレブレの映像を独自の空間把握のアルゴリズムでスタビライズ化しスムーズな映像へ変換するその技術は世界を驚かせた、、、、のだが、なんともうiOSアプリになっとるやん!!どうなってんのこれ?しかもマイクロソフトじゃなくてInstagramがリリース。なづけてHyperlapse from Instagram。えええ??? . . . 本文を読む

コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )






いつかは来ると思っていたが、ついに。。映像編集が自動でできるようになるのも夢物語ではなくなるかもしれない。夢というか悪夢というか。我々映像業者はカスミを食って生きていくか、さっさと転職するべきか。しかもこれがあてずっぽうの適当な編集ではなく、きちんとしたセオリーに則った、「ちゃんと見やすく分かりやすくするための編集」なのだから、ほんと困ったもんだ。この技術を開発しているのがディズニー・リサーチというのがまた驚き。マイクロソフトもこないだ恐ろしいスタビライズ技術を発表してたけど、こういう基礎研究がやっぱ大事なんだね。ほんと、すごいことやってるよね。。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






前回のエントリを書いてからふと思ったのはレコードやカセットと同じように、フィルムという言葉がいつフェードアウトしていくかということ。写真をいまどきフィルムで撮影する人はいないだろう。映画も邦画はほぼゼロだと認識してるし、ハリウッドでもIMAXなど特殊な事情を除けば監督がどうしてもといわない限りデジタル化が相当進んでいると思われる。思えばフランス映画のヴィドックが世界初のフルデジタル長編映画として発表されたのが2001年。。。来るところまで来たな、と。。「フィルムルック」という言葉、僕らにはまだ意味があるけど、これから映像を作ろうって人にとって「フィルムがそもそもわからない」という時代なのだろう。これを乗り超えていくとどこにいくのかの考察は、なんとなくぼんやりと思うことはあるけど、それはまたこんど。とにかく今はまだ「フィルムに似せる」ということに意味があるこのソフトの紹介。 . . . 本文を読む

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )






これ、結構有名なソフトなんだけど意外と使ってらっしゃる方が少ないようで情報があまりなく、ちょこっと書いてみようと思った。僕は存在は知っていたのだが正直、ほとんどのことがAfter EffectsやMagic Bullet Looks、Coloristaでできるので今までスルーしていた。今回、GH4向けのLUTが出たのでちょっと使ってみようと思って買ってみたら思った以上に使えたので驚き。物凄く単純なソフトで、できることも限られているのだが、そのことが逆に多くの人に有用なのではないだろうか?というソフトだ。 . . . 本文を読む

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )






Adobe Creative Cloudsで初のメジャーアップデートがこないだあったが、アップデートじゃなくて完全に別ソフトになっていて面食らった人も多かったはず。僕も「え〜〜!!?」と思った。プラグインやらスクリプトやらを全部インスコしなおさないといけないの???と。で、CC 2014を入れてみたら何個かのプラグインは引き継がれていたけど全部じゃない。スクリプトは全滅。。。ということで「なんなん?この中途半端さは!」と怒り狂ってしばらくCC 2014を使わなかったんだが、ちょい調べたら超簡単だったんで情報共有。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






これおもろい!!!!聞いた瞬間「そんなんフォトショでできるやん」と思ったのだが実際使ってみたらなかなかいい。ビデオはたいていダイナミックレンジが狭かったり、オートで撮ってると意図せず暗くなったり明るくなったり、写真としてキャプチャして使おうとするとあんまりいい結果にならないことが多いのだが、このソフトを使えばHDRライクな、なかなか満足できる仕上がりの写真を勝手に作ってくれる。今ならベータ版でタダで試せる。 . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )






いつも素晴らしい情報を提供してくれるVashiVisualsさんが今回も素晴らしいまとめ記事をUPしてくれたのでご紹介。すでに市場に22以上もあるUHD/4Kのカメラだが、その性能も千差万別。いったいどのカメラ/コーデックがどのくらいのデータ量を要求するのか、こんな分かりやすいまとめはない。予算をつかさどるプロデューサー、収録メディアを用意する撮影部/DIT、データを扱うポストプロダクション、、、皆さんにとって非常に有益で重要な情報だと思う。 . . . 本文を読む

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )






GH4+ヤギにリグ組んでみて巨大なカメラシステムになったのを見たとき「アホちゃう?」と思ったのだが、現場に持ち込んでみたら「まあこれはこれでいいかもね」という結論。用途によってはアリ。逆に肩載せで使うならこのほうがいいかもとも思う。Woodencameraは間もなく専用ケージを出すみたいだしそのうちサードパーティのリグやら電源ユニットやらがいっぱい出てくるだろうから使い勝手は良くなってくると思われる。 . . . 本文を読む

コメント ( 28 ) | Trackback ( 0 )






GH4のヤギ。YAGHG。別名UGLYとも呼ばれる。まあ使い手のことを考えてない不便極まりないユニットで、「これはいったい何に使うのか?」と思いながら買ったのだが、、、、使ってみたら「意外といけるじゃん」という感想。そう思ったら吉日、テストする前に現場に投入しちゃった。いろいろ便利だなーと思った点と、いややっぱりこれは不便だわ、と思う点を書き連ねてみる。まあ今回の撮影は4Kを外部収録したわけではなかったので「お試し」的な使用だったんだけど、ウチで埃かぶってる中華リグたち総動員でなんか楽しかった。 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






モビのドリーショットってどれくらいのレベルで合格点なんだろうか?というリファレンスをいろいろ見ていた過程で見つけたこの動画。映像、映画を研究されている方には「何をいまさら」な話なんだろうが、僕にとっては新鮮で、改めて「巨匠すげ〜〜〜」と唸った。だから辻褄を合わせようとか矛盾を解消させようとか、ほんとどうでもいいんだなと。演出、つまり何を感じてほしいかというメッセージのためなら空間を捻じ曲げても、スクリプターさんが気が狂いそうなむちゃくちゃな不具合が起ころうとも、そんなことはどうでもいい。それが演出なのか。。 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






またくだらないオモチャを買ってしまった。今回もどーでもいい機材。自走するテーブルトップドリー。値段も3000円そこそこだからほんとオモチャで、ちょい時間かければ簡単に自作できるような代物。でも3000円だったら自作する手間考えても買ったほうが安いよね、、という。まぢで中華機材は安すぎて油断すると夜中にポチってしまう。。でもちょっと楽しい。 . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )






昨日回ってきたこの動画にワロタので小ネタ。撮影機材の中でわりと重要なのに軽視されがちな砂袋。サンドバッグ。照明部さん(gaffer)なら必ずいっぱい持ってくるが小規模撮影で持ってくる人たちはあまり見ない。これ、ホント重要で、僕は痛い目にあったことがある。 . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






GH4のワイヤレス接続について、GH4をディスったエントリを書いてしまったが、僕の知識不足もあるしたぶん僕が使っているNexus7のせいもあり、GH4の問題ではないのであろうなあと一月使って分かったのでお詫びと訂正のエントリ上げておく。それとGH4について僕が学んでいまやっているセッティングを備忘録的に書いておく。 . . . 本文を読む

コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ