ヨッシーの道楽趣向-別冊【BLOOMING POLYP】

【趣味のMarineAquariumでの出来事を中心に記録を綴っていきます♪】

【サンゴ ー Turbinaria heronensis ー】

2024年02月07日 | サンゴ

ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】へようこそ♪
管理人のヨッシーです♬

徐々にではあるが
プチリセットの成果もでてきているとはいえ、
貴重な生体を新規導入するには
まだまだ心許(こころもと)ない状況ダ。
水槽内の状況を観察し、
時折手を入れながら"Revival(復活)"を目指す♪
実に地味な作業なのだが
それもまた楽シ♬
...といったところか(笑)

当然ながら...
MainTank(900×600×600)は、
未だに"ライブロック"を使用した
岩組み(レイアウト)さえもされてはいない。
※少し残している生体は、
小さなライブロックの上に載せている状態ダ。
この様な状態では
ブログもあまり更新できないので...、
"珍サンゴ"として取り扱われるこも多い
オーストラリアの固有種である
"ヘロコーラル/Turbinaria heronensis"
をご紹介したいと思う。
この画像は
自然光下での状態を撮影したものである。
生体の求める飼育環境にアジャストできているか
どうかはわからなのだが、
共肉はがれをおこすこともなく
成長を続けているので、
不必要に触らない(飼育環境を変えない)でいる。
以前に某Webサイトにて、
採取時の画像として、
共肉が同じ様な状態のものが
掲載されていたので
状態は良いものとも言えるが、
その実は不明だ。

飼育照明のもとでは
また違った趣をみせている♬
撮影に"OrangeFilm"を使っているので
実際(肉眼)での見え方は、
もう少し濃い色合いとなっているのだが、
流通しているヘロコーラルの画像はどれも
濃緑色もしくは蛍光色(緑色)のものが多いので、
どちらが生体にとって良い環境なのかは
私には分からない。

違った環境(照明)のもとで
飼育を試みてみたい願望はあるが、
貴重な生体を割ると歪な形状となるので
それも叶わないでいるといったところか。
ヘロコーラルを飼育してみたいならば、
入荷(流通)頻度は希なので
みつけたら即決した方が良いだろう。
"ヘロコーラル/Turbinaria heronensis"は、
Web"Corals of  the World"ではこの様に
紹介されている。
興味のあるかたは、
下記にリンクを貼っておきましたのでどうぞ♬
【特徴】
コロニーは通常、不規則に折り重なり、
単面の直立した葉状で、
長い管状のサンゴライトが
コロニーの縁に向かって強く傾いています。
サンゴライトには楕円形の開口部があり、
平均直径は 5ミリメートルです。
【色】
淡い茶色、緑、または灰色。
【類似種】
"Turbinaria peltata"より大きく、
管状の少ないサンゴライトを持ちます。
より小さいサンゴライトを持つ
"T. frondens"および
非常に細長いサンゴライトを持つ
"T. heronensis"も参照してください。
【生息地】
亜熱帯の海岸のサンゴ礁と
浅い岩だらけの前浜。
【豊富さ】
亜熱帯地域を除いて珍しい。

【分類学的参考文献】
VeronPichon (1980) ; ベロン (2000a) ;
【識別ガイド】
Veron (1986a) ; Turak
DeVantier (2011b) ;

【関連資料】
【Corals of  the World】ー公式HP

あぁ
Aquariumは奥が深い
だから趣味は面白い♪

当blogは「にほんブログ村」に参加しています。
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【新年ご挨拶】

2024年01月04日 | ご挨拶

ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】へようこそ♪
管理人のヨッシーです♬

明けて2024年早々から
"能登地震""羽田空港衝突事故"と
災害や事故が立て続けに発生し...
"おめでたい"記事を書く
心境でもなくなってしまったので、
表題を【新年ご挨拶】とする。

"Revival(復活)"計画を掲げ
約1年の奮闘をしてきたのだが、
昨年は、
思う様な結果を残せず終えた。
まぁ、どちらにせよ、
以前の様に、
生体が長期に成長し続けてゆける様な
状態の良い水槽環境を目指し、
MarineAquariumを
楽しみながら続けていきたいというのが
2024年の抱負である♪
<2024年1月1日撮影/MainTank全景>

落とした生体もあり、
プチリセットのため
ライブロックを全て取り出し、
生体の安定飼育が可能となるまでの期間、
2ndTankに一時避難させた生体あり...。
悪戦苦闘しながらも、
新規レイアウトを模索しながら
最良の状態(水質)作りに
いそしむ日々続く。

本年も皆さまの理想とする
MarineAquariumLifeの実現と、
素晴らしい生体との出会いに恵まれますことを
心より願っています。

では、
ヨッシーの道楽趣向-別冊-【BLOOMING POLYP】を
本年も宜しくお願い致します。

あぁ
Aquariumは奥が深い
だから趣味は面白い♪

当blogは「にほんブログ村」に参加しています。
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【DEC.2023】

2023年12月28日 | ご挨拶

ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】へようこそ♪
管理人のヨッシーです♬

2023年も残り僅かとなりましたので、
恒例になりました1年の総括として
【DEC.2023】というお話し♬

2023年は”迷う”1年であった。
ミドリイシを状態よく飼育するべく
奮闘するも実らず...。
MarineAquariumに対する気持ちも
”萎え気味”で推移していった。
気持ち萎えれば生体の導入にも
意欲は薄れ、
新規でお迎えする生体は激減した。
...その思いに追い打ちするかのように、
馴染みの店員さんの”離職(退職)”。
何事も"長期"にわたり
続けてゆくことは難儀なものだという
ことを痛感する。
されど...
状態の良い時の
"MarineAquarium(サンゴ達)"の
輝くような美しさを知ってしまうと、
この趣味をやめることは出来ないのだ♬

"Revival"...
ほど遠い状態の水槽に
"かつての輝き"を取り戻すべく、
2024年はMarineAquariumという
趣味に邁進したいと思うのである♬

2022年に迎え、
美しさを維持しながら成長を続ける、
スジウミバラsp/Pectinia Lactuca

理想とする水景を追い求め続け、
今後も"Revival"計画を
推し進めながら、
少しずつ生体を迎え、
成長する姿を楽しんでゆければと思う♬
その様子は、
ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】で
随時公開する予定ですので、
引き続き
宜しくお願い致します。

あぁ
Aquariumは奥が深い
だから趣味は面白い♪

当blogは「にほんブログ村」に参加しています。
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【サンゴの造形美♪(2)】

2023年09月21日 | MarineAquarium

ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】へようこそ♪
管理人のヨッシーです♬

水槽の"Revival(復活・再生)"計画も、
ドーシングポンプ
"RedSea/ReefDose4"
を導入したことによる水質の安定化と
照明の点灯時間及び
スペクトルの見直し等々をおこない
安定方向へと動き出した
と感じていたが...。
MarineAquariumの世界は
それほど甘くもなかった様ダ。

"RedSea/ReefDose4"にて
各種サプリメントを添加していたのだが、
様々な要因で水槽の状態は
徐々に崩れっていった。
忙しさにかまけて
日々の水質検査を怠ったのが
主たる問題であった様に思うのだが、
水質に敏感な生体達は、
一度調子を崩してしまうと
回復させるのには苦労をするものだ。

...と同時に、
私のテンションの低下も相まって、
ブログ記事を更新するのに
約8ヶ月っも掛かってしまった(汗)

これまでに
大量水換え(ほぼ全水換え)と、
各種サプリメントの添加量を調整。
生体の成長に伴い、
水槽内の水回りを阻害する
要因となってしまった
人工ライブロックと、
得体の知れない藻の様なものを
身に纏った人工ライブロックも取り出し、
ほぼリセット状態となったしまったが、
漸く生体達の調子も上向きに
推移してきた。

アオサンゴ/Heliopora coerulea
樹枝状・葉状・板状・円柱状など
様々な形の枝だからなり、
単一または多数が複合して
巨大群体を形成する。
ポリプは白色で触手は羽根状で、
骨格は鮮やかな青色であるのが
この種の特徴である。

褐色で一見地味にみえる"アオサンゴ"も、
白い羽根状のポリプを開けば、
色彩鮮やかなミドリイシ類にも
見劣りすることのない美しさを魅せる♪
調子のあがってきている生体達が魅せてくれる
息をのむほどに美しいその姿が、
私にMarineAquariumという趣味を
続けさせてくれるノダ♬

まぁ、
時間(トキ)を掛けて、
生体の成長を愛でるのが
私のMarineAquariumの
楽しみ方なので、
これからもジックリと
楽しんでいこうと思う♬

あぁ
Aquariumは奥が深い
だから趣味は面白い♪

当blogは「にほんブログ村」に参加しています。
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【サンゴの造形美♪】

2023年01月27日 | サンゴ

ヨッシーの道楽趣向-別冊-
【BLOOMING POLYP】へようこそ♪
管理人のヨッシーです♬

ドーシングポンプ
"RedSea/ReefDose4"
を導入したことによる水質の安定化と
照明の点灯時間及びスペクトルの見直し、
MarineAquariumの
"縁の下の力持ち"的な
生体達の活躍もあり、
時間は掛かったが
水槽(飼育)環境も落ち着きだし
※紆余曲折はありましたが...。
"Revival(復活・再生)"計画も
漸く軌道にのってきた感じを受ける♬
...もちろん油断は禁物であるが。

水槽環境が整ってくると...
ブログ記事にできる様なことが
極端に減るのが
MarineAquariumというもので(笑)
文系アクアリストな私は、
先人のアクアリストの皆様の
お知恵を拝借しながら、
なんとか水槽を維持・管理するのが
精一杯であり、
披露できる様な学術的な見識等を
持ち合わせてはいないので、
新規生体購入や
生体の成長記の様なことしか
お伝えすることが無くなるノダ。

ま、私的な記録的要素が強い
ブログではありますが、
お付き合いして下さる(読んで下さる)方も
居られますので、
少しマニアックな生体を
ご紹介しておきましょう♬

アナサンゴ/Astreopora myriophthalma(Purple Color)
褐色ではなく
美しい紫色をした生体なのだが、
画像で巧く表現できていないのが残念ダ。
※撮影が下手で申し訳ありません。
私は、
こ手の生体の持つ特徴的な形状に
美しさや面白味(魅力)を感じるので、
水槽に入れておきたい
生体の1種でもある。
求め探すとなかなか気に入ったものを
手に入れるのは困難なので、
昨年末にフラッと訪れたお店にて、
良縁に恵まれたので即購入を決めた♬

アナサンゴは、
大きな莢が群体の表面にみられ
莢壁の外側には肋が発達し、
多数の棘が並ぶのが特徴である♪
このツブツブ感が苦手な人も
いるとは思いますが、
私は堪らなく好きデス(笑)

これまでの
"Revival(復活・再生)"計画は、
飼育環境の整備を中心とし
進めてきたので、
まだまだ生体数も少なく
鑑賞するにはレイアウトが貧相である
ことは否めない。
これからは、
MainTank・2ndTank・3rdTank...
それぞれの"CONCEPT"に見合う
生体と巡り会えれば
随時入れていきたいと考えている♬
...まぁ、
一応この趣味も
それなりの年数続けてきているので、
新規に入れる生体を
ジックリと吟味しながら、
焦らずゆっくり探したいと思う♪
生体との巡り合わせは
"ご縁"ですから♬

あぁ
Aquariumは奥が深い
だから趣味は面白い♪

当blogは「にほんブログ村」に参加しています。
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする