川越駅 その2

2016-10-20 00:09:28 | 東上線印

今成の鈿女(うずめ)山車。通町の鍾馗(しょうき)山車。新富町の家光山車と続きます。

鈿の「かんざし」の簪。髪飾りの簪が「きん」にとっての田で食の色。飾(しょく)で巾を「二度切り」した字面。毎、傷、腹。勝手に二度切りの冠名をつけました

首切りの介錯人。映画のように一振りで首は飛びません。返す刀で〆ます。

髪の毛は草と同じ。上手く切ってもらうと気分が良く成ります。女性は現実を産む子宮口。虚構の世界観を産む口(朽ち)を持った神器。

草冠を載っけてあげると根(こん)が抜けます。月桂樹で月経のオリも身軽に成るのさ

天使の輪のキューティクル。「てんし」に通じます。展翅は、蝶の標本。綺麗だから学術だからの理由で針を指して飾ります。

そのオリを受けています。蝶、喋、渫。共通字面は世+木。

牒は紙の前の木簡。移牒「いちょう」は胃腸でイチョウ。

銀杏、鴨脚樹、公孫樹。世界木を表した「イチョウ」の顳顬。胃腸の亡くした思い出が「世」+「木」の葉っぱ。木々の葉っぱが世界の言葉と表します

鍾馗は正気、瘴気、性起。金+九=金縛りの九字。瘴は熱帯や亜熱帯の毒気。循環紙幣社会だと母のオリが無くなりますので「サンド」毒、麦、素、責の重石が軽く成ります

独占欲の「どく」も作られた欲望だと知るのです。

連雀町の熊野神社は太田道灌。仲町の羅陵王。旭町三丁目は松平信綱。いろいろ良い因果を結べました

札の辻は、お札の十字の突き刺し。県道39号と県道12号の合流部。39+12=51の「ごい」で家畜印。

お金に目が眩んだ家畜を人間像に当てはめました。もちろん結び直しをするのよ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川越駅  | トップ | 川越駅 その3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。