酔狼亭日誌

酔狼こと好酒家が日々見つけた獣なモノやそうでないモノを綴るblogです。
★しばらく改装中のため不定期更新★

天王寺のチュウゴクオオカミの子供たち

2009-05-23 21:23:58 | オオカミ探訪記
今年も飛鳥にキトラ古墳壁画の特別展示を見に行ったのですが、それはおいといてこちらを先にエントリ。

3月29日に生まれた大阪市天王寺動物園のチュウゴクオオカミの子供たち4頭です。
母親はユジン、父はチュンサン。名づけたときの世相でしょうか…(笑)。
子供たちは寝てばかりという報告をよく聞いていたので長期戦の構えで見に行ったのですが、意外と昼間でも活発に動いていて、1時間ほどの間に2回授乳シーンを見ることができました。

生後2ヶ月近くなって、目の前にくるともう柴犬より大きいぐらいに育ってました。
国内でチュウゴクオオカミはここだけなので、子供たちの今後の動向が気になります。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« H1N1のサーベイランス | トップ | キトラ古墳壁画特別公開「青... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (獣夜)
2009-05-24 12:40:37
獣夜(ジュウヤ)と言います。
今月5日に行ったんですがまだ出会えず、21日にようやく出会うことができました。
子供は本当に柴犬みたいで可愛いですよね。
Re: 初めまして。 (Zuilang)
2009-05-25 02:00:41
獣夜さん、はじめまして。
5日だと、出てきてたらもっとコロコロしてかわいかったでしょうね。
夏ごろにはもっと大きくなって上下関係もはっきりしてきます。狭いところに6頭もいて大変だけど、ときどき観察しに行こうと思います。

コメントを投稿

オオカミ探訪記」カテゴリの最新記事