三重大学 青木直人の論文捏造、不正

三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科の青木直人准教授による論文捏造、研究不正事件の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

指摘項目No.36 (研究不正行為)

2011-02-14 | 66事項の不正行為について
指摘項目No.36

論文#6のFigure 1(C)のSHP-1とSHP-2も切り貼りの痕跡があって同一のレーンの使い回しの様に見えます。

指摘項目No.37

論文#6のFigure 1(C) のPTPーBASのレーンは2つ左のPTP36のレーンを少し左右に圧縮して上に持っていったように見えます。
切り貼りの痕跡も確認できます。

指摘項目No.38

論文#6のFigure 1(C)のPTPカッパのレーンは切り貼りしているように見えます。
レーン全体を上下に圧縮するとPTPλのレーンとバンド位置やバンドの特徴が一致するように見えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指摘項目No.37 (研究不正行為) | トップ | 指摘項目No.35 (研究不正行為) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。