憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

トランプ氏が習近平に「一つの中国を尊重」しかし、 台湾を見捨てたわけではない。近いうちに米中の間で何らかの軍事衝突が起きる可能性

2017-02-12 08:51:11 | 日記

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12572


(1) トランプ氏が習近平に「一つの中国を尊重」 台湾を見捨てたわけではない

ドナルド・トランプ米大統領は、日米首脳会談前日の9日(日本時間10日) 、就任後初めて中国の習近平国家主席と電話会談を行いました。会談では、台湾が中国に属するという「一つの中国」原則を「尊重する」と語りました。

トランプ氏は昨年12月に台湾の蔡英文総統と電話会談し、その後「一つの中国」政策に縛られない考えを示したことで話題になっていました。

⇒トランプ氏の対中強硬姿勢を見て、「台湾独立に動くのではないか」と期待していた人は、今回の発言に「少しがっかりした」という感想を持つかもしれません。

しかし、トランプ氏が、台湾防衛をする意思を変えたわけではありません。トランプ氏が参謀として重用するピーター・ナヴァロ国家通商会議委員長も、論文などで台湾防衛を強く訴えています。

トランプ氏はまずは、通商政策などを通じて、中国経済を縛り上げていくつもりでしょう。そして、中国が弱り始めたどこかのタイミングで、昨年12月にチラつかせた「台湾カード」を正式に切る可能性があります。

アメリカが正式に「台湾は中国に属さない」と宣言する行為は、ある意味で最終手段にあたります。中国の「2020年ごろまでに台湾を併合する」という中心的な国家目標を、真っ向から妨害することになるからです。

近いうちに"その時"が来れば、米中の間で何らかの軍事衝突が起きる可能性もあります。それが、中国を封じ込める「トランプ革命」の佳境となるでしょう。

【関連記事】
2016年12月1日付本欄 トランプ政権で台湾が喜ぶ?! トランプ陣営参謀「台湾への武器供与」の必要性を強調
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12279

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国大統領選、左派の文氏が... | トップ | 映画『Death by China(中国が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。