広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東毛呂駅 その4

2016-11-09 08:47:19 | 東上線印

もろバスのめじろ号は24個の停留所で三重県伊勢の横隔膜を表しています。王を隠す膜で神経玉が生まれる帯です。

毛呂山町役場は基点の01番。もろバスの3線が合流。図書館、福祉会館、毛呂駅教育センター、埼玉医大が合流しています

埼玉医大は国際バス、川越観光バスの合流地点。基点の役場よりも規模も人の流れも桁違いなんよ

めじろ号が伊勢神宮の24で三重の見栄。目尻の尻目(後目) 路線図は05の三叉神経が目白台一丁目。11の僧帽筋が川角セーブオン裏。01と20が役場。腦の池袋駅と新河岸駅20の腹腔神経嚢と消化器を示します。

「01」→21、22、23→24の埼玉医大と成ります

やぶさめ号。停留所の個数(戸数)は26。役場は01と22。埼玉医大は26です。

静岡県富士山の22で足うら印は腎臓の人造。01→23、24、25、26埼玉医大。陰陽の表れは盲腸の妄で妊娠線。

ゆず号は役場01~埼玉医大05。

共通するバス停。

図書館は屠所の屠殺場。いろいろな意味で富む所です。知識を富ます。受け継ぐ場所。

福祉会館。副詞は、時、場所、出来事を動機つけする。意味づけすること。

複視は物が二重に見えることですが。私約は复+見=「ふくみ」に見えます。

毛呂駅教育センターは教鞭のむち打ち。無知の打ちつけです

いよいよ。モロ出しの埼玉医大に挑むのです。鼻息も荒く偉大に入ったのさ。

余談です。画像の貼り付けがメモリ(思い出)一杯に成りますので新しく日記を作ります。「新・名無しだょんの日記2巻」にするつもりです


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東毛呂駅 その3 | トップ |   

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。