広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東毛呂駅 その2

2016-11-09 04:37:39 | 東上線印

武州長瀬駅の北口。めじろ号とやぶさめ号の中継地点。

北口は陰唇の裏側。液の浴に通じます。唾液や陰水や女水。喜び水です。垂れる悪意があります。凭れる、靠れる、保たれる。

胃もたれの「もたれ」で寄り架かる。胃下垂です。仮睡の香水で加水。

香水の匂いづけ。仮睡のうつらうつら。食べ過ぎ飲み過ぎ。総じて、境目の不確かなこと。その程を表しているのが武州長瀬駅の北口と成ります

セキ薬局は123号店。一二三の斐文で比文。皮膚(被布)と、文と史と踏の合成。

体に良い(酔)を強調。共聴して凶兆します。風邪気味の「きみ」で黄身。卵の王を示すのよ。卵黄と卵白。羽(翼)も含みます

一二三は皮膚なので薄皮を貼った形。食べ過ぎの杉。木の背くらべも柀、椙、杦が宿るのよ。

人気(ひとけ)の媧や鍋の禍根も軽く成ります。

パチンコ店は営業中。駅前ロータリー側には看板(文字)があるだけです。

人を食ってきた象徴のパチンコ店。彼らが伝えるエンタテインメントは循環紙幣社会においてホントのエンタテインメントに成ります。

武州長瀬駅44の口蛭。肉食の人食い印の液で血や体液。皇は宿せます。「ち」を変換出来るのよ

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東毛呂駅 | トップ | 東毛呂駅 その3 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。