酔狼亭日誌

酔狼こと好酒家が日々見つけた獣なモノやそうでないモノを綴るblogです。
★しばらく改装中のため不定期更新★

「線路内点検」って何?

2010-02-12 23:49:21 | のりもの
今朝は多摩地区の出張先に直行するため、京王相模原線経由のルートを選びました。
出掛けに、都営新宿線は京王線内の"線路内点検"のため一部の電車が遅延しているとの情報が届いていましたが、前夜からの雨が雪に変わるのに備えて早めに出たこともあって、そのまま橋本駅へ向かってしまいました。
すると、駅でも「高幡不動駅で線路内点検をしているので新宿方面は中央線か小田急への振り替え乗車を使ってほしい」というアナウンス。しかし、行き先はもっと手前だしちょうど遅れていた折り返し電車も来たので座ってしまいました。
車内放送では「高幡不動の車庫から電車を出せないので本数を減らしている」という新情報。そしてついに若葉台駅で「間隔調整」と称して動かなくなってしまいました。
結局調布駅到着時点で約30分の遅れとなり、バスで行くところをタクシーを使ってなんとか間に合いました。

交通情報での「線路内点検」は、ホームから人が落ちたとか沿線から人が立ち入った場合によく使われるので今回もその手の原因か、出庫できないということはポイント故障あたりかなと思っていました。

が、帰りがけにニュースを読んでいたら「車両基地で電車の一部が脱線」(時事)していた模様。ちなみに京王のWebでは「脱輪」と表現。まあ確かに原因究明のためには線路も点検するだろうけど「電車が脱線して車庫から出られない」と朝の時点で告知されていたら重大性が伝わってたでしょうに…。
なんか、事故を"事案"や"事象"と言い換えるような昨今の流行に乗っているようで釈然としません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明治神宮前駅に「(原宿)」の副称 | トップ | コミティア91 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のりもの」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事