憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

韓国大統領選、左派の文氏が支持率トップ。「大統領に当選したら、アメリカよりも先に北朝鮮に行く」

2017-02-09 10:55:10 | 日記


http://the-liberty.com/article.php?item_id=12563  幸福の科学出版


韓国の大統領選では、左派の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が、支持率トップとなっています。

東亜日報の最新の世論調査によると、支持率の1位は、左派の文氏で28.7%、2位は、同じく左派の「共に民主党」の安熙正(アン・ヒジョン)氏、3位は保守の大統領代行・黄教安(ファン・ギョアン)首相で10.0%、4位は「国民の党」前代表で中道左派の安哲秀(アン・チョルス)氏です。

⇒保守系の有力候補と言われていた潘基文(バン・キムン)前国連事務総長が不出馬となり、文氏が「一強」の状態です。ただ文氏は、典型的な「反日」「親北朝鮮」の左翼政治家です。

昨年には、「大統領に当選したら、アメリカよりも先に北朝鮮に行く」と述べており、在韓米軍への最新鋭ミサイル防衛システム(THAAD)配備についても、「次の政権で決めるべき」と指摘しています。

このように韓国では、いまだに「反日感情」が政局に利用されます。韓国で1月下旬に公開された映画「軍艦島」では、日本軍が朝鮮人を長崎市の「軍艦島」に強制連行し、そこから朝鮮人が脱出する様子が描かれています。しかも、映画の中で、軍艦島は「地獄島」と呼ばれています(8日付産経新聞)。

そうした韓国に対して、日本ができることは、親中・親北朝鮮的な政策でなく、親米・親日的な政策を取るべきだと粘り強く訴えつつ、「憎しみを捨て、愛を取る」という宗教的な精神を伝えることでしょう。

【関連記事】
2017年1月26日付本欄 北朝鮮の高官「ICBMはいつでもどこでも発射できる」 野放しにはできない金正恩体制
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12526

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  トランプ政権、中国製資材に... | トップ | トランプ氏が習近平に「一つ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事