Pacific Geophysical Observation[OHP] Network

OHP network operation and data analysis report

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月31日 帰国

2010-01-31 22:32:35 | Weblog
無事帰国しました。

帰宅したら、
「NZから搭乗してきた機材が
折り返し便で離陸のための滑走中に
トラブルがあったそうです」

最後は巻き込まれずに済みました。

さて、予告です。

次回のシリーズは
は2月8日頃から始まります。

コメント

1月30日 ウェリントン

2010-01-31 22:29:55 | Weblog
郊外まで案内されて、
フィールドを少し見学してきました。

明日は20時間くらいかけて帰国です。
コメント

1月30日 ウェリントン

2010-01-31 22:24:07 | Weblog
ウェリントンのビクトリア大学で
機材の受け取りと、
運搬のための作業をしました。

ウェリントンはこの一月間
天気が悪かったそうです。

久しぶりの晴れの天気で、
週末の今日は港湾エリアは
大勢の人出です。

「お前はラッキーだ」と
周りから言われていました。

昨日まさ災難続きでしたので
たまには良いことも。

コメント

1月29日 ニュージーランド ここはどこ?

2010-01-31 22:15:01 | Weblog
オークランドを経由して、
ウェリントンに向かいます。

夜行便からの接続で
機内では爆睡しておりました。
着陸して目を覚ましたところ、
どう見てもウェリントンではありません。
(1分くらいはウェリントンだと信じ込んでいました)

周りには何もない空港です。

一体、何が起きたのでしょう?

ウェリントンは、低い雲(霧?)に
覆われていて、離発着便で渋滞を起こして
いたようです。

私が搭乗した便は、上空で待機していたものの、
燃料切れで行き先をこちらに変更したようです。
ウェリントンはここからバスで2時間半かけて
移動しました。
コメント

1月29日 トンガ出発

2010-01-31 22:10:36 | Weblog
29日の午前2時発でトンガを
飛び立ちます。

このツアー4度目の夜行便です。

この便はこの時期の臨時運行便だそうです。
トンガは今週から「夏休み」を終えて
新学期だったのです。

人の移動も多くなる時期だそうで、
臨時の便が設定されていたとの
ことでした。
コメント

1月28日 トンガ観測点その3

2010-01-31 22:03:34 | Weblog
一夜経った現場風景です。
昨晩が大雨も降ったので、
消火は完璧です。

計測装置や小屋も死守されました。

コメント

1月27日トンガ観測点その2

2010-01-27 19:06:19 | Weblog
かねてからの少雨がたたって、
草木に燃え移りました。

観測点の敷地内が炎上中です。

計測機器と、観測小屋を
死守しております。
コメント

1月27日トンガ観測点

2010-01-27 19:02:31 | Weblog
現地作業の初日です。
今回は2日間だけの短期戦です。

が、計測機器の据え付けたところに、
巨大な「ハチの巣」が建設されて
いました。

これでは作業ができないので、
まずはこの駆除をしようと
しています。

Iさんは避難中です。
現地の2人の大男が挑みます。

ところが。。。。
コメント

1月26日トンガ到着

2010-01-27 18:58:54 | Weblog
ようやくトンガに到着です。
直前に雨が降ったようですが、
今年はトンガは記録的な少雨だそうです。
(昨年の9月からほとんど降雨がないらしい)

現地の方からは、「嵐を連れてきた男」と
呼ばれています。
コメント

1月26日オークランド

2010-01-27 18:55:12 | Weblog
この移動の2番目の経由地であります、
オークランドに着きました。

この時期、ニュージーランドは観光シーズン
なんですね。
空港もかなりの混雑です。

ここで4時間ほどの待ち時間です。

ぼーっとしていたところ、
エミリーツ航空のA380をやってきました。
この機材、話題どおり、大きいですね。
コメント