輝くために!

1年ずつ成長していきたいから

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本音

2008-12-24 12:50:25 | Weblog
歌の本番に向けていろいろ準備をしてきた。

個人でやるのではなく、団体だからまとめることが
意外と大変で。


去年よりも今年の方がしんどい思いをしたし、
いろんなことを感じて消化してきました。

その中で感じたこと学んだことを
記してみます。


団体で何かをするとき、人任せになってしまう傾向がある。
あのヒトに任せておけばいいわ的主義のヒトが大多数で
任せられるひとが2,3人。

もちろん、まとめ役は必要だけど、
まとめるのと任せっきりにするのは違うと思うけど。

私は人任せ的主義なヒトたちを見て、
悲しく、むなしくなった。

そう、私はヒトによって傷ついていた。

相手が子供ならまだ叱ることができるが、
相手が大人で子供みたいなことも十分できず、
強く注意することもできないし、
不満という気持ちが私の中で膨れ上がっていき
今回は爆発しました(笑)

かと言って、本人を目の前にしたときには
そんな不満を感じている素振りすらできない。

相手もいろんな事情があるんだろうとか
相手もこちらに気を使っているてらいを感じたり、
一番思うことは、不機嫌になったり、怒ったところで、
何かがよくなるという状態じゃないから、
兎に角明るく楽しくしていこうと思いながら
やっていました。

任せっきりな反面、
お互いに会って何度も無理難題を言われ
克服していく中で、
妙に団結力が生まれてきて、
ヒトの優しさにふれたり、明るさにふれて
心が開放された時もあった。

ヒトの優しさに救われました。


ヒトによって傷つきもするけれど、
ヒトによって心が救われるときもある。


これがヒトと付き合っていくってことかな
な~んて思った、一週間でした。













コメント

最近思ったこと

2008-12-08 22:13:03 | Weblog
最近思ったこと

心が丈夫でないと体も丈夫でなくなる。

何かショックなことが起こると寝込むって聞くけど、
本当にそうだなと思った。

心と体ってつながってるんだなって。

だから、もっとケアーしてあげないと。


逆に考えると、体が弱っている時
どうすれば治るかというと、
心を強く持てばいい

「えいっ」っと気合をいれればいい

病は気からって昔からある言葉だけど、
ホントそうだなと思った。





コメント