酔狼亭日誌

酔狼こと好酒家が日々見つけた獣なモノやそうでないモノを綴るblogです。
★しばらく改装中のため不定期更新★

犬連れ参拝

2011-02-02 23:58:14 | オオカミ探訪記
日曜日に御嶽に登った話の続き。

先月、武蔵御嶽神社で5月においぬさまの公開がある背景にはペット参拝ブームというエントリを書きましたが、今回お参りしてみると予想以上に犬連れでケーブルカーに乗って登ってくる方々が多いのにちょっと驚きました。

ケーブルの料金に「ペット」(片道\120)が新設されてからで、リードだけで乗れるそうです。実際、参拝してから御岳山駅に戻るまでにジャーマンシェパードなど大型犬とも何頭もすれ違いました。
参道の土産物店兼食堂にも犬OKのとこがあったり、山全体で歓迎ムードでした。

神域に四つ足というと渋い顔をする人もいるかもしれないけど、神社側も認めているんだし、こういうところがあってもいいなと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エジプトのジャッカルは、実はオオカミだった

2011-01-29 23:54:33 | オオカミ探訪記
26日のScience Dailyなどに、エジプトのジャッカルはゴールデンジャッカルではなかったという記事が出ていました。
従来はエジプトのジャッカルはアジアからアフリカに広く生息するゴールデンジャッカルの一種だと考えられていましたが、今回の調査結果では遺伝学的には、ヒマラヤやインドのオオカミと同じくハイイロオオカミの一種であるという確証を得たとのこと。
すでに英文のWikipediaには従来の学名であるCanis aureus lupasterと併せてオオカミの一種であることを示すCanis lupus lupasterが27日から掲載されました。

エジプトでジャッカルというとアヌビス神を思い出しますが、これもエジプトジャッカルがモデルだとしたらオオカミだったことになりますね。

写真はエジプトのとは関係なくセグロジャッカル。エジプトのジャッカルはこれよりも確かにオオカミっぽい姿をしています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

オオカミ再導入に関するニュースがまた

2011-01-15 23:55:37 | オオカミ探訪記
昨年末の読売に続いて、今日は毎日新聞にも記事が出たそうでオオカミによる生態系回復(シカの個体数減少など)がblogでいくつか話題になっていました。
記事も推進側と反対側の両論併記がほとんどのため、過半数が懸念を示す内容になっているようです。

懸念はたいてい「人を襲う」とか「米国とは環境が違うから無理」とか「輸入種を放つと沖縄のマングースみたいになる」といった内容が多いのですが、これらはいくつかの書物を読む限り大きな問題はなさそうです。
ただ、牧畜への被害や餌付けによるヒトとの接近が起こす事故などは否定できません。それらを含めて、シカやイノシシの増加とのバランスを考える必要があるのではないでしょうか。

トキなどは最後の何羽かまで減ったときに回復策が取られ、中国産の個体との間で繁殖した子が数を増やしています。
オオカミは100年前から野生個体は確認されていませんが、仮に現代まで数頭でも生き残っていたとしたら、それを増やして野に戻すことに反対するのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狼酒場と新年会

2011-01-03 23:44:36 | オオカミ探訪記
今日は大阪で新年会。
軽く初詣のあと、難波での飲み会までに時間があったので、何度か紹介している狼グッズショップ兼公開秘密酒場のマイノリティさんで軽く時間つぶし。
物欲に押しつぶされそうになりながら、少々のお買いものとビール一本で無事クリア。大勢で突然お邪魔いたしました。

Tシャツもぬいぐるみも新作オオカミグッズがけっこう入ってて、真面目に困りました(笑)。通販もやってますので興味ある方はぜひ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

狼祭2010

2010-10-18 22:44:54 | オオカミ探訪記
予告したとおり、昨日から札幌市円山動物園でスタートした狼祭2010に行ってきました。
会場は前回と同じくエゾシカ・オオカミ舎がメインで、1Fには個体の紹介パネルなどが新設されていました。今年はルークが生まれたので、家系図も充実してました。
2Fでは昨年同様にグッズ販売と、公募した写真やイラストの展示など。いろいろ昨年よりパワーアップしてました。
残念ながら今年は講演会などと日程が合わなかったけど、スタッフと請いお話もできたし、グッズもいくつか買え、楽しませていただきました。
ぜひ次回も開催されることを祈ってます。また、これだけの施設を作って、イベントに貸してくれる札幌市にも感謝。
写真はキナコ並みに育ってしまったルーク。

帰りがけに正門近くのショップに寄ったら、公式グッズもルークのが増えてたほか、動物園とピアプロがコラボしたそうで初音ミクなどが動物の着ぐるみを着たようなイラストのポストカードが出てました。意外な組み合わせのようだけど、クリプトンはこの近くの会社でしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も狼祭

2010-10-14 23:50:45 | オオカミ探訪記
昨年はじめて開催されて好評だったイベント「狼祭-Wolf Festival2010-」が、今年も札幌市円山動物園で今週末から開催されるそうです。

今年も講演会や展示、グッズ販売などいろいろ企画されています。
オオカミを対象にした参加型イベントは貴重ですので、お近くの方も遠くの方もぜひ。
私も期間中に行ってみようと計画しています。今年生まれたルークにもまだ会ってないので楽しみ。

・狼祭-Wolf Festival2010-
 10月17日(日)~10月24日(日)
 札幌市円山動物園 エゾシカ・オオカミ舎1階・2階ほか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なつやすみ!

2010-09-24 22:18:40 | オオカミ探訪記
ようやくまとまった休みが取れた(といっても休暇は今日一日分)ので、例によって北海道に来ています。
東京の残暑から逃れたつもりが、出発の23日は東京もいきなり秋になっているとは何事か。

今日は一日天気に恵まれ、昼は釧路湿原、午後は根釧原野のだだっ広い眺めを満喫しておりました。
台風接近が気になりますが、しばらくのんびりして帰ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サマーナイト@TamaZoo

2010-08-29 23:36:00 | オオカミ探訪記
ようやく念願のサマーナイト@TamaZooに行ってきました。
去年までは8月の土曜だけだったのが、今年はお盆と日曜に拡大したので、行けるチャンスが増えました。また、オオカミやトラなどのアジア園の奥のほうは今年初めて夜間観られるようになりました。

今日は18時前に入園すると、この時間からも家族連れが続々やって来ます。
まずは18時まで公開しているアムールトラの赤ちゃんを見学。行列になってたので見える位置に出てきた2頭を見ただけで退散。
隣のオオカミ一家をしばらく眺めたあと、一旦ユキヒョウ見物。再度オオカミ舎に戻るとちょうど餌が入れられたところで、しばらく食事風景を眺めていました。このころになるとちょうど日没で、薄暗い中でときおりエサを奪おうとしたのか「ワン!」という声を聴きつつ、観客の反応も見ながらすごしました。

日没後はアフリカ園に移動し、ライオンやチーターを観察。ライオン園の橋の上でコウモリ観察会をやっていたので覗いてみたら、マイクを空に向けて周波数変換器らしき装置でコウモリの音を可聴音にしたのを聴かせてもらいました。

再度オオカミに戻ろうかとも思ったけど、19時を回っていたのでレストラン前で生ビールで一休みして帰りました。
なかなか広大な園内のため日没後だけでは回りきれなさそうですが、来年も開催されたらぜひ行きたいところです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

多摩動物公園の夜間開園拡大

2010-07-12 23:58:15 | オオカミ探訪記
例年8月の土曜日は夜間開園を行っていた多摩動物公園。
今年の発表によると8月の土日と13日(金)に拡大し、これまで夜間は公開していなかったアジア園の奥のほうも公開されるためヨーロッパオオカミやユキヒョウも見られるようになります。
ライオンやチーターなどがいるアフリカ園は例年通り見られ、ビアガーデンもあるとか。
今年はちょっと行ってみようかなと思います。

その他、よこはま動物園ズーラシアなど横浜市内の動物園も7/31から8月の土日に夜間開園。
例年夜間開園している羽村市動物公園も穴場です。今年はまだ発表がないようですが、おそらく今週末あたりから8月の土日と13日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都レッドリスト2010年版

2010-07-08 23:45:08 | オオカミ探訪記
東京都環境局から「東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)」~東京都レッドリスト~の2010年版が公表されました。これは、2008~09年にかけて専門家のほか高校の生物部など一般の人からの情報も盛り込んで東京23区と三多摩の動植物についてリスト化したもの。
タイトルどおり、現状で絶滅のおそれがある種もかなり目に付きますが、今回は明治時代までさかのぼって存在した種が掲載されたため「オオカミ」の項目ができていました。
それによると、オオカミは西多摩地区で"EX"(絶滅)、他地区では「非分布」でした。同じイヌ科のキツネは23区が"EX"、北多摩が"EN(絶滅危惧IB…二番目に危険性が高い)"で、南多摩と西多摩は「ランク外」つまり生息中という判定でした。
オオカミは南多摩の八王子あたりでも痕跡がありそうですが、非分布なのは意外。

ちなみにニホンジカとイノシシは西多摩では増えていて今回はランク外に。タヌキも23区を含めて生息しているのでランク外でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mapionが動物園内などの注記を充実

2010-06-18 23:55:27 | オオカミ探訪記
地図サービスのMapionが昨日17日より地図デザインをアップデートし、視認性を向上したという発表がありました。主に文字や行政界を見やすくしたという内容ですが、その他の改善ポイントとして「主要動物園、テーマパークなどの園内施設名を掲載」というのがありました。

早速いくつかの動物園を見てみると、旭山動物園天王寺動物園、多摩、東山など主だった動物園はほとんどの獣舎に注記が入っていました。
いまやおそらく最大のライバルであるGoogleはストリートビューで園内まで見られるところがありますが、逆に獣舎に注記がないところがほとんどです。
うまく両方使い分けると楽しそうです。

ほんとは、各動物園がしっかりした地図を載せてくれるのがいいんですが、イラスト化していて距離感が変だったりするので、統一した表示形式で見られるのは助かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キナコ、出産おめでとう!

2010-05-25 22:56:44 | オオカミ探訪記
札幌市円山動物園のシンリンオオカミ、キナコが5月14日に出産した模様と、公式に発表が掲載されました。
キナコは2000年生まれで満10歳。おととし来園したオスのジェイとずっと仲睦まじい様子を見せ付けてくれていましたが、昨年は出産がなく今年になって待望の仔に恵まれました。
新築のオオカミ舎の中で、自分が掘った穴で出産してしまうのもオオカミらしいというか…。

しばらく先になるとは思いますが、元気な子供の姿が見られるのを楽しみにしています。
関係者の皆様、全国のファンの皆様、そして当のご両人も、おめでとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天王寺の子供たち2010

2010-05-23 23:45:16 | オオカミ探訪記
昨日はキトラ古墳壁画を見に行った帰りに天王寺動物園へ行ってきました。昨年も同じ行程で、毎年5月恒例になりつつあります。

既報のとおり天王寺のチュウゴクオオカミは昨年に続き今年は7頭が生まれました。表示によればオス1頭、メス6頭。昨年はオス1メス3なのでメス比が高く、表示にも「めっちゃ女系家族やんか~」と書いてありました。
この日は天気もよく、オオカミ舎前は家族連れなど見学者が多くてなかなかガラスに寄って見られませんでしたが、右へ左へ動く仔やそれを追って世話を焼こうとする去年生まれの兄姉がいて、しばらく眺めていても見飽きません。

さすがに大きくなったら屋内のスペースに13頭は手狭なように思いますが、やはりそのうち各地に旅立つのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳山動物園でオオカミ導入を検討

2010-05-13 23:28:50 | オオカミ探訪記
昨日の中国新聞サイトなどによると、山口県の周南市徳山動物園のリニューアル基本計画が策定され、その中で"オオカミやナベヅルなどを新たに展示することも検討する。"(記事より)とのこと。

早速、Webで公開されている基本計画を読んでみると、5つに分けたゾーンのうち「タイガから北極」の主な展示候補種としてオオカミが上がっていました。(p77・章ごとの分割版は第4章 前半)
ただし、オオカミやトナカイは行動範囲が広く、パドック面積が必要なため今後の調整事項とする旨の注記が入っています。個人的にはタイガというより富山や旭山のように日本にいた動物という位置づけで次の「周南の里」ゾーンでの展示でもいいように思います。
ともあれ、こういう計画書が公開されているのはなかなか貴重ですし、国内外の実例を挙げて検討している様子がわかって勉強になります。

現在、西日本でオオカミが見られる施設は大阪市天王寺動物園より西は鹿児島市平川動物公園だけという事態になってしまっています。ぜひ中国地方の徳山で見られるようになる日を期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪天王寺と名古屋東山からうれしい知らせ

2010-04-15 23:35:36 | オオカミ探訪記
大阪市の報道発表(4/14)によると、天王寺動物園で7日にチュウゴクオオカミの出産が確認されたとのこと。
頭数は7頭で、同じ両親から昨年3月29日にも4頭が生まれています。(上の写真・2009/5/23)
7頭も生まれたのは国内の動物園ではかなり久しぶりではないでしょうか。
このまま多摩動物公園のように13頭の大世帯で暮らすんでしょうか。

また、同じ日の中日新聞夕刊には、名古屋市東山動物園でシンリンオオカミの子が誕生したとのこと。こちらはまだ泣き声を確認しただけで頭数などは不明。
市の報道発表(4/12)にも掲載されていました。(蝦夷オオカミは"1990年頃絶滅した"とか、ニホンオオカミが"最近では独立種と考えられている"とかツッコミどころはありますが…)

どちらも公開されたらぜひ見に行ってみたいと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加