ゆう子のひろば

日本共産党松浦市議。日々の活動を紹介しています

市民の方の意見

2011年09月30日 | インポート
「委員会報告で、原案可決ばかりで、委員会の中で、議員は本当に意見を言っているのか」
中央診療所が指定管理制度になり、「がっかりした」
「松浦東校跡地を松浦市の工業団地にしても、原発から20キロ圏内で、誘致企業があるとは思えない」
「星鹿小学校は、生徒の安全第一に考えてもらいたい」
「図書費は例年300万円程度なのに600万円にすること自体、考えが甘かった」
「24時間対応の在宅介護保険サービスは、松浦市の独自補助なしでは、無理だ」
「稲が枯れている。どうなっているのか」


今日一日色んな意見を頂きました。ありがとうございました
コメント

星鹿小学校

2011年09月29日 | インポート
星鹿小学校は耐震化工事が行われていましたが、8月24日から中断しています。

校舎本体が耐震化に耐えないのではという事で、中断しています。

今日、議会終了後に、教育委員会で話を伺いましたら、10月1日の土曜日に県の指導を仰ぐという段取りになっているそうです。

公式の話であれば、土曜日というのは、ちょっと不思議です。書類などのサインの日付が閉庁日になります。非公式の面会でしょうか?
これからの事を思えば、平日の開庁日の正式な訪問がいいのではないでしょうか。


コメント

3歳以上児においしいごはんを

2011年09月28日 | インポート
今議会に「安心でおいしい主食を保育所の3歳児・4歳児・5歳児に提供する事に関する請願」の紹介議員になりました。
文教厚生委員会で審査され、不採択となり、本会議でも不採択でした。
理由は、幼稚園児や自宅等で保育されている幼児との公平性を考慮すべきであり、また、国における幼保一元化の議論の動向を見るべきであると判断し、不採択としたと委員会の報告です。幼稚園は教育、保育所は保育に欠ける子の保育です。
比べること自体おかしいのではないでしょうか。
幼保一元化については、多くの保育関係者の方が、問題ありと指摘されていますし、まだ実施されていません。今、3歳以上児に暖かいごはんを食べさせたいと願っています。こどもは社会の宝です。不採択になって、悲しいですね。
この請願の紹介議員になるのに、市内12か所の保育園で、直接話を伺いましたので、不採択になった理由をお知らせしなくてはいけないなと思っています。
明日が議会最終日ですので、終わってから御邪魔しますが、先ずは、この場からお礼を申し上げます。

保育園園長先生、先日はお忙しいなか、お話をお聞かせ頂きまして、ありがとうございました。残念ながら、不採択にはなりましたが、今後とも保育の充実のため頑張って行きたいと思っておりますので、宜しくお願いします。
コメント

中央診療所

2011年09月27日 | インポート
26日に指定管理者の提案が可決され、それに連れての議案が提案されて会期は29日まで延長となりました。

今日の総務委員会では、市職員の派遣に関する条例案、課の設置条例の一部改正の審議でした。

派遣された職員の労働者としての権利は守られるのか質問しましたら、担当課長は「条件が違うとなれば、市と浦ノ崎病院が話し合う事になります」との回答でした。

あと4日間しかありません。十分な討議が不足しています。


コメント

こうもり

2011年09月26日 | インポート
夕方居間に座っていると、目の前をピューっと、何か黒いものが横切りました。

虫にしては大きい様だし、鳥にしては羽ばたかないし、目の錯覚かな、もし錯覚だったら病気じゃないのか?と思っていました。

暫くして、家の中を見回すと、スズメ位の大きさの黒いものが壁に止まっています。

すると、それが、部屋の中をグルグル飛び回り始めました。途中壁に止まるところをみると、一旦止まって、体が垂直に下がります。こうもりの様でした。

玄関・窓を開けて外にでるように待っていると、やっと外に出ました。こうもりも安心、私も安心でした。

初めてこうもりを見ました。近くにも居たんだと変に納得しました。
コメント